韓国のやっかいな左派政党

KOREA TODAY 2014/4月号

 韓国のやっかいな左派政党についての記事を紹介します。

P42 「韓国の社説」、「哨戒艦爆沈の遺族を4年間苦しめた野党の詭弁」より

  1. 左派系野党/統合進歩党の李正姫代表が、「北朝鮮は犠牲者に弔意を表明すべし」と提言
  2. 北朝鮮に「哨戒艦への攻撃を認めよ」と言っているように聞こえるが、実際は誰の仕業で撃沈され、46人の犠牲者が出たかは一言も言及していない。
  3. つまり、北朝鮮が第三者の立場で「冥福を祈る」と言えばOKと言っている。
  4. そう表明すれば、韓国政府は北朝鮮に大して行っている制裁措置を解除せよ、という意味。
  5. 統合進歩党は哨戒艦撃沈について、これまで一度も北朝鮮の責任を認めたことはない。
  6. 同党は「事故により運命が分かれた将兵たち」という言葉を使った。
  7. 同党は、2010年11月、北朝鮮が延坪島を砲撃した直後にも「南北関係を悪化させた結果について、政府はしっかりと直視しなければならない」とのコメントを発表。
  8. 同党は、今回も「爆沈」「砲撃」「攻撃を受けた」などの表現は使わず、全てに交通事故と同じ次元の「事件」という言葉を使った。(3月25日の朝鮮日報)

 すごいですね、韓国の左派政党は日本の左派政党と同じです。特に7とか一緒ですね。中国や北朝鮮が日本にいろんなちょっかいをかけて関係を悪化させているのに、日本政府の責任のように言う日本の野党とまったく同じです。よく平和を愛するリベラルたちは対話対話と言いますが、中国での人権派弁護士が意味もなく牢屋に入れられ、あまつさえ拷問を受けていること、北朝鮮で独裁者を否定する言動があったというだけで強制収容所に送られ、暴力と恐怖と飢えで獣にさせられていること、その無視できない事実を無視できるのでしょうか?対話というなら、そのことについて対話していくべきでしょう。ぜひとも高政美代表が味わった拷問を受けてみてもらいたいものです。

 この政党はめでたく強制解散させられたそうです。日本で朴大統領を批判する論調もありますが、私はギリギリの戦いを戦ってらっしゃると評価してます。韓国で政治家になるということは、日本に大してあのくらい言わないとダメなんですよ。じゃないとあっと言う間に失脚します。親日派のレッテルを張られる=政治家やめます、となるくらいまで反日が成長しているわけです。韓国の政治を評価する上で、反日はどうでもいいです。この反日世論に隠れて敵は韓国内で暗躍しています。日本はいちいちムキーッと怒ることを辞めた方がいいでしょう。それよりも従北勢力とちゃんと戦っているかどうかが韓国政治のもっとも大事な評価ポイントだと私は思います。

コメントを残す