従北汚染されたネットコメントの特徴

在日・韓国・日本を分断する北朝鮮由来のダメなネットコメントには特徴があります。

あんまり騙されないでね、という意味合いも込めていくつか紹介しておきます。

日本側でよく見るのはこちらの動画にあるようなコメント。

 

幼少のころからいかに金一族への忠誠心教化教育をやっているかがよく分かる動画。そこに書き込まれているコメントには”型”のようなものがあります。

「失敗したら死刑じゃねww」「うまくいかずに殺されてしまうのではと緊張しながら、見てた」

一度消された動画なのですが、前UPしていたころは「失敗したら殺されるの?」とか同じ趣旨のことが延々書かれていました。

んなわきゃありません。

子供のすることでいちいち死刑なんてしていたら国家が持ちません。もちろん怒られるでしょうが、殺されるなんてさすがにデマです。

こういう明らかな嘘を書くことで、「失敗したら死刑⇒デマ⇒動画は信用できないもしくは偏向している」という逃げ道を用意します。

他にも「日本に生まれて良かった」というコメントがこういう動画には良く書き込まれます。こういう意見を書き込んでおくと、これを見た親北系の在日朝鮮人が拒否反応を起こして、見ようとしません。

結果、朝鮮学校周辺に構築した北シンパコミュニティを維持するのに貢献します。

見られたくない情報、知られたくない情報には、右翼の仮面をかぶった従北工作員が、右翼的な意見を先回りして書き込み、見る気を失わせようとします。

嫌韓ネトウヨ=従北偽装保守と私が考えるゆえんです。

で、韓国でも同じようなことをやっています。

慰安婦ネタなら、「なぜ日本は謝罪しないのだろう?謝れば良いだけなのに。不思議だ」というように素朴な疑問を装ってコメントを書きます。

これも日本が何度も謝罪してきたことを知られないための情報操作です。

謝罪して賠償金も払ってきたのに、どんどんハードル上げて謝罪を受け入れないこちら側にも問題あるんじゃないの?ということに気づかせないようにするわけです。

この手の金太郎あめのようなコメントは数多い。

「親日派清算」は尋常じゃない数が散見されます。

「親日派清算」を徹底してやったのは北朝鮮。周り回って北朝鮮はよくやってるね、という主張につながります。

他にも「中国も敵だが、日本も敵だ」「北朝鮮は主敵だが、日本も敵だ」という意味のコメントも実に多い。

壬辰倭乱(秀吉の朝鮮出兵)を持ち出して、日本は朝鮮を侵略しようと常に狙っている!というコメントも必ず出てきます。

もはや頼まれたって韓半島を侵略なんかしませんよ。ましてや併合なんてもってのほか。併合したら韓国人も当然一人一票です。日本人が嫌がるのは確実。韓国人だって嫌がる。

「一人一票の普通選挙が当然」になった国はむやみに他国を占領・併合などできなくなります。人口が少ないならともかく、ある程度の人口ボリュームがある地域は無理。

言語も一緒で、文化も一緒で、交流も活発で、一緒にどこかの国と戦争なんかしたりすると同胞意識が芽生えて同じ国民国家システムの中で生きていけますが、そういう歴史を共有していない限りまず無理。

韓国もその程度のことは理解してほしいものです。

どんなメリットと動機があって日本が韓国を侵略&占領すると思えるのか謎です。

本来、「日本が再び韓国を侵略するなど可能性はほぼない。ゆえに二正面作戦をするような予算の使い方はやめて、日本を味方にし、対北朝鮮戦に専念すべき」という意見が韓国国民の総意になってなければいけないはず。

それをさせないために北朝鮮が韓国のSNSでひたっっっすら扇動しまくってます。

そして載せられる馬鹿な人たちがいるわけです。

さらにはその人たちと共鳴するように日本でも馬鹿な嫌韓ネトウヨが大量発生しています。これも扇動しているのは北朝鮮。ちょっとは日本人拉致した北朝鮮に踊らされるなんて屈辱的だ!と思ってほしいものです。

匿名のネットコメントで妙に韓国叩きや在日叩きをするアカウントには要注意です。だいたいは騙されている日本人でしょうが、それっぽいことを書いて騙している従北アカウントもあります。

インターネットに真実がある!と思うのは間違いのもと。玉石混交で相当見る目がないと騙されると思った方が無難です。私もしょっちゅう騙されますから。