北朝鮮ICBM発射 その時平壌に滞在していた人々

北朝鮮のICBM発射がテレビでバンバン報道されていますが、その時に平壌に訪問している日本人や、在日朝鮮人、朝鮮学校の子供がいることは報道されない。

なぜなのか本当に謎。

特に朝鮮学校の子供を平気で渡航させているのは信じがたい。

日本政府は渡航禁止にするべきでしょう。

渡航禁止にもせずに制裁制裁と言ったところで説得力がありません。

渡航禁止にしてこそ、いよいよ軍事攻撃もありえるか!?と北朝鮮を圧迫することができ、その結果交渉のテーブルにつかないとヤバイ!と思わせることができるはず。

日米韓で徹底した渡航禁止措置をなぜやらないのか不思議で仕方ない。

ミサイル発射や核実験のときには、常に誰かしら日本から平壌に行っているのが特徴です。

今回はこういう人々。

 

 

東京と大阪の朝鮮学校の子供がバッチリ渡航しています。朝鮮大学の生徒も渡航してます。

大阪はもしかしたら帰っているかもしれませんが、東京はまさに前日に渡航しています。

東京朝鮮学校の慎吉雄校長が引率して、国際社会からガンガン非難されている北朝鮮に子供を連れて行っているそうです。

ICBM発射成功を一緒にお祝いしているのかもしれませんね。

さんざん朝鮮学校の無償化除外は差別だの権利の侵害だのと文句を言ってるわりには、米国人学生を殺し、韓国を脅迫し、拉致した日本人も返さず、在日一世、二世を収容所で殺しまくった北の暴君の銅像に頭を下げることをなんら恥じない。

さらには朝鮮学校の生徒に記者会見でこう述べさせています。

「北朝鮮の国を見るのではなく、私達の姿を見てほしい」

この日の記者会見には朝鮮高校の生徒たちも出席して、意見を述べた。男子生徒は「高校無償化制度が発表されたとき、家庭の負担が少しでも減ると喜んでいた。しかし、日本政府はそのあと、高校無償化制度を朝鮮学校に適用することを見送った」と無念の思いを口にした。

また、女子生徒は「朝鮮学校だけを高校無償化から除外するという差別は、すごく悲しいこと。北朝鮮の国を見るのではなく、私達の姿を見てほしい」と、その思いを吐露。「このような差別がある以上、後輩と力を合わせて、これからもずっと闘っていくつもり」と言葉に力を込めた。

「朝鮮学校を人質扱いしている」 高校無償化「除外」に校長や生徒が抗議

見てますよ、あなた方の行動を。

平壌行って在日一世、二世殺しまくった加害者に頭下げて教育援助金を下さってありがとうございますと感謝している姿を見てますよ。

こういうことをするから軽蔑される。

そしてまっとうに暮らしている在日コリアンにまで被害が飛び火する。

本当にやっかいな人たち。

在日がー!と文句ばっかり言ってられません。

なにせ日本人も行っていますから。

日朝友好活動家の原田章弘氏。

ググってみたらこういう方。

朝鮮新報に「神奈川朝鮮人強制連行真相調査団の活動に取り組んできた人」として紹介され、朝大生に説明している。

朝鮮人強制連行の跡地をたどる 朝大「朝鮮人強制連行真相糾明サークル」

2008年の9条フェスタに横須賀府議会議員(!?)として参加してたようです。まさかの元地方議員です。本当に笑えない。

9条フェスタで外すことの出来ないテーマに軍事基地問題がある。在日米軍を維持するために、何を犠牲にしてきたか?日本の政治のいびつさを正すには、この根本問題を解決するしかないのでは!

「米軍基地と住民自治」

一生懸命、反米活動です。

米軍基地をなくせ運動。

誰にとって都合が良いか?

