こうすれば韓国の”平和攻勢”がうまくいく

あまり文政権批判ばかりしていてもしょうがないので、韓国版”平和攻勢”がうまくいくための条件を考えてみます。

フォローするわけではいですが、韓国左派は左派なりの論理で北朝鮮と戦っています。(ただ、そんなもんは北も重々承知してるので、うまくいかないと思ってますが…)

仮に、韓国左派のやり方で北朝鮮の変化を促させれるとすればどういうものがあるか考えてみたいと思います。

1.北朝鮮で韓国テレビの視聴を解禁させる

これができれば非常に大きい。韓国側でも総連機関紙「朝鮮新報」の閲覧を禁止してたりしますが、そういう制限を解禁し、”相互主義”で北朝鮮側にも韓国コンテンツの解禁を交渉条件として取り上げる。

平和交流なんですから、当然この条件は飲ませるべきでしょう。

韓国コンテンツを見たら思想教化を受けたり、収容所送りにされるようでは南北融和など夢のまた夢です。

そういう論理で北朝鮮を説得すべきだと思います。

そして、解禁されたことをちゃんと労働新聞や北朝鮮メディアを通して告知させる。

北朝鮮の変化を促すのであればこれくらいは当然やるべきです。

2.”北朝鮮から”韓国への交換留学や修学旅行を増やす

南北交流を増やすのであれば、”北朝鮮から”のものを増やすべきです。それも平壌以外の一般住民の交流が重要です。

帰還事業もそうですが、いつも”北朝鮮へ”行く一方通行の交流が多い。これを積極的に是正しないと、北朝鮮内部からの変化は促せません。

スポーツや学術研究など、非政治的な交流を増やすのであれば、”北朝鮮当局が選ぶ団体”がせっせと平壌に通うのを増やしても意味がありません。

やるべきは、平壌以外の地域からも網羅的に子供が韓国へ修学旅行へ来たり、韓国の大学へ留学しに来たりする交流を増やすべきです。

そのための費用なら韓国が負担するのもアリでしょう。メリットは大きいです。

3.北朝鮮住民に対する観光事業を行う

文政権は金剛山観光事業の再開を掲げていますが、無意味です。

金剛山観光事業も出だしは好調でしたがあっという間に観光客が急減して、補助金を出して学生の団体客を送らなければいけない羽目になっていました。

どうせ税金を使うなら、北朝鮮学生に補助金を出して韓国を無料で観光できるようにした方がはるかに有意義です。

北朝鮮の学生も発展した韓国の姿を見て自国の姿をおかしいと感じるはずです。

補助金も韓国国内で消費されますから経済的にも金剛山観光よりはるかにマシです。

そしてこれも相互主義を掲げて推進すべきです。

北朝鮮は自分が選んだ人間や団体を入国されせています。

韓国もそうすべきです。

平壌の特権階級ではなく、地方都市の一般住民。脱北者の家族。38度線付近の町の住民。こちらから選んでお金を出し、韓国に観光しに来てもらいましょう。

もちろん監視員はなしです。韓国は、韓国からの観光客に監視員などつけません。相互主義でやるべきです。

仮に交流を名目に北朝鮮へ観光へ行くのであれば、北朝鮮側に金を出してもらいましょう。

なぜなら韓国へ観光に来る場合は韓国が金を出すからです。

大事なのは”相互主義”です。

4.38度線DMZで青空市場を複数個所開設する

中朝国境ではどんどん行き来して密貿易をしているのに、同じ民族であるはずの韓国とはほぼ完ぺきに38度線で閉鎖されています。

これもおかしな話でしょう。

陸続きですぐ隣にある韓国へ脱北するのに、中国縦断して東南アジア諸国を経由してタイから飛行機で韓国へ移動する。とんでもない遠回りです。

脱北を誘発させる気だとは悟られないよう、38度線沿いに開かれた自由市場を10箇所くらい開設するよう交渉すべきです。本気で統一を願うなら、強く要求すべきでしょう。

誰でも来れて自由に取引できる形態にすることが大事です。北朝鮮の当局が選んだ人間だけ取引できるような形態ではいけません。

麻薬が流入したりする可能性もあるでしょうが、そこはある程度覚悟して進めるしかないでしょう。

ほぼ完ぺきな断絶状態である非武装地帯が、中朝国境並みに開かれれば統一も目前です。

 

以上、今の韓国左派の論理で実行可能なことはこんなところでしょうか。4番目はかなり敷居が高いでしょうが、積極的に推進してほしい案件です。

他にもあげればキリがありませんが、とにかく閉鎖性を崩すことが大事です。

いつも一方的に北朝鮮側の要求を聞くパターンからは脱するべきでしょう。

どうせ北朝鮮に収容所や連座制、脱北者問題(例えば脱北者の”真の”自由往来)などを求めても無理でしょうから、上述したような表看板が”平和的な交流の促進”と言えるもので韓国版”平和攻勢”を仕掛けるべきだと思います。

これを断るようでは、北朝鮮が普通の国になる気はないと思うべきですし、これらの条件を飲むまでは経済制裁は継続すべきです。

なんなら人道支援との交換条件にしても良いかもしれません。

とにかく北朝鮮から人を出すことが大事です。それも当局が選んだ人間ではなく、一般住民が監視されることなく自由に出れるようにすることが大事です。

平和交流という名目で、北朝鮮国外から、平壌という大きなプロパガンダ劇場にいくら通っても意味がありません。

むしろ「北朝鮮住民も普通に生きている」とまんまと騙されて北朝鮮を見る目が曇りまくるだけでしょう。

文在寅政権にはぜひ南北交渉でこういった内容の条件交渉をしてほしいと思います。もしこれが実現できれば、文在寅大統領は韓半島の平和統一へ向けた歴史的な偉業を成し遂げた大統領として歴史に記録されるでしょう。