キレイに北朝鮮をスルーする従北偽装保守

中国コミンテルンやソ連コミンテルンを猛プッシュするのに、北朝鮮コミンテルンをキレイにスルーする動画をご紹介しましょう。

 

全体主義と戦う3人が登場するわけですが、全体主義者側は、レーニン、スターリン、毛沢東です。

ソ連2、中国1ですね。

私なら、スターリン、毛沢東、金日成の3人にするでしょう。その方が拉致被害者奪還に寄与しますから。

なぜか「拉致被害者を取り返そう!」と言うわりには、北朝鮮の嫌がることをしようとしませんね。本当に不思議です。

 

北朝鮮が一番嫌がるのは朝鮮学校でしょう。それにもなぜか触れようとしません。憲法持ち出してどうこう言いますが、憲法うんぬんの前に、リベラルが反論できない下記の論理で左翼を非難すれば良いはず。

  1. 子どもに独裁者を褒め称える公演をさせるのは、子供に対する人権侵害である
  2. 餓死者が大量に出ている横でこのような公演をさせるのは残酷である
  3. この学校を無条件に擁護してきた左翼は人権侵害に加担している

こういう論旨で左翼を責めればぐうの音も出ないでしょう。なのにやっていることはウイグルやチベットなど、中国の人権侵害についての非難ばかりです。そちらも重要ですが、はっきり言ってその100倍は、北朝鮮の人権侵害について非難すべきなはずです。

何せ日本人が大量に拉致されたわけです。さらには戦後、北朝鮮から逃げ遅れた日本人が四つん這いで働かされるような扱いを受け、まさに奴隷にされていたわけです。(※詳しくはこちら

帰国事業(北送事業)で、北朝鮮へ言った日本人もスパイ容疑で収容所送りとなり、家畜以下の扱いを受けています。日本人妻もいれば、日本人夫もいました。

拉致被害者を取り返したいなら、そういった点もどんどん取り上げて、世論を喚起し、北朝鮮に圧力をかけていくべきでしょう。

しかしやっていることは、中国コミンテルンと日本共産党を猛プッシュしているだけです。もちろん中国には警戒が必要ですが、だからといって北朝鮮コミンテルンをスルーして良い、とはならないはずです。

そもそも全国津々浦々に、北朝鮮式の教育をする朝鮮学校があり、毎年そこに通う子供が平壌に送り込まれ、金正恩を称える公演をしているわけです。この暴挙が日本のメディアで一切騒がれない。恐るべき日本メディアへの情報統制能力です。

中国でさえ、そんなことはできていません。

つまり、中国コミンテルンより、北朝鮮コミンテルンの方が日本への影響力は圧倒的です。

しかし、そのことに警笛を鳴らすことはしない。こちらからご連絡差し上げているのに、沈黙しています。

こりゃダメだと個人的に思ったのは次の売国行為です。

詳しくはご一読ください。

まぁよくもここまでの売国行動をやってくれたもんだと怒りがわいてきます。

ネット番組や、地方組織を作ったりするやり方は、左翼の手法を参考にして大したもんだと思うのですが、その行動が巧妙に保守を偽装して、結果はただの売国奴では話になりません。

さすがにここまで徹底されたら、保守の足を引っ張るための集団としか思えません。日大党と幸福実現党のような政党を作って、自民票を割るのが目的で北朝鮮が作った組織という判断になってしまいます。

次の動画は冒頭の動画とは別ですが、この動画で言っていることが本当なら日本国内の北朝鮮勢力と戦うべきではないでしょうか?それをやらないというのであれば、愛国ビジネスでお金儲けをしたいだけだとしか思えません。

(※https://youtu.be/rPEztngdldA より)

「だが一方で狂気の独裁国家に拉致され」
「愛する家族・祖国と分断された人々がいる」
「そしてこの体制(戦後レジーム)の中にあって僕たちは」
「海の向こうへ連れ去られた人々を救えぬままだ」
「拉致被害者とその家族の苦悩と悲しみ」
「大量破壊兵器や大軍拡で恫喝する国々」
「それから目を背け僕たちが得ているのは」
「まさに家畜の安寧、虚偽の繁栄ではないのか」

いやいやいや、かっこいいこと言ってますよね。

で?なぜ北朝鮮コミンテルンをスルーするのでしょう?

別に中国コミンテルンを無視しろとは言ってません。同じだけの情熱と労力で北朝鮮コミンテルンに対する警戒を喚起すべきでしょう、と言っているだけです。

毛沢東と鄧小平の肖像画が飾ってある孔子学園があったら大騒ぎしますよね?

なぜ朝鮮学校に対しては、同じだけの情熱で大騒ぎしないのでしょうか?

さっさとこのソルマジ公演を拡散して、左翼こそが子供の人権蹂躙に加担している!と訴えれば良いと思うのですが、私の言っていることはおかしいでしょうか?

 

みんなひっくり返ると思いますよ。左翼はみんな黙るでしょう。反ヘイトで大騒ぎしている方々もみんな沈黙すること請け合いです。

やっぱり愛国マーケットのオーナーに逆らうと、潰されてしまうのでしょうか?本当に謎です。

江崎道朗先生が動画の中でコミンテルンハンターと紹介されていますが、この体たらくでは称号が泣くと思います。

ちなみに全部間違っているとは言っていないです。学ぶべきところは多々あります。疑問なのは北朝鮮コミンテルンという無視できないピースを矮小化するか、無視しているのは何故なのか?ということです。

まぁ情報操作の基本ですね。10のうち9は真実で、残り1つが嘘、もしくは無視させる。これが工作の真髄と言えます。逆に言えば9は真実ですから大変勉強になるわけです。

左翼の勢い余った洞察の越権行為に満ち満ちた理解不能の言論より、よっぽど勉強になります。

まぁここまでつついているのに朝鮮学校に触れられないとなると可能性は以下の3つでしょう。

  1. 純粋に従北偽装保守で、愛国ビジネスでお金儲けをしている
  2. 愛国馬鹿になるよう脳内汚染されていて、それを分からずに行動している
  3. ヘタにつつくと潰されるので我慢している

3だといいんですけどね。分かっているけどメディアが乗っ取られているからヘタなことが言えない、という状態です。

韓国で北朝鮮の団体としか思えない挺対協を、なかなか表立って叩けない構図と一緒です。李栄薫(イ・ヨンフン)氏が著書の『大韓民国の物語』の中で、「韓国の横暴な民族主義」を非難しています。こやつの逆鱗に触れると「人民裁判式に責め立てられ」て散々な目にあうそうです。

直近の日本での事例でいうと下記のような事件でしょう。

 

北朝鮮の工作も、日本の愛国馬鹿を育てて、韓国のような「横暴な民族主義」にしようとせっせとネットで書込みをしているのが実態でしょう。

そういう点で見れば、上念先生などは、日本の「愛国者」を韓国の「横暴な民族主義者」にさせないよう中に飛び込んでコントロールしているようにも見えます。

まぁその辺は判断がつきかねるので、上念司先生の著書や、オーディオブックで学んだ通り、「おかしいな~?と思ったら突っついてみる」ということを実践していきたいと思います。

 

関連記事:

コメントを残す