韓国軍レーダー照射問題 どうやら韓国側が苦しい嘘をついている可能性大

韓国側の言い分について、番組で佐藤正久外務副大臣が的確に反論していました。

「説明が二転三転してますね。レーダー照射していないというのが韓国軍の主張ですが、自衛隊は(照射された)データを持っている」と一刀両断。

射撃管制用レーダーは指向性があり、一定時間受けたということは追尾したということ。そういうデータもあるわけですね。

もはや意図的に攻撃前のロックオンレーダーを浴びせ続けたとしか思えない状況です。

一連の経緯はこちら。

韓国国防省が「北朝鮮船舶の捜索中に射撃管制用レーダーを含む全レーダーを総動員した」「日本の哨戒機を追跡する目的ではなった」「哨戒機に対して射撃管制用レーダーは照射していない、哨戒機が駆逐艦上空に異常接近したのでカメラで撮影しただけ」と言っていますが、この主張が嘘くさくなりました。

日本側はデータとして、「指向性のある射撃管制用レーダーを一定期間受け続けた」証拠があるわけです。

この嘘は致命的ですよね。

事実を認めて、暴走した現場の関係者を処分し、なぜそのような事態が発生したか調査して再発防止策を講じ、どうもすみませんでしたと謝る。素直に謝罪すれば済む話なのに、謝りたくないから苦しい嘘をついて事態を悪化させているわけです。

日本側は相当自信がありそうですから、ほぼ日本側の言い分が真実で間違いないでしょう。

ほんと最悪ですね。

まさかそこまで狂ってないだろうと思っていましたが、どうやら現場の反日馬鹿がやらかしたようです。

韓国メディアは日本側がこの件を大きくして、韓国を追い詰めようとしている!的な報道をしていますが、ふざけんなとしか言いようがありません。

攻撃一歩手前のロックオンをされて、穏やかでいられたらそんな軍隊は軍隊失格です。

当然、どういうつもりだと厳しく問いただすべきでしょう。

日本が逆に韓国哨戒機に対してそんなことをしたら、綿密に調査した上で、関係者を厳重に処罰し、再発防止策を検討して平謝りします。

それでこそ信頼される国際社会の一員としての正しい行動でしょう。

それをやらない、やれない今の韓国文政権。

どうしようもないな、ほんとに。

北朝鮮船舶の瀬取りを守るために、日本の偵察行動を邪魔したのかと勘繰りたくなりますね。

他にも無線での呼びかけで「コリアコースト(韓国海洋警察)」と聞こえたので自分たちじゃないと思って無視したと韓国側は言っています。

が、日本側は「コリアコースト(韓国海洋警察)」という単語は使っておらず「コリアサウスネイバーシップ(韓国海軍艦艇)」と呼びかけたとのことです。

これはきっと録音データもあるでしょうから、また一つ嘘が積み重なります。

韓国側も無線を受信した録音データがあるはずです。韓国側の言い分が正しいのであれば、雑音だらけの「コリアコースト(韓国海洋警察)」と辛うじて聞き取れる録音データがあるはずです。

もし「存在しない(=削除したんじゃないの?)」となると韓国側の言い分が、超うさん臭くなります。

韓国側が譲らないのであれば、お互い色んなデータを出し合って確認しようじゃないかとなるでしょう。

可能性は低いでしょうが、本当に機器の不備という可能性もありますからぜひやるべきです。

番組で、この事件についてアナウンサーが、「これだけの証拠があるのになぜ韓国側は事実を二転三転してくるのか?」という質問を武藤元韓国大使に問いかけました。

この回答が笑えます。

武藤氏いわく「今の左翼政権は全ての事実を自分の都合の良いように捻じ曲げてきた。今回もそれと同じようにやろうという体質なんだと思います」とのこと。

嘘つきだから嘘で誤魔化そうとしてる。

容赦ないな~(笑)

