『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教員祖国訪問団

前日の続きです。(関連記事:『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 朝大生200人を生贄に捧げた朝鮮総連

朝鮮学校問題や在日の歴史を語る上で、帰国事業は避けては通れないでしょう。

『NHKスペシャル 北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』という番組から、朝大生200人が「金日成元帥生誕60周年祝賀団」として捧げられたあとに、元朝鮮大学教授のパク・ヨンゴンさんが北朝鮮に訪問したときの映像です。

 

自分が論文で書いたり、頭の中で描いていた社会主義の理想国家が見れる。そう思って祖国を訪問したパク・ヨンゴン教授の幻想が打ち砕かれます。

 

やせ細った牛、電気も水道もない農村、発展した祖国が見れると心躍らせながら訪問したのに、そのすべてが否定されます。

ちなみにこの放映後、パク・ヨンゴン教授は総連に追い掛け回され表舞台には一切出てこなくなりました。家族や友人知人、その辺に嫌がらせをして黙らせる手法はこのころから鉄板のやり口と言えます。

こういう自分たちにとって都合の悪い相手を容赦なく潰すやり口は、昔っから変わっていません。(※今はどういうやり口を使っているか知りたい方はこちらをご一読ください『北朝鮮と朝鮮総連の偽装保守を使ったリベラル潰し』)

この番組ほど朝鮮総連や朝鮮学校にとって都合の悪いものはないでしょう。

違法アップロードがはびこるインターネット上で、こういう動画はまずお目にかかれないですね。なぜなら速攻で違法アップロードだ!という通知を従北さんたちがせっせと出すので、あっという間に消えます。これはぜひDVDで販売してほしいところです。

Youtubeに上げると即座に削除申請が出されるので、このサイトで公開しています。NHKから直接苦情が来れば削除しますが、まぁその時には、「なぜ現在進行形で朝鮮学校の子供が毎年平壌に強制連行されて常軌を逸したソルマジ公演をやらされるという、深刻な人権蹂躙をNHKはニュースで取り上げないのでしょう?」、と逆に質問してやりたいと思います。

これほど明白な子供に対する人権侵害はありません。

まさかこれを好きでやっているとは言わないでしょう。

やりたくないことをやらせるために平壌に連れていく。

こういうのを強制連行といいます。

もし望んでやっているから強制連行ではない!という反論がきたら、望んでやっている=本当に「敬愛する金正恩元帥様」と思っている=洗脳教育が成功している、となります。

そちらの方がもっともっと問題でしょう。

いつ崩壊してもおかしくない国に長期滞在させて命を危険にさらし、朝鮮学校建設に尽力した在日一世や、他でもない朝鮮学校卒業生を収容所で虐殺したのが敬愛する将軍様なわけです。

他でもない朝鮮学校の生徒にこんな公演をやらせるなど、ありえない人権蹂躙です。

「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」の機関誌である『光射せ!7号』に、当時、生徒に対して帰国を熱心に説得し、この朝大生200人のバイク部隊に加担してしまった、元教員の悔恨の念に満ちた文章があるので一部紹介します。

前日の記事の続きになります。まだ読んでいない方はご一読ください。

私は一九八〇年の初、父母と兄を続けて亡くし健康も害してはいたが、何よりも「思想的な動揺」から、志を同じにする同僚とともに、荷物をまとめ大学から脱出(脱北)した。あとで知った話だが、当時は大学の教員で脱出、すなわち転向する人が稀であったため、その影響を考えた大学側は数か月間秘密にしていたという。

(中略)

その後、縁あって身をかためた。そして思い悩んだのち、父母の墓も訪ね兄弟や甥っ子たちにも逢うべく北を訪問することにした。

総連本部では、訪問に先立っての面会者の名簿申請が要求された。こちらは「過去を捨てた人」であり、事務的な申請手続きを進めただけであった。しかし、世の中は皮肉なもので、大学の後輩たちが総連地方本部の役職についていて私の「正体」はばれていた。

社会部長とかの肩書をもつ幹部が、「先生、親戚だけではなく教え子たちの面会も申請できますよ」とせかせるように言う。

私はペンを握ったまま思いあぐねた。いや、針のむしろに座らされた罪人と変わらなかった。B君をはじめ「祝賀団」に押し込んで青春と人生を破滅させたかつての教え子たちに逢って、謝罪するのが―――もちろん頭を下げるだけで許される問題ではない―――人間の道理ではないのか。

だのに教え子たちの名前を面談申請欄に書き込めなかったのだ。朝家を出るときは手帳に名前と住所をメモしてきたが、どうしても申請することができず帰りの電車に乗っていた。

あの、呪わしい「説得工作」に加わったK先生などは、そのころまでも現職にいて、北を訪問するたびに教え子を訪問しては励まし、お小遣いまでやってくると言う話を聞いていた(やっぱりそれが立派な教育者だろう。俺はそうできないダメな人間だと反問していた)。

