日本の戦前回帰、韓国の李氏朝鮮化という扇動

日韓の従北左翼の皆さんが大好きなのが「日本が戦前回帰して軍国主義化しているー!」という主張。

そんでもって日本の従北偽装保守が大好きなのが「李氏朝鮮化する韓国」という主張。

まぁどっちもありえないですよね。

日韓基本合意の立役者、椎名悦三郎氏は、「日本の戦前回帰論」についてこう述べています。

 

さらに当時、一人の役人としてつくづく考えたことは、軍の統帥権という問題であった。もともと軍の統帥権が政治と分離され、国会などの全く手の届かないところに置かれたのは、明治初期の特殊な国際環境のなかの日本の立場というものがあったからだろう。西欧の列強に伍して国を維持するには、あるいは強力な統帥権の集中ということも必要だったかもしれない。

しかし日清、日露戦争を経た適当な時期に、これを再検討するのを怠ってしまったのは大きな失敗であった。政治と統帥は本来、分離できるものではない。それを最後まで無理に別々にしてしまったから、閉鎖性、秘密、横暴、欺瞞などのさまざまな弊害が生まれたのである。

予算にしてもしかりである。膨大な軍予算も、臨時軍事費という名目の下に国会には総額を示すのみで、細目の審議もなければ、決算もない。議員はただ拍手するだけの存在で、だから当時の議員はあまりにも拍手ばかりしていて手の皮だけが厚くなったなどという笑い話さえあったほどだ。拍手、拍手で、結局軍の使った金は二千億円だという。今の金にすれば千倍にして二百兆だ。いずれにせよ、当時の思い出はにがく、はらわたの煮えくり返るようなことが多い。

なおついでに言えば、現在、たとえば防衛庁の予算を増額したり人員をぶやしたりすると、すぐ「昔に帰るのではないか」と騒ぐ人がいる。だが、「昔の軍」というものをよく知っている者にとっては、笑止の議論にきこえる。今の防衛庁のあり方とは、政治から独立した統帥権という一事においてだけでも本質的に違うのである。

私の履歴書〈第41集〉 (1970年)』 P215-216

昨今増えてきた、戦前の軍人さんは素晴らしい!という思考停止の保守の皆さんに聞かせてあげたい苦言です。

ちなみに、無条件に戦前を美化している保守言論人はほとんどいません。

むしろ左翼が「戦前の日本を美化している~!」というレッテル貼りをして議論を拒否し、会話が成立しなくて困っている、というのが実態に近いでしょう。

最近の保守とリベラルのまともな議論ならこういう本がお勧めです。

全面的に賞賛する気はないですが、「なるほど一理あるな」という納得感はあります。

「植民地支配=絶対悪」の左翼と、「戦前の日本人=絶対善」の右翼の理解不能な論争よりはるかに知的レベルは高いですね。

椎名悦三郎氏が苦言を呈していますが、「たとえば防衛庁の予算を増額したり人員をぶやしたりすると、すぐ「昔に帰るのではないか」と騒ぐ人がいる。だが、「昔の軍」というものをよく知っている者にとっては、笑止の議論にきこえる」ということです。

何せ予算は総額で要求し、内訳はブラックボックスです。巨大な使途不明金会計。本当にありえない。「当時の思い出はにがく、はらわたの煮えくり返るようなことが多い」という椎名氏の意見は傾聴に値しますね。

戦前の軍部と自衛隊はまったく違うのに、いまだに「戦前回帰」一点張りで押し切ろうとするのが、リベラルを詐称する野党の反知性性を表しています。

そんでもって右翼側のありえない主張に、「韓国が李氏朝鮮化している!」というのがあります。

李氏朝鮮なめてますね。

椎名氏の、「「昔の軍」というものをよく知っている者にとっては、笑止の議論」というのと同じです。

李氏朝鮮だと言うなら、高射砲で人間をひき肉にする公開処刑をやる北朝鮮でしょう。

韓国なんて年を経るごとに、李氏朝鮮からどんどん離れて行ってますよ。何を言っているんだか。

今の韓国の若者は、年長者に対する敬意がなくなっている、と嘆いているくらいです。

まぁ結局はそういう本が売れてしまうから、韓国=李氏朝鮮なんていう論調が幅をきかせるわけです。

これはもうしょうがないんですよね。

だって売れるんだもん。

出版会社だって食ってかなきゃいけませんから。

こういう本が売れるように、せっせと嫌韓扇動してマーケットを作り上げてきた北朝鮮を褒めるしかないですね。大したもんです。

日本は韓国や中国の民度を問題にしていますが、日本だってあまり馬鹿にできません。

韓国ほっとけ論なんてその最たるもの。

李朝末期のなんの力もないころの朝鮮ならともかく、今の韓国を無視することなできません。

高麗絶頂期くらいの力はあります。

何の対抗措置もとらずに、中朝側にくれてやるなど馬鹿のやることです。

日本のまずいところは、北の日韓に対する情報操作の激烈さを理解していないところでしょう。無警戒では相手はやりたい放題です。

匿名のネットなんてずーっとPC張り付いて組織的に書き込みできる集団が最強です。

日韓のネット世論は北朝鮮の独壇場という認識がないと踊らされます。気をつけましょう。

日本の戦前回帰も、韓国の李氏朝鮮化も、常識的に考えたらありえません。

自衛隊が総額だけ要求して、細目は隠蔽して全部使途不明金化。

どうやったらできるのか教えてほしい。

こんなことやったらあっという間に内閣総辞職ですよ。

これに一番近いのは中国の人民解放軍でしょうね。

各軍閥ごとに自分たちで商売して勝手に稼いでますから。

軍隊ではなく巨大商社です。

まさに「軍閥」。

韓国が李氏朝鮮化なんて本当に笑える。

裁判なしで公開処刑。それが李朝です。

韓国が愛国無罪の人治国家だと批判されてますが、李氏朝鮮まで先祖返りするなんて不可能です。

まぁしょせん韓国の欠点を指摘するのに李氏朝鮮を利用しているだけですね。別に悪いことではない。結果的に欠点が是正されれば、李氏朝鮮も子孫のために利用される甲斐があるというものです。

韓国が李氏朝鮮化している!という主張は北がネット上で盛大に扇動しています。

北朝鮮は李氏朝鮮のクローンだ!

韓国も李氏朝鮮化している!!

だから韓国と北は同じ!!!

日本は韓国とかかわるな!!!!

こういう流れですね。

んなバカな。

でもこういう論調の人が多い。

日本の戦前回帰論と同じ以上にありえない主張なのに、市民権得てます。

地道な世論工作とは馬鹿にならないものです。