『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教え子の現実を聞いて衝撃を受ける

前日の続きです。(※『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教員祖国訪問団)

朝鮮学校問題や在日の歴史を語る上で、帰国事業は避けては通れないでしょう。

『NHKスペシャル 北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』という番組から、朝大生200人が「金日成元帥生誕60周年祝賀団」として捧げられたあとに、元朝鮮大学教授のパク・ヨンゴンさんが北朝鮮に訪問し、教え子たちの現実を聞いて後悔の念にさいなまれる様子が放映されています。

 

  • 祖国の発展を担う人材として送りだした教え子たちはどうなっているのか?
  • 教え子と再会し言葉を失う。
  • 教え子たちはパク教授が思い描いたような生活を送ることは許されていなかった。
  • 教え子の置かれている現状をたくさん見た。
  • 自分たちの希望通りの大学にも行けなかった。
  • 大学を卒業しても希望する職場にはつけなかった。

最後に、「送りだした学生たちに消すことのできない罪を犯した」、そう言って、言葉にならず、苦しそうに話す姿は見ていて辛くなります。

 

ちなみにこの放映後、パク・ヨンゴン教授は総連に追い掛け回され表舞台には一切出てこなくなりました。家族や友人知人、その辺に嫌がらせをして黙らせる手法はこのころから鉄板のやり口と言えます。

こういう自分たちにとって都合の悪い相手を容赦なく潰すやり口は、昔っから変わっていません。(※今はどういうやり口を使っているか知りたい方はこちらをご一読ください『北朝鮮と朝鮮総連の偽装保守を使ったリベラル潰し』)

この番組ほど朝鮮総連や朝鮮学校にとって都合の悪いものはないでしょう。

違法アップロードがはびこるインターネット上で、こういう動画はまずお目にかかれないですね。なぜなら速攻で違法アップロードだ!という通知を従北さんたちがせっせと出すので、あっという間に消えます。これはぜひDVDで販売してほしいところです。

Youtubeに上げると即座に削除申請が出されるので、このサイトで公開しています。NHKから直接苦情が来れば削除しますが、まぁその時には、「なぜ現在進行形で朝鮮学校の子供が毎年平壌に強制連行されて常軌を逸したソルマジ公演をやらされるという、深刻な人権蹂躙をNHKはニュースで取り上げないのでしょう?」、と逆に質問してやりたいと思います。

これほど明白な子供に対する人権侵害はありません。

まさかこれを好きでやっているとは言わないでしょう。

やりたくないことをやらせるために平壌に連れていく。

こういうのを強制連行といいます。

もし望んでやっているから強制連行ではない!という反論がきたら、望んでやっている=本当に「敬愛する金正恩元帥様」と思っている=洗脳教育が成功している、となります。

そちらの方がもっともっと問題でしょう。

いつ崩壊してもおかしくない国に長期滞在させて命を危険にさらし、朝鮮学校建設に尽力した在日一世や、他でもない朝鮮学校卒業生を収容所で虐殺したのが敬愛する将軍様なわけです。

他でもない朝鮮学校の生徒にこんな公演をやらせるなど、ありえない人権蹂躙です。

「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の機関誌である『光射せ!7号』に、当時、生徒に対して帰国を熱心に説得し、この朝大生200人のバイク部隊に加担してしまった、元教員の悔恨の念に満ちた文章があるので一部紹介します。

なぜこの200人のバイク部隊が送られたのか、その背景や共通点について無視できない指摘をしています。

前日の記事の続きになります。まだ読んでいない方はご一読ください。

人間とは勝手なもので「いたし方なかったさ。時代のせいだよ」と言い逃れ、またそう考える方が精神的に楽であったりもした。しかし、私の心底から離れないのが、北に送った教え子たちへの贖罪の念であった。

数年前、いわゆる「主体思想」研究の日本での最高の権威者と言われた朝鮮大学元副学長の朴先生がテレビで、「金日成の主体思想の誤りを指摘し、特に教え子たちを北に送った教育者としての良心の呵責にたえないとの「転向宣言」をされた。先生の行動に感動し尊敬の念を新たにしたのであった。そして自分の「総括」の不十分さと勇気のなさを悔いた。(※冒頭の動画に出ていたパク・ヨンゴンさんのこと)

人生の黄昏期をむかえ、私はただただ教え子たちに許しを請いたい。いまからでも遅くはない、「悪魔」には騙されない。良心をもって生きていきたい。そして行動したい。

北が二〇〇名の学生をさらっていった目的は、なんだったのか?

四年前、図書館で手にした本「在日朝鮮人はなぜ帰国したのか」――監修・小此木政夫――を見て驚いた。

昨今あの「帰国事業」の本質とその実態が心ある人びとの手で明かされているが、朝大生二〇〇名の「集団帰国工作」の目的は十分に解明されてはいない。逆に言うならば、総連や北にとっては触れられたくない陰謀的な、または失敗作の画策であったゆえんではなかろうか。

(中略)

また「学生の説得工作に加わった者の一部の者ですが、良心の呵責に悩んだ末、頭を地面につけて謝罪しても足りないくらい申し訳ないと書いた手紙を学生に送ったとの事です。手紙を受け取った学生は、同じ仲間と手紙を読み合い、〈一つの区切りにしよう。いまここにいる現実はどうしょうもない。一生懸命に生きるしか方法がない〉としたとのことです。この話を人づてに聞いた手紙を出した主は、胸が締め付けられる思いだったと言ったそうです」と話していた。思うに洪君も勇気のある対談をしたものだ。

この、学生たちの家庭の共通点は、

  • 親が必ずしも総連の幹部や熱誠者ではなく、むしろ民団系の同胞子弟である
  • 商工人子弟と母親が日本人である学生が比較的多い
  • 成績が優秀でも家庭が貧しい者
  • 日本高校出身者である

この共通点があったと思う。

『光射せ!7号』 P166-167

なぜ朝鮮総連や朝鮮学校のありえない人権蹂躙の過去が大問題にならないのか?

あまりに辛すぎて逃げてしまうからです。

人間とは弱い生き物です。責めるのも酷でしょう。

それにしても、生贄の対象になった学生の特徴には戦慄させられます。民団子弟、金持ち、母親が日本人、日本高校出身者。

どう考えても、「あえて敵対階層から選び、遠慮なく人質ビジネスをするため」に選んだとしか思えません。

『光射せ!7号』で、200名の朝大生のその後について、言及しています。

二〇〇名のその後の動向はつかみようがないが、多くの親は息子や娘に逢うために北へ出入りしている。それらの話から、なかには「約束が違う」と抗議したり、脱北を企てたりして強制収容所へ送られた学生、また多額の仕送りをあてに堕落した生活をしてきた学生たちのなかには、北のダラ幹の息子たちにとりこまれ不良グループの構成員になったり、覚せい剤中毒に侵され廃人となり、親御さんたちの溜息と地獄の苦しみの発生源となっている。

こんな悲劇がどこにあろうか!

じゃあ、何がその目的であったのか? 日本人拉致者の利用方法を見ると明らかなように、「生口」「貢女」としてさらってきた「生きた道具」を、南への特殊工作員養成や日本語の教師養成、パスポート事件のように利用しようとしないわけがない。

しかし、想定外の側面も多く、思ったように事が運ばなかった。それでその後は、監視人同伴での日本訪問などを仕込み、金持ちの親御さんから金や物品の収奪を繰り返してきた。

まさに馬賊の人質作戦であり禿鷹のたぐいである。

こんなあくどいことが許されていいのだろうか!

『光射せ!7号』 P168

本当に戦慄する内容です。

こういうひっくり返るような内容がてんこ盛りなのが、「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の機関誌、『光射せ!』です。

こういう北送された帰国在日9万3千人の無念が積みあがった団体が守る会と言えます。

こういう団体をネットで歴史修正主義者が集まってるだの、右翼だのとレッテル貼りをして貶めてくるのが北朝鮮と朝鮮総連の鉄板のやり口と言えます。

実際に右翼の仮面をかぶった怪しい奴を送り込んできたりもしますらね。あと怒らせて過激なことを言わせ、「守る会は過激化した!」、みたいな貶め方もしてきます。

さらには在特会とも結び付けようとしてきます。

特に最悪なのがこれ。

また、「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」という団体は、当初は脱北者支援を中心に活動していましたが、二〇一〇年以降「朝鮮学校バッシング」に力を注ぐようになりました。高校無償化からの朝鮮学校除外、さらには地方自治体による朝鮮学校補助金のカットを求め、東京、大阪、神奈川、千葉、埼玉、広島などの都府県で現実化しています。

二〇一二年末の総選挙の結果、自民党・公明党による第二次安倍晋三政権が登場すると、早速、「高校無償化」制度からの朝鮮学校除外を断行しました。

「良い韓国人も悪い韓国人もどちらも殺せ」「朝鮮人首吊レ 毒飲メ 飛ビ降リロ」などのヘイトスピーチが、東京・新大久保や大阪・鶴橋などの街頭で吹き荒れるようになったのも同じ頃です。それらは主に「在日特権を許さない市民の会(在特会)」という団体によるものです。

朝鮮学校物語  あなたのとなりの「もうひとつの学校」』 P32

こういう印象操作を平気でやります。

それも子供がかわいくジャンプする表紙の本でやるわけです。

「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」は、学校バッシングをやりだした、安倍は無償化に反対した、その後にすぐ在特会を持ち出してきます。まるで在特会やヘイトスピーチは「守る会」や「安倍」のせいだ、と言わんばかりです。

