『北朝鮮 泣いている女たち』 韓国軍捕虜の末路

 朝鮮戦争で捕らえられた韓国軍捕虜が、その後強制収容所でどのような目にあったのか『北朝鮮 泣いている女たち―价川女子刑務所の2000日 (ワニ文庫)』 から引用します。

炭鉱で生き延びる韓国軍捕虜たち

 私か穏城(オソン)郡商業管理所で指導員として働いていた当時、韓国軍の捕虜を何人か見た。朝鮮戦争で捕らわれた韓国軍捕虜は、一九七一年までは平安南道の集団収容所に入れられていたが、それ以後は穏城郡の周原(チュウォン)炭坑、豊仁(プンイン)炭坑、上和(サンファ)炭坑、穏城炭坑等に配置された。
 当時、穏城郡の韓国軍捕虜は数百名にも膨らんでいた。私は職業上、生活物資の供給のために韓国軍捕虜が収容されている炭坑の合宿所を訪問する機会があった。強制労役に苦しむ彼らの様子は、乞食の群れを彷彿させ、見るも気の毒だった。韓国軍捕虜は数十名ずつ、ひとつの中隊にまとめられて、北朝鮮生まれの人間とは隔離されて働かされていた。
 六五号供給所の所長に赴任してから私は、彼らが作業を行なう坑内にも入ってみた。正月元旦、郡党責任秘書と一緒に物資を持って坑内に入った私は、片隅に集まって身を縮めている人々を見てとても驚いたことを覚えている。他の坑夫たちは郡党秘書と嬉しそうに挨拶を交わすのに、彼らは憂鬱な表情で視線を避けていた。郡党秘書に尋ねると、視線を落としているのは韓国軍捕虜で、皆がスパイ任務の疑いがあるという。
 坑内の高さはたった一メートルほどだ。坑道はとても狭くて、腰を伸ばせないのは無論のこと、膝を曲げて作業しなければならない。蒸し暑いせいか、韓国軍捕虜たちは真っ黒に汚れたパンツ一枚だけの姿、裸同然の格好で働いていた。
 彼らには機械や装備も与えられていない。短い柄のスコップとツルハシだけで採炭作業をする完全な手掘りである。まるで原始時代の奴隷のような労働を強要されていた。
 韓国軍捕虜は一生を炭坑の地下採掘場で過ごさねばならない。結婚する場合には、北朝鮮では出身成分の悪い女(南朝鮮の越南者家族)を配偶者にあてがわれる。彼らの子供たちには中学教育までしか許されず、軍隊入隊も拒否されている。父と一緒に坑夫として働くという選択肢のみが、唯一の将来の道だった。 

P235-237

 

 この韓国軍捕虜のありえない扱いは、韓国の教科書には当然書いていません。あまつさせ北朝鮮の韓国に対する5大テロ事件(青瓦台事件、プエブロ号事件、ポプラ事件、ラングーン事件、大韓航空機事件)が書いてない教科書が流通しています。

 例えるなら、米ソ冷戦の真っ最中に 「キューバ危機」 がアメリカの教科書から消えるようなものでしょう。

 その教科書を書いた人と検定を通した人は、即スパイ容疑でFBIに拘束されること間違いなしと思えますが、なんと韓国ではその教科書がまかり通っています。本当にありえない状態です。

 それを問題視して、教科書国定化を推進しようとしているのが朴槿恵大統領です。ですが、自分の父を自己正当化したいのだという論調を煽って邪魔する従北さんたちが、韓国や日本で問題の論点をずらすプロパガンダをガンガンやっています。

 名前ははっきり申しませんが、毎日北朝鮮のKYGさんも同様の論旨で、雑誌に教科書国定化について反対する論調の寄稿をしていました。北朝鮮の人権問題を取り上げていたり、脱北者の味方のようにふるまっているからといって、北の手先ではないとは言えないわけです。こういう従北さんたちに騙されてはいけません。

 韓国の教科書国定化について独裁だの国家権力の乱用だのと言って、なぜそのような主張が出てきたのか、その根本原因に言及しない人や、日本の朝鮮学校について擁護的な北朝鮮専門家は要注意です。

 韓国の左傾化した教育界と、日本の朝鮮学校こそが、北朝鮮が作りだした最強の牙城です。結局、核ミサイルや、収容所などの人権問題で非難されても、北朝鮮にとっては大して痛くありません。やばくなれば要求に答えるフリをしてお茶を濁し、時間をかせげばなんとでもなると思っています。日韓は連携して相手がもっとも嫌がる急所を攻撃していくべきでしょう。

 最後に強制収容所で統一を夢見ていた、韓国軍捕虜がどう思っていたか、その部分を引用します。

 同じく忠清道出身の李鐘九は、七人兄弟の末っ子だと言っていた。彼は在学中に参戦、独身のまま戦地に赴き、捕らわれた。
 韓国軍捕虜は、当局の監視下で一生を暮らさなければならない。炭坑で密告でもされると、無条件に連れ出されてひどい目にあわされたり、いつでも囚人扱いを受けた。彼らの共通した願いは、「統一された故郷の地に行き、死ぬこと」だという。
 ひとつ驚かされる事実があった。彼らの生活環境はとんでもなく劣悪で、いつ何時大きな事故が起こっても不思議ではない炭坑の採掘場で、無防備な状態で働いている。にもかかわらず、一度として彼らが働いている坑道が崩れた噂を聞いたことがない。他の炭坑では事故が絶えないのに、韓国軍捕虜が働いている炭坑では事故がない。私は、「神様の御加護があるのかしら」と密かに考えたりもした。
 穏城郡以外に咸鏡北道で韓国軍捕虜が働いている炭坑は、恩徳(ウンドク)郡の阿吾地(アオジ)炭坑、セッピョル(新星の意)郡の龍北(ヨンプク)炭坑、下面(ハミョン)炭坑などである。

P239-240

 いつか必ずこの人達の遺骨を掘り出して供養しよう。それこそが韓国でやるべき教育のはずです。日帝強占期も結構ですが、同じだけの情熱で、現在進行形のチュチェ帝強占期についてもっと非難すべきでしょう。

 もちろん韓国でもそういう声はあるのですが、常軌を逸した従北左翼の連中がそういう動きをことごとく邪魔してきます。さらに日本の左翼はこの連中と結託して、大いに問題をこじらせてきます。とどめは右翼を煽ってうま~く日韓断交に持って行こうとしています。実に巧妙な連中です。

 日本はもっとそういう動きに注目し、韓国全体を叩くのではなく、何十年にも渡って日韓関係を悪化させることに国家資源を全力投入している北の暴君の手先に注目すべきだと思います。

 それにしても植民地支配や、慰安婦問題を煽りに煽って日韓関係やアメリカとの関係をこじらせる手腕は大したものです。

※トップ画像は『北朝鮮全巨里(チョンゴリ)教化所―人道犯罪の現場』より。

コメントを残す