反米感情を扇動する狂った情緒

朝鮮日報にあった面白い記事『文在寅の股くぐり』。

古代中国の名将、韓信の故事になぞらえて、米国の言うことを聞く文在寅の姿を重ねて説明。

韓国与党「共に民主党」の金慶洙(キム・ギョンス)議員が一昨日、自らのフェイスブックに、ある週刊誌記者の文章を紹介した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の最近の心境を紹介するもので、それによると最近の北朝鮮への対応を巡る文大統領の思いは「今の屈辱に耐え、北朝鮮に対する最低限の抑止力を確保するため、米国の股下をくぐるようなもの」だという。しかも股くぐりだけでなく、米国が「ほえろ」と言えばその通りにほえているそうだ。表現が非常に低俗だったこともあり、この記事は大きな話題になった。「韓国は股の下をくぐってほえるような国か」という批判も相次いだ。

【萬物相】文在寅の股くぐり

潜在意識に反米情緒があるからこういう解釈になるんでしょうね。

米国の言う通りに北朝鮮に強硬姿勢をとるのは、股をくぐって屈辱に耐えているそうです。

んなバカな(笑)

なぜ米国に対して屈辱感を感じる必要があるのか?

助けてくれてる味方に対して、意味不明な敵対意識と敵愾心を煽る。

これぞ北の情報戦の真骨頂と言えます。

数年に一回のペースでマジで韓国人殺してくる相手には融和と対話で、安全保障ばかりでなく経済的な結びつきも強固な同盟国に対しては、ぐちぐち文句を言い続ける。

どうせ無理なくせに無駄に韓米関係を悪化させる文在寅。支持率高いうちに方向転換して、国内政策も韓国経済を破壊するような無茶なことはやめれば希望もあるが、さてさてどうなるか。

赤化統一という悪夢だけは避けたいものです。