『光射せ!7号』 P164

師弟の絆をこうやって破壊し、贖罪意識を利用し、徹底的に利用してきたのが北朝鮮と朝鮮総連と言えます。

逃げても罪の意識に延々さいなまれる。

残ったら残ったで北へ教え子に会い行き、せっせとお金を運ばせるために利用される。

逃げるも地獄、残るも地獄です。

本来であれば、メディアやリベラルを名乗る人たちがこういう実態を盛大に広め、政府を動かして無理やりにでもこの鎖を断ち切らせるべきなのに、むしろ「渡航禁止は人権侵害だ」、「民族教育への弾圧だ」と騒いでこの人質ビジネスの継続に加担する始末です。

この方の心情を思うと胸が痛くなります。

「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」には、こういう無念が積みあがっています。帰国在日9万3千人の執念が結実した団体と言えるでしょう。こういう団体をヘイト団体呼ばわりする人たちは良心が腐っているとしか思えません。

北へ親族訪問に行った元教員の方は、生徒には勇気がなく会うことができませんでしたが、偶然にも親友と再会します。

約二週間の訪問期間中、ずっと「今からでも申し込んで、B君などに逢ってみるべきでは」と自分に問い続けたが。ふみきれないままで日本へ帰る最後の日をむかえた。

身支度も終えた午後の時間、それでも何かお土産を買おうと思い、ホテルの売店へ降りていった。

私は自分の目を疑わないでは居られなかった。心を鬼にしてピョンヤンにいる親友に逢うことも断念していたのに、玄関横のソファに李哲守が、間違いなく哲守がそこにいたのだ。二人はしばらく声もなくただ茫然と眼をみつめ合った。そして「おお・・・」と声をだしただただ抱き合った。涙が留めなくあふれた。私は嘔吐するよう泣いた。二日前、兄弟にあったときもこんなには涙が出なかったのに。

二人は、二階のコーヒーショップでお茶を飲み、その横の椅子にさし向って座った。缶ビールとツマミだけでの再会の宴であった。多くの事を語り合った。これはまったくの偶然だった。哲守は日本から来た遠縁の人に面会して帰るところだったと言うのだ。

二人は大切な話をたくさん語りあったはずだが、いまは全部忘れてしまった。だが鮮明に覚えていることは、哲守が「福樹! ところで「あすなろ」は今もあるんだろう」と懐かしそうに訊ねた。「うん、どうかね」と答えたが、小平市内の二人の喫茶店〝あすなろ〟が、いまも続いているのかどうかはどうでもいい話だった。

二人は共有したかったのだ。朝鮮大学でともに学びともに教鞭をとっていた二人の青春(遅まきの青春も含め)の熱い思い出を、互いの胸に刻印し、いつまでもとどめておきたかったのだ

『光射せ!7号』 P165

「朝鮮学校時代の青春を共有」

これを作り、そしてそれを利用するのが北朝鮮と朝鮮総連の外道なところでしょう。

誰しも自分の美しい想い出を壊されたくない、そのために朝鮮学校批判する人に脊髄反射で反論してしまう。

的確な指摘でも「日本人には言われたくない!!」と、「指摘の内容」ではなく、「誰が言ったか」を重視させて、聞く耳を持たなくさせるわけです。さ

産経=右翼、だから無視!

という印象操作と一緒でしょう。

反論の難しい朝鮮学校の卒業生や、元教員の人に非難されると、その教え子を使って黙らせようとしたり、家族に嫌がらせをして口を封じようとしてきます。

最近では民団=右翼、という印象操作もせっせとやっていますね。最近の在日知識人が書いた著書を見るとそういう記述が乱れ飛んでいます。そうやって在日同胞からの苦言も無視させるわけですね。

こういう思考コントロールは本当に天才的です。

そして、この朝鮮学校の想い出を人質にして言うことを聞かせるやり口は今の続いています。

『朝鮮学校のある風景 35』 P238より、どういう脅迫をしているか紹介しましょう。

朝鮮学校のある風景35_1

この写真のそばにある文章がこれです。

 今度、五十年ぶりに、同じサッカー部だったリ・グァンサントンムと会いました。久しぶりに会えたので、話したいことがたくさんあると思ったのですが、グァンサンも私も口下手で・・・、翌日、キム・ヨングァンが来て、ビールを飲みながら、三人で昔話に花を咲かせました。とにかく朝高時代は楽しかった。
 日本にいる同級生のみんなは、今までのようにこれからも仲良く過ごしてください。再会できる日まで健康に、文筆活動頑張ってください。

2016年正月元旦 平壌からリュ・イル

分かる人には分かります。朝高時代は楽しかったよな!と想い出を持ち出し、

自分たちがこれからも平壌のレストランで食事ができるよう忠誠を誓い続けてくれ!
子供を平壌に強制連行して忠誠を誓う公演をさせてくれ!!
そうしてくれなければ俺たちは殺される!!!

