踏み絵を迫られる韓国

徴用工問題で 「日本企業が韓国大法院の判決を履行すれば何ら問題がないと見ている」 と韓国側が発言し、 「事の重大性を理解していない」 と日本が反発。

順調に関係悪化中です(笑)

「65年の日韓基本条約を根底から覆す重大事」と認識している日本と、「韓国で企業活動している日系企業が、過去の被害者から損害賠償請求されて、司法が賠償せよと判断したんだから外交問題なんかにせず、淡々と処理すればいいだろ?」という感覚の韓国政府。

永遠の平行線でしょうね。

それはそれとして、もっとヤバいのは韓米関係が日韓関係と歩調を合わせるように順調に悪化していっていることでしょう。

以前、『対韓国外交:効果的な韓国への対抗措置』という投稿で、「対中包囲網への参加を呼び掛ける」という書きましたが、その通りのことが起きています。

中国をけん制するための日米豪の合同演習に参加せよと圧迫され、下記の記事のように嫌がっている模様。

韓国海軍は、このような「中国圧迫」の意味合いが強い演習に参加することには負担を感じていたといわれている。哨戒機・レーダー照射問題を巡る日本との対立がまだ解消されていない状態で日本と共に演習を行うという点も負担として作用した。韓国海軍の高官は「正確な意図は分からないが、米国側からは普段よりも強力な要請があった」と語った。

中国をけん制する韓米日豪合同演習、乗り気ではない韓国海軍

「米国側から強力な要請」

韓米同盟がきしむ音が鳴り響いています。

ファーウェイ問題も当然影響あり。

個人的にはファーウェイの穴を埋めれる実力があるのは、韓国サムスンくらいなので、このチャンスに5Gシェアを米国の覇権をバックにサムスンが牛耳るくらいやればいいと思っています。

が、米中の争いに関わりたくないと、困る韓国政府。

米政府は東南アジア、欧州など各国に「華為の代わりにサムスンの通信設備を使えばよい」という代案を提示するのではないかとみられている。

しかし、韓国政府は米国の要請には積極的に応じていないとされる。韓国外交部(外務省に相当)は23日、米国が華為に対する取引制限措置に関連し、韓国の同調を求めたことが明らかになると、「米国側の立場を理解している」としながらも、「両国間の具体的な協議内容については話せない」とした。外交関係者からは「韓国政府は中国との貿易戦争で米国側に付くよう求められたが、中国の立場にも配慮せざるを得ず、困難な状況に陥った」との声が聞かれる。韓国外交部のキム・インチョル報道官は記者会見で、「華為問題などに関連し、韓国政府の立場と対応戦略は何か」という質問を受けたのに対し、「確認したい」と述べるにとどめた。記者団がさらに質問でしても、「(事実関係を)確認することは難しい」と繰り返すばかりだった。

ファーウェイに対抗、米韓の政府・企業がバンコクで「5G会議」

困惑する韓国。

まぁ今の時点では、なんとも言えないと言えば何とも言えない。

裏ではファーウェイの穴を埋めるべく、米国の半導体企業と韓国サムスンがガッチリ手を握って、5Gネットワーク網の覇権をサムスンを中心に握る準備をしているかもしれません。

そういうことをやりながら「困ってますぅ~」という演技をしているなら、今の右往左往している韓国政府の対応もありでしょう。

そして、南シナ海問題でも米国側に立てと圧迫。

米国が、中国と対立している「南シナ海領有権紛争」問題に関連して、最近韓国政府に「中国は不当に領有権を主張し、航行の自由を制限している」と米国側の立場を説明し、支持を求めたことが23日までに分かった。米国が「反ファーウェイ・キャンペーン」に続き「南シナ海の航行の自由」問題でも韓国政府の賛同・支持を求めるなど、米中対立の火の手が韓国経済はもちろん安全保障にも飛び火しそうな様相だ。

米国、南シナ海問題でも韓国に支持求める

ファーウェイの方は韓国側にもメリットはありそうですが、安全保障問題で板挟みになるのは相当嫌がりそうです。

どう考えても南シナ海問題だけでなく、台湾問題にも波及します。

台湾問題で米国側に立ってしまったら確実に中国はキレます。

中国は米国を直接攻撃せず、”弱い”友好国・同盟国を攻撃します。

カナダがファーウェイの孟晩舟最高財務責任者(CFO)をアメリカの要請に従って拘束した後に、カナダ人が続々と中国で拘束がその良い例でしょう。

弱い相手には非常に強いのが中国。

韓国に対する嫌がらせをしてくること間違いなし。

さらにヤバいのはファーウェイの穴を埋めれる存在がサムスンくらいしかいないことです。

5Gシェアを米国の覇権をバックにサムスンが牛耳る チャンスであることは間違いないですが、それを阻止しようと結構強硬に韓国政府と韓国経済への圧迫を中国がしてくるかもしれません。

なにせサムスンに頑張られたら、ファーウェイは確実に衰退します。中国国内でのみ活動するローカル企業へと落ちぶれるでしょう。

経済依存度が日本や欧米とは比べ物にならないのが韓国です。

韓国は、日本・豪州・英国などと立場は同じではない。韓国の対中輸出の比重は米国・欧州連合(EU)・日本を合わせたよりも大きい。2017年は1421億ドル(現在のレートで約15兆6000億円。以下同じ)で、輸出全体の4分の1を占めた。ファーウェイが直接買った韓国製品だけでも51億ドル(約5600億円)に達する。サムスン電子の5大売上先の一つでもある。スマートフォン事業では競争相手だが、半導体・ディスプレーといった部品事業では韓国企業の顧客だ。こうした経済構造の中で韓国がファーウェイ製品を拒否したら、中国の報復対象になりかねない。米・日・欧に報復する適当なカードがない中国が、韓国を標的にする可能性はないとは言えない。

【社説】米中対立に巻き込まれる韓国、政府はまた無策なのか

輸出の4分の1が中国。

これは厳しい。

明確に米国側に立つことはかなり嫌でしょう。

かといって米国の要請を無視することもできず。

にっちもさっちもいきません。

韓国は今後、米中から踏み絵を迫られ、苦しい状況に追い込まれそうです。