事実なだけに笑うしかない。

日本に対してだけでなく韓国国内でもやってますからね。

もうどうしようもない。

今後こういうことが起きないように、なんらかの国家間合意を締結するような良い流れになればいいなと思っていましたが、悲しいかなすでにありました。

中国が東シナ海で日本の護衛艦に射撃管制用レーダーを照射した事件があり、それを受けてできたのが、この海上衝突回避規範(CUES)だそうです。

すでにルールがあるのに違反を平気でやらかす韓国海軍。

ほんとにビビるわ。

これについての武藤氏のコメントが「韓国側の言い方もかなりCUESを意識した内容になっている。韓国側もまずいと思っている。ただ謝りたくないからあんな言い訳している」とのこと。

謝りたくないから嘘で誤魔化す。

たぶん当たってるのが恐ろしいですよね。

子どもか。

ほんとビビるわ。

もはや事実関係は日本側にエビデンスがありますから、日本側の言い分が正しそうです。

あとはどうやって追い詰めていくかですね。

米軍も交えて合同調査をやるのが良さそうです。

「そちらも自分が正しいという自信があるんだろ?なら第三者も入れてはっきりさせようじゃないか!」と言って米軍を巻き込む。

真実をはっきりさせるならそのようなやり方が良いでしょうね。

今後の争点は、現場の暴走なのか、青瓦台の命令や擁護があったかどうかでしょう。

「やっちまった!バレたら免職になる!」と保身に走った現場の兵士の嘘に、青瓦台が騙されたのか?それとも「すんません、こんなことやってしまいました。どうしましょう?」と現場からの相談を受けて、「認めるのも恥だし、日本に謝りたくないな。よし、こう言ってうやむやにしよう!」と青瓦台の指示があったかで責任の範囲は大きく変わります。

前者なら兵士を処分して再発防止&平謝りで終わりですが、後者なら政府高官のクビが飛びます。

後者だった場合、言い訳できない証拠が出された時点で青瓦台は「現場の暴走です。我々も騙されました。すんません」で終わらせようとするでしょう。

しかし、そこで「数か月の停職や減給」で処罰を終わらせようとしたら、日本はキレるべきです。

なにせとんでもない大嘘をついた(それも自軍のトップに対して)わけですから、どう考えても懲戒免職が妥当です。

それを甘い処罰で済まそうということは、青瓦台の指示があったがそれを認められないから現場の兵士に「すまんが責任とってくれ。でも甘くするから」と言って口裏を合わせ、幕引きをしようとしていると思わざる得ない。

日本は絶対にそれをさせてはいけません。クビにしろと強硬に求めてクビにさせるべきです。

そうすればそのトカゲのしっぽ切りにされた兵士が、真実を言う可能性が高まります。

 

この手の嘘を平気でつく悪癖は正すべきでしょう。

これこそ韓国の積弊ですから。

韓国側はうやむやにして逃げようとするでしょうが、きっちり追い詰めなければいけません。

たとえ逃げられたとしても、次期政権が保守系になったときの報復ネタとしてしっかり爆弾を仕込んでおくべきです。

それにしても、まさか「子供の言い訳レベル」だったとは…。

番組最後の武藤氏の提言がこうなるのもうなずけます。

「事実を事実として認めよ」

これが日本が韓国に対して主張すべきこと。

もはやロシアや中国と一緒ですね。

今後はトルコに追い詰められたサウジのように、日本が小出しに証拠を出して韓国が嘘に嘘を上塗りした言い訳で傷口を広げるという展開が続くことでしょう。

きっと韓国は「大した問題じゃないのに日本が大事にして韓国を外交的に追い詰めようとしている!」という日本陰謀論で逆ギレしてくる可能性が高そうです。

それをやればやるほど日本の怒りが急上昇し、一般市民レベルでも嫌韓感情が拡大することになります。

来年は日韓関係絶対零度化元年になりそうですね。

ほんと憂鬱。

やれやれです。