そういう脅しです。

ソルマジ公演をやめれないのも、朝高生を平壌に連れていって在日一世の仇敵に頭を下げさせることをやめれないのも、朝鮮学校で卒業生を虐殺した相手を愛する教育を是正できないのも、この人質ビジネスが原因といえます。

北朝鮮をなめてはいけません。

人間を虫けらのように殺します。

ミサイル発射に大騒ぎする前に、当たり前のように公開銃殺し、それも機関銃でひき肉にするような処刑方法で人間を殺すことにこそ戦慄すべきでしょう。そんな外道に子供の命を預けるなどありえません。重大な人権侵害と言えます。

それにしても、平壌で親友と偶然再会し、「嘔吐するように泣いた」、という表現は本当に辛くなります。

朴正煕と民団の偉業である「朝総連同胞墓参訪韓事業」とは全然違います。

この墓参事業の様子をまとめた、「故国の土・再会の涙」から三十一年ぶりに再会を果たした夫婦の顛末を紹介します。

涙、涙のソウル歓迎集会

朝総連系同胞墓参団員は、数十年ぶりの帰郷で思いきり涙を流した。空港で祖国の土を踏みしめては泣き、肉親との再会でも泣いた。故郷の墓参りで先祖に不孝をわびて痛哭した。しかし、これだけで涙が止ったのではなかった。帰日を前に開催されたソウル市民歓迎集会で、またも感動の涙を流したのであった。

昨年九月二十四日、一週間余の韓国滞在を締めくくるソウル市民の歓迎集会が国立劇場で開かれた。その間、故郷で肉親たちと再会、先祖の墓参りを終え、韓国の主要産業施設、観光地を訪れた墓参団一行がソウルに集結したのである。ソウル市民歓迎大会は、朝総連系同胞たちとともに具滋春ソウル市長、在日同胞出身の権逸議員、元野党々首の朴順天女史など著名人士および、朝総連系同胞の家族、ソウル市民など、約二千人が参加して開かれた。

(中略)

今年、八十歳を迎えた朴順天女史がソウル市民を代表して歓迎辞に立つと、会場の興奮は一挙に高まった。

(中略)

朴女史は、ふるえる声でさらに切々と語りかけた。「私はいまこの場で、百言も千言も言葉をついやすよりは、皆さんのところに飛び下りて、皆さんと抱き合って、大地を叩いて一緒に泣きたいのです」「なつかしい父母兄弟に会い、祖先の墓に詣でるのに何の思想がありえましょう。……本当によくこられました。本当に聰明なことです。皆さんが墓に詣でた秋夕の日、空までも一緒に泣いてくれました」

この言葉は、朝総連系同胞を迎えた祖国そのものの声であった。朝総連系同胞のある人は、大つぶの涙を流した。ハンカチをとり出し目頭を押えた。ソウル市民たちももらい泣きした。

(中略)

歓迎集会は、朝総連系同胞とソウル市民の心のふれ合いの場となった。歓迎する側は「いつでも喜んで迎えよう」と暖かく語りかけた。歓迎される側の朝総連系同胞は、韓国国民の心を肌身に感じた。語る方も涙、聞く方も涙で相互の間には同胞(はらから)の情が行きかった。心の中の軍事境界線がゆえに数十年もの間、祖国への道を閉ざされていた朝総連系同胞たちは、心の窓を大きく開いたのである。たとえ海をへだてた日本に住んでいようとも、自分は誇りうる祖国を持った独立国の国民だ、祖国は在日同胞とともにあるとの確信を抱かせたのである。

石のように固く閉ざされた朝総連系同胞の心は、本国国民の暖かい歓迎により、大きく開かれた。長かった分断と対立が生み出した疑心暗鬼は解きはなたれた。そしていまようやく、それらの呪縛を自らの決断で解きはなった朝総連系同胞たちによって、分断の〝厚い壁〟を越えた人道的往来が実現したのである。

しかも、その作業は朝総連系同胞の涙ではじまった。人間が本当の意味での人間らしさを取り戻すことによって開始されたのである。祖国を訪れた朝総連系同胞の姿が全韓国国民と在日同胞の心を打ったのは、その万感こもる涙のせいであったといっても過言でない。この涙にこそ、在日同胞社会の融和、いや祖国統一への願いが秘められているといっても、よいのである。

