文世光事件 朴正煕の当然の要求を無視⇒日本人拉致へと波及

朴正煕大統領の妻が射殺された文世光事件。それを受けて、韓国側から日本に対する強烈な不満が、1974/8/31 朝日新聞朝刊にありました。

『朴大統領、強い対日不満』という記事ですが、読めば読むほどいちいちごもっともな要求だったと思えます。これを無視したせいで北朝鮮は日本で好き勝手工作活動を行い、日本人が拉致され、在日朝鮮人は親族人質にした脅迫の被害にあったわけです。

今から考えると、当時の日本の反韓・親北っぷりは信じがたいかぎりです。

全文はこれ。

 

 

朴大統領、強い対日不満 後宮大使呼び表明

誠意ない捜査協力 そ撃事件 友好維持に重大支障

【ソウル三十日=為田特派員】韓国の朴大統領は三十日午後二時、後宮駐韓大使を大統領官邸に招き、今月十五日に起きた大統領そ撃事件に関する日本政府の対応ぶりに不満の意を表明、「日韓両国の友好関係の維持のためには、日本を基地にした韓国に対する破壊活動が行われることがないよう、日本側が誠意ある姿勢を示してくれなければならない」と述べた。大統領が直接、駐韓大使を呼んで日本政府への意思の伝達を要求したのも異例だが、日韓関係の維持を持ち出して強い警告を行っている点が特に重大で、韓国世論はそれを「日韓条約が締結されてから最大の危機」と称している。

後宮大使との会談は大統領執務室で行われ、金東祚外相と金正濂大統領秘書室長が立ち会い、金外相が通訳をつとめた。会談は約四十分にわたったが、大統領は自分でつくったメモを用意して、ことばを選びながら慎重に発言、韓国最高首脳の意思伝達であることが強調されたという。

まず大統領は光復節式典でのそ撃事件について「短期的にみれば自分の家族の犠牲ですんだが、長期的にみた場合、これは日韓関係に重要な影響を与える」と前置きし、事件の背後関係追及を進めるはずの日本側の捜査が一向進んでいないことを指摘した。

そして、韓国側が望む捜査協力の中身に触れ「今後の事件がうやむやに片付けられると、犯罪集団が日本を聖域視し、再発の危険がなくならない。韓国に対し破壊活動を行おうとする犯罪集団の基地が日本から撤去されることが必要である。この危険が解消されることが日韓両国の友好関係の維持の基礎である」と述べた。大統領は言葉に出してはいわなかったが、この犯罪集団が朝鮮総連やそ撃事件の犯人文世光が一時所属していたという在日韓国青年同盟を指すのは明らかで、韓国側は最高首脳の意思として、ここに公然と両団体の解体要求を突きつけてきた。

朴大統領はさらに「日本の憲法が言論の自由をうたい、共産党を合法と認めていることも承知している。しかし、それは政治理念の存在を指しているのであって、テロを画策する行為までを認めているのではないはずだ」とし、日本にある反韓国的勢力への規制を繰り返し迫った。

また「韓国民の間にある反日の機運が激化しないよう、自分は最善を尽くしているが、日本側が誠意をみせないと、抑えきれなくなる。ぜひ日韓友好関係の基礎の上に立って、十分な捜査協力をしてほしい」と警告を含む強い要求を行った。

「佐藤前首相と国交回復をした時は、両国の国民の間に不満の声があったが、私は信念をもって国交回復を推進してきた。この気持ちは今もかわっていないが、このような事態が続くと、もはや信念だけでは、やっていけない。日本側もこれに応じる姿勢を示してもらわなければならない」とも付け加えた。

会談を終えて日本大使館に戻った後宮大使はそのまま電信室にこもり、日本外務省に至急電を打った。大統領がこのような警告を発したことは大使館の予測を越えたもので、日韓関係は極めて緊張したものになっている。

政府は三十日、朴韓国大統領が後宮駐韓大使に突然対日強硬態度を表明したことについて「このままでは近い将来に日韓関係はきわめて憂慮すべき事態になりかねない」としながらも「純粋にそ撃事件に関する捜査協力の要求である」(外務省首脳)と、つとめて平静に受けとめようとしている。外務省は大統領見解を警察庁など関係省庁に連絡したが、いまのところ政府としては直ちに具体的な回答を韓国側に示す考えは持っていない。ただ「韓国の要求に応じなければ、断固とした措置をとる」との金外相の発言もあり、政府は韓国が今後国交断絶まで含めた措置を考えているかどうかは、判断しかねているのが実情だ。

