加藤哲史さんとのやりとり