『北朝鮮人喰い収容所』  人体実験が行われる収容所

 

北朝鮮人喰い収容所―飢餓と絶望の国』 黄万有著

 北朝鮮が隠し、日本のメディアも無視し、忘れ去ろうとしている脱北者の証言です。北朝鮮がこれを反省し、慰霊碑をたて、国家的行事として無残に殺された魂を供養してくれなければ、北朝鮮との国交正常化は不可能ではないでしょうか?核問題も良いですが、同じくらい人権問題を外交交渉での争点にすべきだと思います。

『北朝鮮人喰い収容所』 P43~45より引用します。


 吉州郡では一九九五年から三年間にわたって農業が不振で、一九九八年には最悪の状態となった。郡当局はどうやって生きのびるか悩んだあげく、郡安全部を実験場に選んだ。彼らは一食一〇〇グラムのトウモロコシ飯を支給していたのを、ドングリの木の葉を乾かした粉三〇パーセントとトウモロコシ七〇パーセントの混合食をつくり、二〇日間の人体実験をすることにしたのだった。この結果、監房では囚人たちが毎日のように死体となって運び出されていくことになった。

 ゴミ捨て場から拾い集めてきたような真っ黒な食器に、新しく開発されたくだんの「新メニュー」が盛られて、我々の前に出された。ふつうに考えたら食べられたものではない代物だったが、囚人たちはスプーン一杯でも早く口に詰め込もうとした。味気ない味に顔をしかめ、それでも生きていくためには、噛んで呑み込まねばならなかった。苦労して、砂ぼこりのような口当たりのドングリの木の葉を腹に押し込んでいく光景は、それこそ飢えた原始人を連想させた。

 虫も選んで避けるドングリの木の葉を、人間が食べるということは、人間の歴史上、恐らくなかったことだろう。獣も食べない食べ物を、留置場に収監されている人間に食べさせて実験をする、これが北朝鮮の社会であった。

 新しく開発されたこの「食品」を食べた囚人は便通がなくなり、五日以上もトイレに行かないようになった。腹痛を訴える者がしだいに増えていった。便が固くなって、とうてい体外に出すことができなかったからだ。そうなってしまうと、肛門から固まってしまった便をほじくり出してやるしかない。囚人たちはお互いに肛門を開いて便をかきだした。それはもはや生死を賭けた戦いだった。殺るか殺られるかというのと同じことであり、詰まった便を何とかしてほじくり出せなければ、そのまま死ぬ他ない。下剤や浣腸などといった気の利いたものは求めても与えられないのである。

 こうなると、さすがに飢えて死ぬ者も一人二人と出てきた。
 「ああ、世も末だな」
 「この国はこうやって亡びていくんだろうか」
 囚人たちは、こんなふうに嘆きながら息を引き取っていった。今日はあっち、明日はこっちの部屋で、一人また一人と死体が運び出されていった。長い囚人生活をしていてもまだ白かった歯が、ドングリの木の葉のせいでどす黒く染まっていった。
 「おれたちはこのまま死ぬしかないな」
 皆あきらめたようにつぶやく。その唇の間に見える歯は、ことごとく黒く変わっていた。監房には、社会を呪う声が満ちるようになっていた。ほとんど1ヵ月の間、食べ物に木の葉をまぜて食べるテストが行われたわけだが、もともと屈強な囚人たちだけが生き残っただけで、実験は失敗と結論が下されたらしい。一般の食糧危機対策には適用できないと判断されたのだろう。それで、この食事は中断された。
 「いったいあなたはどんな罪を犯して、このような人間以下、いやブタ以下の扱いをされながら生かされるようになったのか……」

 この頃から、私は囚人たちから話を聞きはじめた。彼らは独裁体制下の北朝鮮で罪とは言えない罪を犯し、生き延びるためにあらん限りの力を尽した不幸な兄弟たちであった。



 これが北朝鮮の収容所で行われている、非人道的な行いです。この人たちのことを無視して、この悪逆非道を行った首班を「敬愛する将軍様」と読み上げさせる。そんな残酷な教育をしているのが朝鮮学校です。在日同胞の学校として、絶対に教えなければいけないことを教えていない。これこそが朝鮮学校の最大の問題点です。

 そもそもこの非道を行っている横で、今でも暴君を褒め称える公演をさせるなど、ありえない人権侵害でしょう。子供の人権を守っていないのはそちらだろう!と言いたい。

(※ソルマジ公演の動画。1987年以来、2015年を除いて毎年行われている)

 

 この教育のせいで、アイデンティティクライシスに苦しんでいる卒業生の言葉を紹介します。

 私がぬくぬくと朝鮮学校に通い、北朝鮮への修学旅行で贅沢な飲み食いと観光を楽しんでいたその同じ時間に、飢えと拷問に苦しみ、人間としての最低限の自由や権利を完全に奪われた生活をしていた人々が数多く存在したと分かった時の衝撃から、私は目を逸らしたくないのです。自分たちが修学旅行で見た風景は、限られた上位数パーセントの特権階級の世界であったことを、その裏で苦しみあえぐ人民の現実を、人権侵害の現状を、朝鮮学校では決して教えはしないのです。

『拉致と真実 第9号』 P15 朝鮮学校修了生 リ・ナナ 

 これが朝鮮学校の最大の問題でしょう。朝鮮学校は「将軍様の学校」ではありません。在日同胞のウリハッキョ(我が学校)です。学校の支援者は、本当に存続を望むのであれば、自分はいったい何をすべきなのかを己の良心に問いかけてほしいと思います。

 最大の被害者は、この学校に通っている子供達です。決して朝鮮学校を潰したいのではありません。朝鮮学校には、主体民族教育をやめ、真の朝鮮民族の教育をする学校に生まれ変わってほしいと、切実に願っています。

※トップの画像は『Are They Telling The Truth?』より一番近いイメージのものを引用。

コメントを残す