日本政府としては、いまのところ韓国側が強く要望している大統領そ撃事件についての韓国捜査当局の捜査結果に従っての協力、在日朝鮮総連に対する解体を含む規制措置などについては、従来通り国内法のワク内で協力するという基本線を崩すことはできないとしている。

外務省幹部は三十日夜、こんどの朴大統領の態度表明について「日韓の友好関係維持のための韓国側の基本的な態度を日本側に伝えたもの」という一応の見解を明らかにしたものの、一国の元首が駐韓大使を呼んで伝達したことについては「韓国側の決意の重大さを示すもので、このまま放置するわけにはいかない」とみている。

また、今度の表明が、さる四十年の日韓国交正常化後、最大の危機に直面しているとう認識のもとに出されていることは、日本側の出方次第では両国関係が重大な局面にくることを事前に警告したものと受け取っている。

しかし、いまのところ政府としては捜査協力の面では、従来通り誠意を尽くすとしながらも、韓国側が最重点を置いている在日朝鮮総連などの規制強化については「日本の国内法にふれない限り、活動の自由は認められている」とし、純粋な法律的判断で対処する方針を変えていない。

『1974/8/31 朝日新聞朝刊』

この韓国側の要求に対する日本の対応。

ちょろっと捜査して終了。

いやいやいや、本当にありえない。

どう考えても断固たる決意で取り締まりが必要だったでしょう。

金大中を日本で拉致しようとした事件で、対韓感情が悪化していたとはいえ、ことは暗殺事件です。

仮に米国大統領夫人が、在日アメリカ人の手で行われ、実行犯が在日ソ連人連盟(あったとして)の人間にオルグされた結果、この暴挙を実行したのだとしたら、当然その在日ソ連人連盟は取り締まられたでしょう。

なぜか相手が韓国だと厳しく、北朝鮮だと激アマです。今じゃ考えられない扱いの差です。

「短期的にみれば自分の家族の犠牲ですんだが、長期的にみた場合、これは日韓関係に重要な影響を与える」という指摘など、いまだに通用する指摘です。

何せこいつらが匿名のネット空間で愛国者の仮面かぶって嫌韓扇動しまくってますから。

日の丸ついたアイコンで愛国語りながらせっせと日韓断交扇動しておられますよ。

例えばこれ。

竹島だの天皇土下座要求だの言ってくるので、脱北者の書いた収容所の絵を見せて、北がやってることに比べたら韓国の反日なんてどうでもいいレベルでしょ?と言ったところ、その返事が凄かった。

政治犯収容所の最悪な人権弾圧について、
「それ韓国の右翼や日本の媚韓エセ保守が流すデマの典型じゃんww ま、韓国人がやりそうだね〜」、とのこと。

笑ってしまう。

もうちょっとちゃんと取り繕って情報工作やった方がいいですよ、と心配になるレベル。

日本在住の在日チュチェリアンなのか、北でネット書き込みしている工作員なのか不明ですが、こういうのが日の丸ついた画像をアイコンにして保守アカウント自称しとるわけです。

こういうのに騙されちゃいけませんよね。

だいたい都合悪くなると韓国人呼ばわりしたり、在日呼ばわりしてきますよね。

「媚韓の狗」、「この非国民が」、「保守気取りの売国クズ」、「哀れなバ韓国人」

超口汚い。笑ってしまう。

語彙が北とそっくりです。

しかし、こういう仕事しててむなしくならないんですかね?本当に気の毒な人たちです。

朴正煕の要望通り、反韓国団体をきっちり解散しておけば、こんなやつらもはびこらずにネット主導の差別やヘイトスピーチもなく、日本人拉致もなく、とっくに北朝鮮は崩壊して南北統一できてたかもしれませんね。

当時の日本の親北っぷりは本当にありえない。

ただ、今では日韓の立場が逆転しているのが笑えないところ。

韓国の親北っぷりが尋常じゃないレベルです。

日本の慰安婦像の撤去要求も、真意は従北団体の挺対協潰しでしょう。

でも韓国ではすんごい力持っているから手が出せない状態。

一昔前の朝鮮総連を取り締まれなかった日本を彷彿とさせます。