『故国の土・再会の涙』 P129-131

北朝鮮の帰国事業とはまったく違います。

北朝鮮の提灯持ち本、『北朝鮮の記録―訪朝記者団の報告 (1960年)』のような大嘘で塗り固められたプロパガンダ本で在日朝鮮人を騙し、片道切符で二度と戻れない地獄へ送り込んだ、北朝鮮帰国事業とは対極に位置する朴正煕と民団の偉業である墓参団事業だと言えるでしょう。

なんとこれが在日コリアンの歴史かれ抹消されています。

民団+総連の「和解」のウラで何が起っていたのか!?―Operation of Takeover (洋泉社ペーパーバックス)』に書かれていますが、2006年の「5月17日事態」で、民団が危うく総連に乗っ取られそうになりました。

それを防いだのが、「墓参団事業」で転向した人たちだと私はこの本から読み取りました。そりゃあ怒りますよね。何十年も離れ離れになっていた肉親と再会でき、涙を流しながら抱き合って喜んだ素晴らしい事業なわけです。その廃止を総連との和解の条件に出されたら激高すること間違いなしです。

ちなみに、朝鮮学校の一般公開に行ったときに、北朝鮮を「共和国」と呼ぶ人士たちに捕まりましたが、この件を言ったら、

「あれは韓国政府と朴正煕が金ばらまいて作ったものだ!」、とプンスカ怒られました。

「おいおい、例えそうだとしても良い結果だったんだから良いことだろ?」と思えるのですが、共和国人士たちは、そう思わないようです。

北朝鮮など、「主席様の配慮で何不自由なく暮らしています」以外の会話をしたら、即座に家族丸ごと収容所行きです。

それと比べて、「朝総連同胞墓参団事業」いかに素晴らしいか。

こういう点を無視してひたすら朴正煕を貶めているのが日韓の従北左翼たちです。

姜尚中氏の著書で、朴正煕時代を言論弾圧された暗黒時代のように書いていますが、この「故国の土・再会の涙」を読むと、それがいかに大嘘かが分かります。

李承晩や朴正煕を貶めるのは、北朝鮮の大戦略と言えます。ちょっとほめ過ぎじゃないの?と思わないでもないですが、この二人の評価は韓国のリアリスト系国際政治学者である李春根教授の著書、『米国に堂々と対した大韓民国の大統領たち』を読んでみると良いでしょう。「なるほど、言われてみればそうだな」と、評価が180度変わります。

帰国事業がまるで過去のことで、今はもう関係ないように思っている人たちがいますが、とんでもない誤りです。今も脈々と親族の命を人質にして、言うことを聞かせています。

それに朝鮮学校に通う子供たちが巻き込まれているわけです。

政府の言う、「北朝鮮、朝鮮総連と縁を切るべし」という高校無償化の条件は、当たり前の要求と言えます。

ただし、人質ビジネスの鎖でがんじがらめになっている人たちに、「自助努力で縁を切れ!」と、要求するのは酷でしょう。

本来であれば、人質のいない在日や日本人の朝鮮学校支援者こそが政府を動かして、子供の北朝鮮への渡航禁止や、朝鮮学校と朝鮮総連の経営権の分離に尽力しなければいけないはずです。

結局、帰国事業の悲劇を学んでいないのでしょう。だから今も毎年子供を平壌に強制連行して、在日一世や朝鮮学校卒業生を虐殺した相手を褒め称えるソルマジ公演を見ても、何も感じないわけです。

拉致問題しか言及しない右翼も話しになりませんが、朝鮮学校を北の暴君から奪還して、この学校に通う子供たちの苦しみを取り除こうとしない左翼は外道だと思います。この人たちに人権を語る資格などありません。

本来であれば、朝鮮学校の支援者や、朝高ラグビーの伝統が続いてほしいと願っている人たちこそが、朝鮮学校の子供につけられた北朝鮮の鎖を断ち切ろうと尽力しなければいけないはずです。

それなのに、逆の行動をしてしまう。それも善意で。

帰国事業が善意の元に進められ、結果、地獄への送った悲劇になってしまったことから何も学んでいないとしか思えません。

金と命を強奪され、この上子供たちの未来まで奪われてたまるか!

朝鮮学校は「将軍様の学校」ではない!

在日同胞のウリハッキョ(我が学校)だ!!

返せ!返せ!!返せ!!!

これが北朝鮮の収容所で殺された数万人の在日一世やその子孫たちの声でしょう。朝鮮学校の存続を願う人たちはそのことに気づいてほしいと思います。

明日は、教員祖国訪問で、北送した朝大生200人のその後を聞いてショックを受けた話を書きます。ぜひチェックしてください。(次の投稿:『北朝鮮帰国船~知られざる半世紀の記録~』 教え子の現実を聞いて衝撃を受ける

 

関連記事:

※ヤフオクでの販売を始めました。『光射せ!』など購入できます。
※詳しくはこちら:販売ページ

 

帰国事業のお勧め書籍。朝大生200人の北送についても書かれています。

コメントを残す