韓国教科書左傾化分析 南北分断はアメリカのせいと言い切った!!

 朝鮮学校もとい、チュチェ学校の教科書を読み込み、そこに込められているイデオロギーや、どういう思考回路を形成させることを狙っているのか、それが分かるようになりました。まとめまるとこうです。

<日本の朝鮮学校 歴史教科書イデオロギー>

  • チュチェ人を朝鮮人と誤認識させ、チュチェ人と同胞意識を育てる(オレオレ詐欺など目じゃない、民族民族詐欺)
  • 日本の植民地支配は、針小棒大にこれでもかと教え込む(それでもチュチェ人の朝鮮人弾圧よりマシなのが驚く)
  • 欧米や日本の列強諸国に立ち向かった我らが偉大なパルチザンを尊敬する
  • 市民は偉い
  • 軍隊は悪いやつ
  • 日本はもっと悪いやつ
  • 朴正煕大統領は軍国主義の悪いやつ
  • アメリカは悪の総元締め
  • 資本主義は、帝国主義で、植民地支配だから、悪い
  • 暴君国(中国、北朝鮮)の昔から連綿と続いていて、今もやってる悪逆非道は華麗にスルー
  • 金日成主席様と金正日将軍様は、在日を常に配慮してくださる、感謝しよう
  • 在日の純粋な愛国心を利用して踏みにじったことは、全部日本政府に責任転嫁

 この辺が、朝鮮学校もといチュチェ学校の歴史教育での狙いです。金一族賛美以外は日本の平和を愛するリベラルたちとほぼ一緒と言って良いでしょう。

 さて、日本語に翻訳されて出版されている韓国の教科書を読んだところ、韓国教育界への暴君国(北朝鮮と中国)の浸透具合に唖然とせざる得ません。日本の朝鮮学校の教科書を読んだからこそ、韓国の教科書が改訂のたびどこに向かっているのかが、分かるような気がします。

 韓国の『高等学校韓国史』(三和出版社、2011)の翻訳だそうです。あとがきでの無視できない記述を引用します。

「本書(のもとになった「韓国史」教科書)を選び、翻訳したのは、6社の「韓国史」教科書の中で、唯一現場の教師たちが執筆したものであったからである。もちろん歴史研究者とも連携をとりながら、現場の教師が執筆することには大いに意味がある。子どもたちの認識や発想をよく理解し、日頃の授業で子どもたちと取り組みながら、その歴史認識を鍛えているのは現場の歴史教師である。」 P404

 何が問題なのか?そう思われるでしょう。現場の教師というのがいったいいかなる人間かに注目する必要があります。韓国の先生達の教職員組合である「全国教職員労働組合」(全教組)の結成宣言文を紹介します。1989年の結成当時は非合法でしたが、1999年、太陽政策など親北朝鮮政策をとった、金大中時代に合法的な労働組合になります。

※『韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態』から引用します。


(前略)
 現在、我々の教育の現実は矛盾そのものだ。日帝強占期の民族教育が、民族の解放と祖国の独立労働者を育てるという課題を担当したように、今日の我々の教育は、数十年の軍事独裁を清算し、民主化を遂げ、分断された祖国の統一を早める指導者を育てるという、民族史に残る偉業を成し遂げなければならない。
(中略)
同志よ! 共に立ち上がった同志よ! 我々の愛おしい弟子の明るい笑顔のため、固く団結して戦っていこう。
教育の民主化と私学民主、そして統一のその日まで、同志よ!
全教組の旗の下に手を取り合って進もう! 民族教育万歳! 民主教育万歳!
人間化教育万歳! 全国教職員労働組合万々歳!


 同志連呼です。これが現場の教師の組合、全教組のイデオロギーです。同志など共産主義用語ですよ?危険な香りがプンプンします。こんな方々が書いた歴史教科書です。具体的に取り上げて指摘しましょう。まず、表紙が非常に危険ですね。いきなり出だしからアウトです。

 え?どこが??と思われたかもしれません。ですが、下の画像にどう子供達を誘導したいのかが表れています。

 38度線の境界上に、米兵と韓国の家族です。つまり、分断はアメリカのせいだ、と言わんばかりです。何を言ってるんだ、考えすぎだ!!と思われるかもしれませんが、在日同胞数万人を虐殺した暴君を愛する歴史教育をする、朝鮮学校、もといチュチェ学校の教科書を読んだからこそ、ピンと来るのです。さらに教科書の中身でこの写真が使われている場所の文章もまた、分断はアメリカのせいだと子供達に教えています。

「しかし光復の喜びはつかの間だった。アメリカはソ連に日本軍の武装解除のための韓半島分割占領を提案し、ソ連はこれを受け入れた。両国は北緯38度線を境界に、南北に分けて占領した。これにより韓半島の将来はアメリカとソ連の影響を大きく受けることになった。」 P302

 マジか、こいつら、、、と思わざる得ません。アメリカがソ連に分割占領を提案した、と書いています。つまり、南北分割はアメリカのせい、と言っています。完全にチュチェ国の主張そのものです。またこの悲し気な家族の写真が、アメリカ憎しの印象操作をしたいとしか思えません。写真が加工されているのも気になるところです。なぜこんなギザギザに背景を白く塗りつぶしているのか、、、。オリジナルを見てみたいですね。非常に気になります。

 他にもこれはチュチェ学校そのものだなぁ~、と思った部分を引用しましょう。

アメリカ軍政は混乱防止のため現状を維持する政策をとった。朝鮮総督府の体制をそのまま維持し、日帝強占期の役人や警察をそのまま勤務させた。そしてアメリカに友好的な政府を樹立するため、 韓国民主党を中心とする国内右翼勢力を支援した。」 P304

 これです、これ。日本を悪魔化した後に、それをアメリカにつなげていくわけです。実に見事です。それに結託したのは「国内の右翼」とレッテルを張っています。ちなみに、この「アメリカ軍政」を「米帝」に、「アメリカに友好的な政府を樹立」を「傀儡政権の樹立」に変えれば、日本の朝鮮学校の教科書にそのまま使える記述です。日韓中の教科書の会議で「反日」の記述を問題にして口論になるとか聞きますが、はっきり言ってそれは重要ではありません。反日を橋頭保にして、チュチェ人が韓国国民をチュチェ民族化する内容に近づけていっていることが一番の問題です。

 私なら、上記の写真のバックに、大きく引き伸ばした金日成と毛沢東とスターリンの写真を入れて掲載します。おどろおどろしい感じで写真を作るでしょう。その方が実態に合っているはずです。恐ろしい印象操作を教科書でしています。南北分断はアメリカのせいだー!だから米軍は帰れー!右翼は悪い奴だー!そいつらの言うことは無視しろー!そして統一だー!という世論を作りたいとしか思えません。チュチェ学校の教科書も主張はまったく同じです。ここまで来たか!!と驚かされます。

 韓国で親日派清算がネットで盛大に書き込まれています。きっと工作員か、チュチェ洗脳教育が成功してしまったおバカさんたちでしょう。教科書もネットに負けていません。

「親日行為、きちんと清算できない」(P312)という段落がやばいです。主張が悪意に満ち満ちています。

  • アメリカが親日派の警察や官僚をそのまま使った。
  • 民衆は親日派処断を要求した。
  • だから親日行為処罰の根拠を憲法に入れることができた。
  • 政府の樹立後「反民族行為処罰法」を制定し、「反民族行為特別調査委員会」を設置して取り締まり開始。
  • 李承晩政府は親日派の処罰に消極的。
  • 活動が展開されると李承晩政府は、委員会の活動を非難し、警察が襲撃して職員を連行したりした。
  • 範囲を狭め、期間を短縮して1年で解体。
  • 反民特委は700件あまりを調査したが、調査された人のほとんどは解放され、特別裁判にかけられても執行猶予で釈放。
  • 実際に処罰を受けた人はほとんどいない。

 これが、こういうことをしてはいけない、という事例ではなく、無念極まりない、という印象を抱くような書き方をしています。これが実行されてなかったからダメなんだ。さぁ今こそ親日派清算をやろうじゃないか!という従北左派団体が韓国で大変活発に活動しておられます。戦争が終わった後に、こういう魔女狩りのような裁判をして国内を分断してはいけない、という歴史教育をした方が建設的だと思えますが、そうしないようです。

