真っ二つの米朝首脳会談評価

米朝首脳会談から時間も経過し、様々な専門家や周辺国から評価が出ています。

総じて、自由主義国家側からは批判の声が多く、中国やロシアの独裁国家側は歓迎する声が出ています。

さらには、中露からは「段階的に進めるべき」と北朝鮮側に立った論調が多いようです。

米朝共同宣言に、中身が無いという批判が出まくってますが、当然予想されたことです。

 

案の定、米国メディアや民主党を中心に、「人権問題無視の会談で良いのか?」とか「譲歩しすぎだ」とか「金正恩の完全勝利」といった評価が噴出しています。

批判的な評価はだいたいこんな感じ。

内容があいまいだし、CVID(=検証可能で不可逆な非核化)には触れられてない。北朝鮮の主張にトランプ大統領が近づいてしまった。大統領はレガシーを作りたかっただけ。

米朝会談に批判的な人たちの評価はだいたいこんな感じですね。

金正恩を褒めちぎるトランプ大統領に、残虐行為をしてきた相手を信じるのか?という当然の問題提起もあります。

「家族も暗殺する独裁者ですが信頼できんの?」

まぁこの点を聞きたくなりますよね。

回答はこれ。

「現実的に対応するしかない」

「共同声明には「完全な非核化」と書いてある」と主張する。

でも”朝鮮半島の非核化”の定義はあいまいなままですよね?北朝鮮の言う”朝鮮半島の非核化”と米国の言う”朝鮮半島の非核化”は違いますよね?という点には言及なし。危険な匂いがプンプンします。

トランプの説明を聞いたキャスターから、「だから(金正恩を)信頼する?」と質問し、「信頼する。しかし1年後に間違いだったと言うかもしれない」と回答するトランプ。

「1年後には間違ってた」って言うかも。

これで「信頼する」と言い切れるトランプが凄い。

どう考えても「めっちゃ疑ってます」と言ってるようなもの。

まぁもちろん疑うのは当然ですし、これから交渉するうえで「相手を信頼しています!」とリップサービスをするのも仕方ないと言えば仕方ない。

米朝会談について、批判が噴出(特に反トランプのメディアや野党)していますが、それに対してトランプ大統領は、「会談しろと言っていた人たちが、会談すべきではなかったと批判している」と反論。

実に不毛ですね。

今後は北朝鮮の「朝鮮半島の非核化=米軍の戦力を韓半島から排除」と、米国の「朝鮮半島の非核化=北朝鮮から核弾頭と核開発能力の除去」がぶつかり合うことでしょう。

米朝高位級会談をやりながら、金正恩がロシアに行ったり、中国に行ったり、中朝国境付近のビジネスが活発化して、なし崩し的に制裁を弱められたり、会談ドタキャンしたり、核廃棄について具体的な成果が得られない限り経済制裁は維持と言っているのに、韓国があの手この手で経済支援しようとしたり、日朝会談が実現して北朝鮮から「拉致被害者を返してほしかったら、こちらが望む段階的措置に協力して、まずは経済制裁緩和しろ」と圧力かけられたり、色んな揺さぶりが始まりそうです。

北朝鮮は、早速あいまいな内容の共同声明や、失言に付け込んで、自国向けの報道では都合よく解釈して報道しています。

非核化は段階別にやるのが大事ということで合意したかのように報道したり、

金正恩が「軍事行動を中止する勇気ある行動をすべきだ」と言って、トランプ大統領が理解を示し「米韓合同軍事演習を中止」したと報道したり、

非核化して核の脅威がなくなったと判断されない限り、制裁は維持と言っているはずなのに、すぐにでも制裁が解除されるかのように報道したりしてます。

北朝鮮国内向けに、「もうすぐ制裁は解除され、生活は良くなるからもうちょっと我慢せよ」というメッセージなのかもしれませんね。

それにしても、対話をする姿勢を示し続けて、内容のない共同声明や笑顔で握手する写真を撮るだけで軍事攻撃を防げるなら安いものです。

この状態をずーっと維持するのが北朝鮮の戦略かもしれませんね。

金正日のときは”瀬戸際外交”でしたが、金正恩は”やるやる詐欺外交”になるのかもしれません。

どちらにせよ今後も北朝鮮に周辺諸国が振り回されそうです。