結局、そうやって『光射せ!』に書いてある、元教員や朝鮮学校卒業生の言葉に目を向けさせないようするわけです。

特に、『光射せ!第7号』はすさまじいです。

3回に渡って朝大生200人を北送した元教員の悔恨の文章も衝撃ですが、もっと凄いが「韓鶴洙(ハナクス)先生は拷問で殺された」という文章でしょう。

大阪の古い活動家や同胞のなかで、先生を知らない人はいない、と書いてあります。

その人がどうやって殺されたかが書かれています。

この先生を恩師と仰ぎ、その人徳にほれ込んでいたたくさんの在日がいたわけです。その尊敬する人物をスパイ容疑で拷問の末に殺す。

そしてその相手を、朝鮮学校に通う子供たちに褒め称えさせる。

筆舌に尽くしがたい子供に対する人権侵害でしょう。

死者に対する冒とくともいえます。

他にも、朝鮮総連の良心と言える「朝鮮総連の改革と民族統一・志向会」の第一報から第十報までが、7号と8号に収録されています。

この血を吐くような遺言ともいえる文章が読めるのは、『光射せ!』以外にないと思います。

何十年にもわたり、北の暴君に強奪された民族教育を取り返そうとした人たちを弾圧し、そういう声をことごとく圧殺してきたのが朝鮮総連と北朝鮮労働党です。

朝鮮学校の歴史など、そういう人たちの屍が積みあがった歴史と言えるえしょう。こういう無念の声は徹底的に歴史の闇に葬ろうとしてきます。北朝鮮の強制収容所で残酷に殺された人たちの声を消し去ろうとする北のやり口そのままです。本当に腹立たしい限りです。

最後に、朝鮮総連の良心を持った人達の声を紹介します。

私たちの手にほんとうの民族教育を取り戻そう!

もし、総聯中央が心ある先輩たちの提言を真摯に受け止め、改善・改革に取り組んでいたならば、今日のような事態にはならなかったことでしょう。

今まで出されてきた、民族教育の改善を要求する声は、総じて、ウリ学校から金日成・金正日崇拝のための教育を廃止し、真の民族教育を取り戻したいとするものでした。しかし、総聯中央はこれらの要望に対し聞く耳を持ちませんでした。多くの先輩諸氏は、「なんでもないさ、ウリ教育が変質したんだよ。学校の教室から乙支文徳将軍や李舜臣将軍の肖像画がなくなり(一九六〇年代後半)、組織内で金日成の唯一思想体系の確立が狂ったように叫ばれたころから、民族教育は事実上消滅したのだ」と言うのです。

いや、在日同胞の民族教育を金日成親子にかっぱらわれたと言うべきです。

このようにして、同胞子弟の民族教育は金日成親子に対する崇拝教育、すなわち北朝鮮の国民教育になりさがり、表の顔とは別に、その裏では金親子への忠誠心教育を推し進めてきました。

(中略)

私たちの未来が、民族の言葉と文字、文化を思いっきり学び明るい希望が持てるようにするため、金親子にひったくられ、政治の道具に利用された民族教育を、みんなの手に取り戻そうではありませんか!

『朝鮮総聯の改革と民族統一・志向会 第五報』より一部引用
『光射せ!8号』に収録

こういった声は、「怪文書」の名のもとに踏みにじられ、闇に葬られてしまいます。

在日一世たちが民族教育を作った人たちです。断じて「将軍様」ではありません。

それにしても、「阪神教育闘争」と「金太一(キム・テイル)射殺事件」は、みんなもれなく知っているのに、この朝大生200人の北送を知っている、朝鮮学校卒業生はどれくらいいるのでしょうか?

知っていても、そんなことがあったのね~、くらいなのかもしれません。

向こうで強制収容所に入れられたり、覚せい剤で廃人になったり、そんな先輩たちがいるのに、毎年平壌でソルマジ公演を行い、「敬愛する金正恩元帥様!!」と絶叫する姿はあまりにも憐れです。

本人たちが特に問題ない、と思っている時点で洗脳教育が成功している証左でしょう。

在日同胞の学校が存続するか消滅するか、今その分かれ道に来ているのではないでしょうか?教育内容を是正し堂々と無償化を勝ち取ることこそが、民族の誇りを守り、朝鮮学校を次世代に残す唯一の道ではないかと私は思います。

その第一歩は、帰国事業の見直しを行い、収容所で殺された在日一世や朝鮮学校卒業生を忘れないことでしょう。

本当に在日同胞のための民族教育をしていたら、普通激高する暴挙のはずですから。

朝鮮学校が存続してほしいと願う人たちはそのことに気づいてほしいと思います。

 

以上、3日に渡って『NHKスペシャル 北朝鮮帰国船』と、『光射せ!第7号』から、朝大生200人を北朝鮮に捧げた事件について書きました。

こういう無念の声に興味がある方は、ぜひ『光射せ!』を手に取ってみてください。
ヤフオクでの販売を始めました。『光射せ!』など購入できます。
詳しくはこちら:販売ページ

 

関連記事:

 

北朝鮮帰国事業の良書。朝大生200人の北送についても書かれています。

コメントを残す