『北朝鮮 絶望収容所』 女性を性奴隷にする

北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫)』 安明哲著

北朝鮮を語る上で、絶対に読まなければならない本です。これを日本全体で共有しない限り、日朝国交正常化はありえません。

そもそも北朝鮮労働党が、今まで行ってきた自国民に対する弾圧を謝罪し、二度と繰り返さないと誓い、改めて朝鮮人の代表を選出してくれない限り、国家として承認しようがありません。

つまり、「人間を家畜化する強制収容所」、「三代殲滅の連座制」、「親兄弟友人知人とのつながりを破壊する密告制を奨励する秘密警察体制」、これらの独裁体制システムを是正してくれないかぎり日朝国交正常化など不可能でしょう。

なぜありえないか、次の脱北者の証言をぜひ読んでください。

『北朝鮮 絶望収容所』 文庫版 P290~292

女性を性奴隷にする強制収容所

 

22号収容所の食糧工場は、すべて二十代から三十代の女性政治犯たちによつて運営されている。ここの作業員になるには担当保衛員に気に入られなくてはならない。美人であることはもちろんだが、好感を持たれるようにへつらい、それを見すかされない巧みな話術も身につけていなければならない。

食糧工場は酒組、醤組(唐辛子味噌、味噌、醤油)、水飴組、油組、修理分組で構成されている。この中で最も人気があるのは酒組である。ここに入れば、それこそ収容所の中で政治犯たちが享受できる最大の特権を持つことができるからだ。もちろん、そんな特権の有無にかかわらず、政治犯なら誰しも、キャンディーや菓子をこっそり味見しようとして工場に入りたがった。

(中略)

食糧工場には保衛員たちが随時酒を飲みにきたり、休息をとるために訪れる。そんな彼らの目の保養となり、酒の酔いを増進させるために、ここで働く政治犯の女性はみんな半裸の姿で仕事をさせられており、体が透けて見える白いガウンのようなものを着せられている。言うまでもなく、彼女たちは保衛員たちの愛玩物として扱われていたのだ。

(中略)

保衛員と政治犯との性行為は階級的堕落として厳しく処罰されるが、収容所の幹部たちは食糧工場での出来事に関しては黙認状態だった。と言うのは、7局の上級幹部たちが収容所を訪れると、彼らの性欲を満たしてやるために食糧工場の女性たちを寝室に送り込んでいたからである。

いわば食糧工場は、生産工場であると同時に、高級娼婦の養成所にして派遣所でもあったのだ。

ただし、そのような秘密を保持するために、いったん食糧工場に入った女性たちは性的魅力を失ってしまうと、死体になってからでなければ外へは出られない。


まさに性奴隷と言えます。本当に愕然とする証言です。彼女たちは他が地獄であるために、この状況を喜んで受け入れます。

収容所の女性たちは、保衛員や視察に訪れる上級幹部の愛玩動物としてその一生を終えることになります。

本当にありえないくらいの残酷な朝鮮人弾圧を現在進行形でやり続けているのが北朝鮮労働党であり、三代世襲の金一族独裁者たちだと言えます。

さらにありえないのは、韓国の慰安婦おばあさん擁する「挺対協」が、この現在進行形の女性を性奴隷にする政治犯収容所を運営する連中と共同声明を出していることでしょう。

挺対協は慰安婦問題を南北が共同で議論協力することで、市民社会レベルで、南北統一を成し遂げたと自画自賛するような団体です。

気の毒な慰安婦おばあさんを、現在の強姦魔の手先として利用する。これほど残酷なことはないと思います。世の中のリベラルは、慰安婦おばあさんを二重レイプしているも同然でしょう。

この事実を突きつけても、リベラルは一切反省しません。挺対協から慰安婦おばあさんを奪還しよう!という声を上げてもよさそうなものなのに、そんな声は皆無です。この団体を正義の団体であるかのように擁護するリベラルたちは、本当に残酷なことをしています。

完全に性奴隷として女性を奉仕させている実態が脱北者により告発されています。

(次ページに続く)

コメントを残す