 日本も明治維新の近代化の過程で、西南戦争などで国を二分する争いをしましたが、敗軍の将である榎本武揚など、2年の投獄のあと国政に戻り、対露全権大使や、様々な大臣など歴任しています。罰を受ければ罪はチャラにする。能力があれば、しかるべき地位で仕事をしてもらう。その方が国が発展する。これこそが教訓として学ぶべき歴史の事例でしょう。

 親日派は悪い。それを擁護するアメリカは悪い。李承晩も悪い。右翼も悪い。親日派清算を要求した民衆は偉い。それができなかった。無念だ!今からでもやろう!!

 そういう超短絡的な思考回路を子供の脳に刻み付けたいとしか思えない書き方をしている教科書です。

 今までいた経験豊かな日帝時代の官僚たちと、外で独立運動をして粋がっていただけの前時代的なダメダメ人間たちの実態を紹介しましょう。
日本帝国と大韓民国に仕えた官僚の回想 (ちくま文庫)』任文桓著から引用します。

行政研究班の目に映った臨時政府の閣員達は、一致団結せず、各自別々に自分の進路を開拓しているもののようであった。建国路線についても右寄りと左寄りの差があり、これが行動統一の邪魔をしているようであった。いずれにせよ、この状態では十分な政治力を発揮することは不可能のように思われた。それに行政研究班員達を痛く悲しませたのは、申氏と自分達との間に厳存する断絶感であった。申氏は青年時代に東京に留学した開化人であり、臨時政府要人中では最も秀でた文化人でもあった。にもかかわらずこれから二年半後に憲法を制定するとき、「大統領の官印を誰が保管するかを憲法の条文に入れろ」と言い張って、バウトクら専門委員を弱らせたことがあった。これは李承晩が大統領となり組闍をするに際し て、「国務総理よりも財務部長官がもっと重要である」と演説したのと軌を同じくする。思うにこれは、臨時政府を組織して海外を旅していたとき、官印と金を保管していた人が最も権力を振るい、独断で任命状に捺印交付して人を買い、独断で金を支出して人を買った体験 に基づくものであったろう。これはまさに李朝末期を連想させる政治のやり方であり、国内の韓国人は三六年間日本人に圧迫されながらも、日本人のやり方に慣れて、こんな愚昧な領域からは、とうの昔に脱却していたのだ。李承晩氏政権一〇年の間に、こうした断絶が引き起こした欠損は、計算しきれないほど大量であったし、この巨木の政治末路を哀れにしたのも、国民の思考水準を余りにも低く見積もった錯覚に基因したと言えよう。」 P319

 日本で近代国家の運営になれていた親日派の官僚におとなしく任せておけばよいものを、30年前に国を出て、ずーっと独立運動していただけで、何ら近代国家の国家経営の経験がない者が、横から口をはさんで足を引っ張り、独立当初の政府の立ち上げを邪魔したわけです。これこそ歴史の教科書で教えなければならないでしょう。

 親日派清算など、そんな古い中華的な、死者に鞭打つという格言のような復讐裁判をやってはいけない。日帝時代は、日本政府に従う以外に道はないのだから、過去は水に流し、能力のあるものはどんどん起用すべきだった。

 このように歴史の教訓から学び、同じ過ちを繰り返さないよう子供達に教えた方が賢い大人に育つと思います。

 独立後に主人面で韓国に帰ってきた連中など、外で武装ゲリラ活動を行い、奪って殺す以外何もしてこなかった連中なわけです。はっきり言って、半分犯罪者みたいなものです。私は、一生懸命勉強し、官僚機構を学び、法を学び、経済を学び、そうやって日本の官僚組織でしっかり仕事をして、韓国の発展に力を尽くした人だって、十二分に尊敬に値する誇るべきご先祖様だと、そう思います。

