北の韓国乗っ取り工作3ステップ いよいよ最終段階に突入

あれだけ北がバンバンミサイル発射して、核実験までやっているのに文在寅の従北路線はとどまることを知りません。

そうそう無茶なことはできないだろうと思ってましたが、文在寅ナメてました。

凄いは、この人。

北朝鮮というより、オーソドックスな乗っ取り・瓦解工作の基本的なステップがあります。

韓国は最終段階に突入している模様。

 

第一ステップ: メディアと教育

乗っ取り・瓦解工作で、まず真っ先に狙われるのは「メディアと教育」です。

教育は、80年代から本格化した民主化運動で徐々に左傾化して、金大中・廬武鉉でほぼ完成。

何がやばいって義務教育の教科書がやばい。

韓国の教科書から北朝鮮の凄まじい人権蹂躙の実態は消える。

韓国に対する数々のテロ行為も消える。

そんでもって金大中・廬武鉉の対北融和の肯定的にこれでもかと猛プッシュ。

北朝鮮の突然の侵略から韓国を守った李承晩や、どん底の経済状態から韓国躍進の基礎を気づいた朴正熙。この時代はすべて軍事独裁の暗黒時代として徹底して否定。

独立運動はすんごい美化されて、周り回って金日成も民族の英雄だろ?と言い出しかねない状態。

メディアもこういう教育を擁護。

 

第二ステップ: 内務と法務(=警察と司法)

どう考えても大統領弾劾するほどのこととは思えない理由で朴槿恵大統領が辞めさせられる。メディアで騒いだタブレットも捏造臭全開。結局検察も証拠としてタブレットは提出せず。

フェイクニュースを垂れ流して、国民を扇動するメディア。

国民世論に流されて判決を下す裁判官。

これらも第一段階の乗っ取りが完了しているからこそできる芸当です。

日韓慰安婦合意も守らないし、ウィーン条約違反の像を撤去するどころか一生懸命増やす。

仏像も返さない。

文在寅は統合進歩党解散判決に唯一反対した金二洙憲法裁判官を憲法裁判所の所長に指名する始末。国会本会議で否決されたが、これからも隙あらばこういう従北さんたちを法曹界の上層部に送り込もうとするのは間違いない。

 

第三ステップ: 軍隊と諜報

乗っ取りの前に始まるのが、瓦解工作。弱体化して、工作をしやすくする。

諜報の瓦解ネタは、「国家保安法撤廃」。

狙うは防諜体制の瓦解。

軍事独裁時代に、スパイ容疑をかけられて警察にボッコボコにされた人たちを使って、国家保安法=悪法という印象操作で、内容ではなく情緒で判断を狂わせる。

そりゃ拷問や暴力はやめた方がいいが、だからといってスパイを放置していいわけがない。

が、そんな冷静な会話を成立させないようにメディアが扇動しまくる。ハンギョレなんてその筆頭。

防諜体制が骨抜きにされて、北の工作員が韓国内で好き勝手工作しまくり、反米・反日を強め、親北へと世論を誘導。せっせと韓米分断、日韓分断を仕掛け続ける。

軍隊の瓦解ネタは、韓米を分断を狙う「戦時作戦統制権返還」。

自分たちの国を守る軍隊を、自分たちで統制するのは当然じゃないか!俺たちは米国の奴隷じゃない!!と、情緒に訴えて扇動するのが鉄板の手法。

この辺は日本で米軍基地反対運動をやっている日本の左翼と同じ手法。

戦時作戦統制権返還⇒在韓米軍撤退⇒韓米同盟破棄。

ここまでいったら瓦解工作は大成功で、あとはほっておいても従北教育と従北扇動メディアが育てた人間が軍隊へ続々と入って来る。

軍隊と諜報が乗っ取られたらお終い。

めでたく乗っ取り完了です。

現在の進捗は、
1.メディアと教育 = ◎
2.内務と法務 = 〇
3.諜報と軍隊 = △
と言ったところでしょうか?

最後のステップ3ですが、文在寅政権下で絶賛瓦解中です。

韓国は支持率低下という民意を示さないとどんどん赤化統一という可能性が高くなることになります。早めに方向転換してほしいですね。。。

韓国なんてほっとけ!という人たちがいますが、もし完全に北側についたら拉致被害者は帰ってこないと思った方がいい。

北が返すメリットなんてもはやないですし、攻撃しようにも韓国が邪魔して、そこに中国とロシアも入って来る。

日米がいくら頑張っても無理でしょう。

拉致被害者を本当に取り返したいと思うなら、韓国の赤化阻止は日本の必達目標です。

嫌韓保守が周り回って従北的なのはそういうことが分かってないから。早くそのことに気づいてほしいものです。