北の工作ツールと化した済州4・3事件

もはや北朝鮮の工作ツールへと転落した済州4・3事件。関連団体が反米デモへと邁進しております。

星条旗を真っ二つに破ったチラシが凄い。

アメリカの同盟国であるはずの韓国で、韓国政府の税金をもらっている団体が反米活動。これだけ堂々とやるのなんて世界で韓国くらいでしょう。

 

かつては犠牲者の名誉回復や、無念の死を遂げた人たちを悼むための活動だったはずが、今では北朝鮮の出先機関と堕落し、本分から外れた言動と活動で染まってしまった感じです。

保守系の朝鮮日報で警戒感一色の記事が出ています。

【社説】利敵団体と反米デモを行う済州4・3記念事業委員会

軍や警察が多くの島民を虐殺した「済州4・3事件」70周年記念事業を担う市民団体の集まり「記念事業委員会」が7日午後、ソウル市鍾路区の駐韓米国大使館前で反米デモを行い、米朝平和協定締結や韓米合同軍事演習の永久停止などを要求すると発表した。同委員会には「全国民主労働組合総連盟(民労総)」など103の団体が含まれており、今年の政府予算30億ウォン(約3億円)を支援されている。同委員会が行う約40の今年の記念事業の1つが反米デモなのだ。同委員会の公式ホームページには引き裂かれた星条旗と共に「北朝鮮に対する敵対政策廃棄」「済州4・3虐殺の真犯人・米国は直ちに謝罪せよ」などのスローガンが掲げられている。7日の反米デモは同委員会のほかに30団体が参加するという。その中には大法院(最高裁判所に相当)で利敵団体と規定された「祖国統一汎民族連合(汎民連)南側本部」も含まれている。この団体はこれまで「連邦制統一」「国家保安法廃止」「在韓米軍撤退」などを主張してきたが、最近は「米朝同時核軍縮」「韓半島(朝鮮半島)全域非核化」なども訴えている。これらはすべて北朝鮮政権が主張しているものと同じ内容だ。

済州4・3事件が起きたのは米軍政時代だったため、「米国の見解表明が必要だ」という声はこれまでもあった。しかし、このように北朝鮮の対米非難と区別が付かないほどの内容で反米デモを繰り広げるようなことではない。4・3事件は南朝鮮労働党の武装暴動を韓国の軍警が鎮圧する際、民間人犠牲者が多数発生した事件だ。軍警の鎮圧が行き過ぎていたために発生した民間人の犠牲についてはいたわり・謝罪・補償が必要だ。だが、この事件を起こした南朝鮮労働党の主導勢力はその後、北朝鮮へ渡り、北朝鮮政権に参加して最高人民会議の代議員などになった。それにもかかわらず、4・3事件記念事業団体では反米デモを計画し、そのデモに利敵団体まで参加するのが、今の韓国社会の現実だ。これに問題提起すれば、政府は「古い理念の屈折した見方だ」と言うだろう。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/05/2018040500807.html

やっかいなのは「祖国統一汎民族連合(汎民連)南側本部」が混じっている点でしょう。裁判所で利敵団体認定されているのに、裁判所の判決無視して活動するとは恐れ入ります。

慰安婦問題といい、ベトナム戦争の虐殺問題といい、バックに北や中国がちらついている団体が多すぎる。

これだけ息の長い活動をやれているということは、中朝がバックにいるからでしょうね。

米韓分断と日韓分断は、中朝共通の戦略目標ですからね。

活動家たちは自分の善意に従って正義を執行している気分なんでしょうが、もはや済州四・三事件のような殺し合いが韓国で起きることはありえません。

不幸な過去を乗り越えて、発展した今の韓国があるのに古傷を延々えぐって憎悪を再生産し、拡散する。

静かに黙とうを捧げて、同じことを繰り返さないようにしましょう、で終わらせておけば健全な活動なのに、「北朝鮮に対する敵対政策廃棄」「済州4・3虐殺の真犯人・米国は直ちに謝罪せよ」とか言い出すからややこしくなる。

利敵団体認定された「祖国統一汎民族連合(汎民連)南側本部」も勝手にHP再開しているようです。さすが左派政権です。まぁ取り締まらない。

こういうのを放置するから、冒頭の拳振り上げて星条旗真っ二つにする画像をトップに掲げるHPが出来上がるわけですよ。(http://www.tongil-i.net/

HP開いたらいきなり正面にこの画像出てきて、どうやって消したらいいかわからなくて戸惑いました(笑)

板門店越えて、北へ行って韓国に統一詐欺と民族詐欺を拡散している団体です。この動画が笑えます。

北朝鮮側から戻るときに、北朝鮮の人たちとマンセー(万歳)連呼。

板門店の38度線を越えた瞬間・・・

待ってましたと拘束(笑)

 

寝転んで暴れる。

担がれて運ばれる。

こういう連中が、「祖国統一汎民族連合(汎民連)南側本部」の面々。

4月7日に米国大使館前でデモをやるそうです。

他にも人権掲げて反米・親北活動する市民団体が大集結する模様です。

「済州4・3事件」70周年記念事業委員会は7日午後3時、駐韓米国大使館前で「統一妨害・内政干渉・戦争脅威米国糾弾大会」に参加する。同委員会は集会後、米国大使館まで行進して、済州4・3事件について米国に謝罪を求める抗議書簡を渡す予定だ。同委員会のカン・ホジン執行委員長は「解放(日本による植民地支配からの解放=日本の終戦)直後、韓半島(朝鮮半島)38度線以南に存在した実質的な統治機関である米軍政が『4・3虐殺』の責任者だ。これについて謝罪し、真相究明に乗り出すことを促すよう書簡に書いた」と述べた。また、「米軍政は1948年の『4・3事件』発生直後、済州島におけるあらゆる鎮圧作戦を指揮・統率し、多くの民間人が犠牲になった焦土作戦で偵察機や武器などを積極的に支援した」と主張した。

同委員会は4・3事件70周年を迎えるにあたり、今年1年間行われる記念行事のため一時的に結成された。国内外のジャーナリストや一般人を対象にした「4・3遺跡平和紀行」「4・3前夜祭」「70周年記念音楽会」などを開催する予定だ。今年1年間続く同事業には国費・地方費を含め予算30億ウォンが支援されている。同委員会には「全国民主労働組合総連盟(民労総)済州本部」「済州4・3犠牲者遺族会」「済州韓国民族芸術人総連合(民芸総)」「済州参与環境連帯」「済州住民自治連帯」など、済州島内の103団体が参加している。名誉委員長は元喜竜(ウォン・ヒリョン)済州特別自治道知事とコ・チュンホン済州道議会議長だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/04/05/2018040500806.html

こういう団体を支援もしないが”取り締まりもしない”という対応で、無言の容認を与え、これを民意として文政権は重視し、「民意には逆らえません」という言い訳で在韓米軍撤退や、合同訓練の縮小等々を推進することでしょう。

別に文在寅大統領が心の中では北朝鮮に忠誠を誓っているに違いない!なんていう思想警察をするつもりもないですし、そうだとは思ってませんが支持基盤が反米・親北団体である限り、どうしようもない。

選挙に勝ててこそ政治家ですから、この危険な市民団体の主張を忖度する以外ない。そこが韓国左派政党の危険なところです。

慰安婦問題や済州四・三事件のような人権問題に積極的に活動するわりには、北朝鮮の人権問題には沈黙して、平和定着と共存共栄が大事だと言い出す。

こういう二重基準はいい加減やめるべきでしょうね。韓国にとって良いことはありません。