 外からきた元パルチザングループが、今度は俺の時代だと親日派清算を憲法に入れるような、野蛮人としか思えないことをして、韓国のスムーズな発展を阻害したわけです。

 この日本で翻訳されている韓国の歴史教科書では、外で武装ゲリラ活動してた連中を大変ほめあげております。彼らこそ我が民族の英雄である!!そう教えています。金日成の名前は出てませんが、そのうち金日成もパルチザンの英雄じゃないか!我らが同胞の英雄だ!!そうだそうだ!その通りだ!!よし、統一しよう!!と思想誘導したいとしか思えないくらいです。一生懸命勉学に励み、経済を発展させ、法を守って真面目に働いていた人達は、親日派の裏切者と虐げられる教育をしています。自分たちのご先祖様を踏みつけにするような教育をして、いったいどうするのでしょう?

 まだまだ、こういうことを教えた方がいいでしょう?という箇所を『日本帝国と大韓民国に仕えた官僚の回想 (ちくま文庫)』から引用します。

「この年(中略)李承晩氏を大統領に選出した。李大統領はただちに組閣に着手し、(中略)驚いたことには、李大統領は総理としてその名をあまり知られていない李允栄氏を指名したうえ、国会における承認要求演説の中で次のような内容を説いた。自分が去ったあとの国会は申翼煕氏に委ねれば足るべく、同志であり人格の高潔な金性沫氏には、 国務総理よりももっと重要な任務を任せる積りだとはっきり言ったのだ。
憲法と政府組織法をいくらめくってみても、大統領が左右できる官職には総理以上のものは見当たらないので、世間は驚きあきれた。
(中略)
李大統領は金性沫氏に [総理以上の重要な地位]として、財務部長就任を交渉した。金氏は一笑してこれを断わり、 韓民党幹部金度演氏が金氏の身代りとして、その重要地位に坐った。バウトクら、国内にあって日本人に学んで、日本人と勝負を挑んで来た若い世代の曲芸師達の価値観から見れば、これは漫談の一コマにも当たらないものであった。彼等から見れば、今の韓国でなら誰が財務に坐っても、旧韓末にあったように造幣局から勝手に紙幣を持ち出したり、海外革命資金で起こったように勝手に公金を持ち逃げることはあり得ないと確信するのが常識であった。日本人は三六年間にわたり、確かにこの程度のことは身をもって範を示したあとでこの地を去った。国内にいて苦労した金性洙氏の常識もこうであったからこそ、一笑してその大層な地位を断わったのだろう。」 『日本帝国と大韓民国に仕えた官僚の回想』P328

 ザ・化石!です。完全に老害としか言えないですね。中華の官僚のようです。金を握っている奴が一番偉い!という感覚です。こういう外から帰ってきた国家運営能力0の人達に建国作業の足が引っ張られてしまったわけです。親日派などと言って祖国のプラスにならない魔女狩りを行ってしまった。このことをこそ歴史の教訓にすべきでしょう。それを韓国の教科書では「親日派=悪」というレッテル張りで教育しています。バカな大人に育ってしまうこと請け合いです。

 さらには朝鮮学校、もといチュチェ学校とまったく価値観が一緒の教科書の内容です。こういう単純思考で物事を考えてしまうと、拷問、強制堕胎、嬰児殺し、餓死、囚人レイプ、暴力、こういうことを国家が主導してやっているチュチェ国と、なぜか日本憎しで一致団結して味方だと勘違いしてしまう可能性が大です。日本のチュチェ系在日とも大変仲良くなることでしょう。非常に危険な教科書であると言わざるえません。

 これを義務教育で使う。学校での採用率はどのくらいでしょうか?おそろしいですね、、、。韓国は、保守支持が老人層、左派政党支持は若者というように真っ二つに割れているそうです。この教科書が原因でしょう。これでは無限の補給線を持つ敵と戦っているようなものです。この教科書をなんとかしなければ、いつか韓国がチュチェ化してしまうでしょう。今その分水嶺だと思っています。朴槿恵政権の間に、ちょっとでも押し返さないと、韓国5000万人が、赤い暴君国家側に引きずり込まれてしまう危険があります。

 日本のリベラルはその手助けをしていることに気づいていません。日韓友好のために頑張っているとさえ思っている。本当に腹立たしい連中です。

コメントを残す