著書『拉致と日本人』 切り取って都合よく解釈する

辛淑玉さんと蓮池透さんの対談本『拉致と日本人』。随所に自分に都合よく解釈する内容が散見されます。

感情とはやっかいなものです。自分が嫌いな相手には事実をありのまま受け取るのではなく、悪意というフィルターを通して解釈してしまいます。

それが世のため人のためになるのならともかく、逆の効果を生むのだから困ったもの。

最近、色んな所で見かけるのが「安倍は拉致被害者を北へ帰さないというのは嘘だ」という扇動。

忘れたころに自分たちに都合よく歴史を書き替えようとするのがこの人たちの特徴です。

その箇所はこちら。

 

辛 緒方議員が、当時の安倍宣房副長官は、「一時帰国」した薫さんらを北朝鮮に戻すことに反対していなかった、と指摘したのに対して、安倍さんは、「私は、帰さないという判断をいたしました」「私か申し上げていることが真実であるということは、バッジをかけて申し上げます。私の言っていることが違っていたら私はやめますよ、国会議員をやめますよ」と反論した。

ところが、自民党の勝木勇人札幌市議会議員が自身のブログで、当時の安倍さんとのやりとりを次のように書いています(二〇〇三年一月三〇日付「安倍晋三官房副長官の話」)。

安倍晋三先生のレクチャーは、……拉致被害者の話になり、地村さんたちには、最初、「とにかく一度北朝鮮に戻って、子供を連れて帰国するべきだ」という話をしたそうです。しかし、地村さんたちは、この申し入れを断固拒否したそうです。「一度、戻ったら、二度と帰国はできない」ということだったそうです。

国会で首相が「議員をやめる」とまで言っているのに、身内から首相の嘘を明らかにする証言が出ていたのですから、お祖末な話です。首相の国会答弁のあと、このブログの記事が話題となると、この記事はすぐにネット上から削除されました。

拉致と日本人』 P11-12

勝木勇人札幌市議との話しを持ち出して、安倍総理は最初、北朝鮮に拉致被害者を帰すことを否定していなかった、だから安倍総理の「私は、帰さないという判断をいたしました」は嘘だとのことです。

いやいやいや。

最終的に”帰さない”と判断して他の小泉総理はじめ他の閣僚を説得したのは安倍総理ですよね?他の人たちは帰す気だったわけです。

「帰さないという”判断”をいたしました」は、何ら間違ってない。

あと辛淑玉氏は、勝木市議との対話内容を、都合よくネグっています。

全文はこれです。

「安倍晋三先生のレクチャーは、…興味深い話が盛りだくさんでした。…拉致被害者の話になり、(安倍晋三は)地村さんたちには、最初、『とにかく一度北朝鮮に戻って、子供を連れて帰国するべきだ』という話をしたそうです。しかし、地村さんたちは、この申し入れを断固拒否したそうです。『一度、戻ったら、二度と帰国はできない』ということだったそうです。

『私(安倍)他、政府の人間がたくさん同行すれば、変なことにはならないでしょう』と言うと、『みんなで一緒に行っても、突然銃をもった者が部屋に入って来て、我々を引き離そうとしたら、どうしますか? 安倍さんたちは、その場で何ができますか?自衛隊も一緒に行ってくれるなら話は別ですが』と言われ、結局、彼らの言うとおりにしたそうです

「議員バッジを賭ける」とタンカを切っていた安倍総理。勝木勇人・札幌市議のブログから削除された安倍晋三官房副長官の発言「とにかく一度北朝鮮に戻って、子供を連れて帰国するべきだ」――事実だとすれば「よく『議員をやめる』とまで言えたもんだ」~蓮池透氏に直撃取材

赤字の部分が辛淑玉さんがネグった箇所。

子供を連れ帰るために、「私(安倍)他、政府の人間がたくさん同行」すれば北朝鮮も無茶なことはしなでしょうと言っているわけです。つまり自分の身を危険にさらしてでも皆さんと子供を日本に連れ帰りますということです。

何が問題なのでしょう?立派だと思いますけど??

まぁ認識は激甘ですが、北の異常さを知らなければそう考えるのも無理はない。

相談した結果、「みんなで一緒に行っても、突然銃をもった者が部屋に入って来て、我々を引き離そうとしたら、どうしますか? 安倍さんたちは、その場で何ができますか?自衛隊も一緒に行ってくれるなら話は別ですが」と言われて考えを変えたわけです。

ごくごく当たり前の判断です。まったく問題ない。

むしろ朝日新聞はじめ、左派知識人たちが「北朝鮮との約束を守って一度帰すべきだ」と声をそろえて主張していたことの方がはるかに罪深いでしょう。

拉致被害者の声に耳を傾け考えを変え、小泉総理と外務省を拉致被害者を帰さないよう説得したのは間違いなく安倍総理です。

どうしてこういう嘘を平気で書き散らかすのか理解できない。

建設的な批判や意見を出すのではなく、とにかく安倍憎しで発言を切り取って「こいつはこう考えているに違いない」「こいつはこういう人間だ」という思想警察のごとき手法で延々と貶める。

こういうことをするからリベラルは嫌われるわけですよ。その人たちだけ嫌われるならともかく、まっとうな人権活動をしている人たちまで巻き込まれて評判を落とされてはたまったものではない。

原発でも沖縄でも同じです。

被害者をこん棒にして自分たちの政治闘争に平気で使う。だから被害者から嫌われる。

困った人たちです。本当に。

関連投稿: