従北偽装保守『余命三年時事日記』が漫画化、内容が悪意の塊

大変分かりやすい従北偽装右翼本の『ジャパニズム34』で、これまた典型的な従北偽装右翼サイトの余命三年時事日記が漫画化されておりました。

この辺のあくなく歴史洗脳プロセスは大したもんです。

愛国の仮面をかぶっているいるからと言って、無条件に信じるといいように踊らされることになります。

それにしても内容が悪意の塊と言える内容でした。

 

img-109231008-0001

img-109231008-0002

img-109231008-0003

 

敗戦とともに、朝鮮人が「俺たちは戦勝国民だ!」と日本人に襲い掛かる⇒資産を強奪される⇒娘が強姦される⇒それがソウルで行われる。

もうね、悪意しか感じない内容です。

こうやってお前たちは被害者だ!と洗脳する手法は北朝鮮と朝鮮総連による在日に対する歴史洗脳プロセスと同じです。

さすがシナリオ書いているのが従北さんなだけありますね。

全部が全部嘘ではないですが、これを言うならソ連支配下の北朝鮮から日本へ逃げ帰ろうとした日本人の境遇が一番この漫画に近いです。

が、なぜかそれが南で起きたことになっている。

ソウルでこれはないです。あってもこんな無法は許されず、取り締まられます。

アメリカが天使とは言いませんが、ソ連の部隊に組み込まれていた、パルチザン上がりの無法者たちに比べたら天使です。

しれっとこういう嘘を織り交ぜてくるのは、さすが従北偽装右翼と言えますね。

こういうのに愛国心こじらせた馬鹿な日本人が騙されて、愛国カルト化へ突き進むわけですわ。

韓国と在日はけしからん!という情緒形成です。

こういう感情を一度形成されると、嘘をさらっと信じちゃうんですよね。

北朝鮮が韓国で反日情緒を形成し、北にとって都合のよい捏造神話を真実と思わせる手法と一緒です。

韓国や在日への憎悪を扇動した後は、それをなぜか米国に転嫁しようと画策してくるのが目に見えるようです。

戦後の、ソ連支配下の北と、アメリカ軍政下の南では、日本人引き上げ者の待遇は天と地ほど違います。

ソ連から逃げかえってくる人たちの証言は戦慄させられます。ロシア人に、あたり前のように女性が強姦されますから。

南なんて、朝鮮総督府勤務の日本人が残った朝鮮人から送別会開いてもらって粛々と日本に帰国していきましたよ。

一部無法者の被害にあった人はそりゃいたでしょうが、大多数はアメリカ統制下で、たんたんと日本に帰国してます。

よくもまぁこんなたちの悪い嘘を書くものです。

このあたりが北朝鮮の歴史洗脳の真骨頂ですね。

北朝鮮がやったことをさも韓国がやったかのようにすり替え、朝鮮総連がやったことをさも民団がやったかのようにすり替えてきます。

それが無理でも、北と総連がやったことを、「半島」や「在日」という大きなくくりで非難し、韓国や普通の在日を巻き込もうとしてきます。

本当にタチが悪い。

右側の従北にも要注意ですね。

関連投稿: