『「労働新聞」 深刻な人権問題は西側諸国にある』 今日も北朝鮮は定常運転です

「労働新聞」 深刻な人権問題は西側諸国にある

【平壌11月15日発朝鮮中央通信】

15日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、西側勢力が虚偽とねつ造で一貫した人権関連文書をつくり上げてあちこちに流し、ありもしない朝鮮の「人権問題」を国際化、政治化しようと騒ぎ立てていると糾弾した。

同紙は、深刻な人権問題は西側諸国にあるとし、それについて資料を挙げて暴露し、次のように指摘した。

資本主義の「モデル」という米国だけを見ても失業者がうようよし、屋外で夜を明かす人々がとても多い。

米国では、殺人、強奪のような各種の凶悪犯罪が横行している。

教育、法的保護、選挙などで有色人種および少数民族の権利が乱暴に侵害されている。

折に触れ、「法治国家」「先進国家」とよく誇る日本や人権保障の「モデル」にでもなるかのように振る舞って他国をけなす欧州諸国の実態も同じである。

日本では子ども虐待が普遍的なことになっており、子どもを相手にしたわいせつ犯罪が引き続き増えている。

社会の保護を受けるべき女性と子ども、高齢者、障害者が社会から見捨てられていること、これがまさに日本の惨憺(さんたん)たる現実である。

欧州諸国の人権実態も劣悪極まりない。

同紙は、米国と日本をはじめとする西側諸国はねつ造された資料を持って他国を謀略にかけて害するために熱を上げるのではなく、自国内の人権のあらから正すために努める方がよかろうと忠告した。---

北朝鮮は今日も元気に「人のことを言う前に自分のことをやれ!」と他者を批判することに熱心です。

 

米国に対しては「失業者がうようよいて屋外で夜を明かしている」「殺人、強奪のような各種の凶悪犯罪が横行している」「教育、法的保護、選挙などで有色人種および少数民族の権利が乱暴に侵害されている」とせっせと批判。

日本に対しては「子ども虐待が普遍的なことになっており、子どもを相手にしたわいせつ犯罪が引き続き増えている」「社会の保護を受けるべき女性と子ども、高齢者、障害者が社会から見捨てられている」とひたすら日本ヘイトを行う。

だから何だというのか?

ぐだぐだ言ってないで、政治犯収容閉鎖し、連座制と密告制を廃止し、公開銃殺を禁止しろとしか言いようがない。

こういう姿勢を見る限り、改善する気はなさそうですね。

日本や米国、韓国が国連から人権問題で批判されたときに、もしこの手の反論をしたら「恥を知れ!」とギャーギャー批判するはずのリベラルたちが、北朝鮮にはスルーですよ。

まぁ、言ったところで馬耳東風だから疲れるだけだと思っているんでしょうけども。

あきらめや無視ならまだマシで、北朝鮮の言い分に理解を示して米国の敵視政策が問題だかとか言い出す連中にはあきれかえります。

国際社会の一員として迎えられたいなら、こういうあからさまな大嘘をやめるべきでしょう。

核と人権問題と合わせて、こういう報道姿勢にいちいち文句をつけて改めさせるようにすることも大事じゃないかと思えます。