中国と北朝鮮。

韓国でも反米市民団体が反基地活動やってますよね。

お里が知れます。

あと現在は「自主・平和・民主のための広範な国民連合」という団体?の代表世話人をされているようですね。

こういう意見の集団のようです。

4月27日緊急集会 朝鮮敵視・緊張激化策動に反対

日本は自主外交で平和・国交樹立へ

アメリカは、3~4月の米韓合同軍事演習集終了後も、5月に入って横須賀基地を母港とするロナルド・レーガンを日本海に派遣、ジョージ・ワシントンとともに2隻の原子力空母打撃群態勢で、朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)への軍事威嚇・圧迫を強めている。朝鮮側は、発射を探知されにくい移動式で在日米軍基地を射程とするミサイルを発射して対抗する意思を明らかにし、金正恩委員長はミサイル量産を指示したという。

米軍は、南シナ海での「航行の自由作戦」を再開、中国への圧力も強めている。

米国の朝鮮敵視攻撃と、それに追随し脅威を煽る安倍政権の緊張激化策動に反対し、自主的な外交で、平和、日朝関係の改善、国交正常化をめざさす闘いを強めなくてはならない。

意味が分からない。

まるでアメリカが圧力を加えるから、北朝鮮や中国が軍事威嚇を対外膨張をしているのだと言わんばかりです。

北や中国が大人しく国際ルール守ってればアメリカもこんなことしませんよ。

因果関係が逆転しているのがこういう人たちの特徴です。

だいたい、「自主・平和・民主のための広範な国民連合」という団体名です。

民主化されておらず、自国民を平気で投獄・拷問して殺すのが中国と北朝鮮です。

この2者に文句を言わず、ひたすら日本とアメリカを問題視する。

幅広い呼びかけで緊張緩和をめざす緊急集会

情勢が緊迫している中で、4月27日、東京の日本教育会館で、「米国は朝鮮への威嚇をやめよ! 安倍政権は独自外交で緊張を緩和せよ!」緊急集会が開催された。

この人達の理解に苦しむところは、現在進行形でホロコーストをやっている北朝鮮の人権弾圧には沈黙してひたすら米国叩きに邁進するところでしょう。

あと、文在寅大統領誕生を祝福しておられます。

共に民主党 御中

文在寅新大統領を実現した韓国国民に心から連帯を表明する
2017年5月17日

自主・平和・民主のための広範な国民連合

代表世話人 西澤 清 武者小路公秀 吉田 伸
佐々木道博 原田章弘 吉元政矩

韓国国民の皆さんは今回の大統領選において新たに文在寅大統領を選び、新政権を実現しました。日本において統一戦線運動を進める私たちは、この韓国国民の選択を支持し、心から歓迎と連帯を表明いたします。また、この闘いを勝利に導いた貴党に対し深甚なる敬意を表します。

この間、米軍は韓国軍とともに日本の自衛隊も引き連れ、空前の軍事力を朝鮮半島に展開し、情勢は戦争前夜の危機的な状況となりました。

このような状況下で、韓国国民は自主的な方法で平和と南北和解をめざす道を選択しました。これは文新大統領が語ったように「国民の偉大な勝利」です。戦雲が大きく広がった地域情勢の下で、『東アジアのことは東アジア自身で決める』という自主・平和の道を世界に示した偉大な前進です。

私たちはこの勝利に励まされながら、アメリカ支配から脱却する自主・平和の政権を日本において実現するため、いっそう奮闘する決意です。

またこの機会に、今後、貴党および統一戦線運動との交流と連携を進展させていくことを希望します。

祝意とともに私たちの決意をお伝えし、連帯の挨拶といたします。

韓国大統領就任へのメッセージ

「統一戦線運動」

左翼用語が連発しております(笑)

彼らの特徴は、米国が絶対悪で、それ以外は米国の被害者だという妄執ですね。

こういう思考回路の人って左右を問わず実に多い。

別に米国が善人とは言わないが、どう考えても中国や北朝鮮の方が危険極まりない。

平和と民主を叫ぶ人たちの理解できない特徴と言えます。

なぜ「平和と民主」の真逆である独裁国と仲良くしようと思えるのかが謎。

マジで「アメリカ支配から脱却する自主・平和の政権を日本において実現」と思っているのでしょうね。

「アメリカ支配」と本気で思っているのが救えないところ。

韓国にもこういう反米韓国人はいます。

愚かなのは北朝鮮に踊らされていることに気づいていないことでしょうね。

結果的に、北朝鮮国民を奴隷のまま放置することに加担し、朝鮮学校の子供の未来を北の暴君に捧げることに加担し、韓国5千万を北送することに加担していることに気づいていない。

実に許しがたい連中です。

彼らの言う「平和と民主」がいかに偽善的か分かるというもの。

善意で9万3千人を地獄送りにした北朝鮮帰還事業から何も学んでないと言えます。