南北首脳会談 マスゲームと会談以外にも色々やってます

南北首脳会談、メディアには共同声明の内容やマスゲーム、会談風景の映像ばかりですが、他にも色んなことをやっているようです。

『わが民族同士』サイトから写真をピックアップしてみます。

 

しれっと同じ時期に朝鮮総連の皆さんも訪問してるみたいです。

金永南氏と面会してますね。

日本でどのような活動をしていくべきか指令をいただいてくるのでしょう。

 

韓国議員団や経済人たちも色んなところに連れまわされているようです。

真ん中に共に民主党代表の李海チャン氏がいますね。

ロボット授業を参観してるのかな?

サムスン副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)氏がいますね。平壌観光に連れまわされているようです(笑)

 

かわいい子供を使った篭絡作戦も決行されている模様。

 

お約束の訪問記念の植樹もやってます。

ていうか金正恩じゃないんかい。

なんでやねん。

ここは両首脳でやろうぜ(笑)

 

大統領と一緒に行った随行員の人たちもこの表情を見る限り、北朝鮮を「信頼できる交渉相手」と思っているのでしょうね。

 

今日は白頭山へ行くそうです。

金日成がパルチザン活動を始めた聖地(もちろん嘘だが北朝鮮では正史)である白頭山で民族の夢である統一を誓い合うのでしょう。

この雄大な自然をバックに、固く握手する姿か、一緒に手を繋いで万歳する姿で写真が撮られるんでしょう。

彼らがこういうお祭り騒ぎをしている横で、収容所で途端の苦しみを味わっている朝鮮人がいるわけです。

この人たちに申し訳ないとか思わないんでしょうか?

今回は第三回目の首脳会談なわけですが、最初から最後まで人権の「じ」の字も出なかった会談。

韓国国内の脱北者への扱いを見れば、「平和のためには隣国の人権蹂躙は無視」で政権内の意思は統一されているようです。

これがリベラルを看板にする韓国の左派政権の姿ですわ。

南北で勝手に「実質的な終戦宣言」をやり、非核化への動きも「核リスト・核廃棄スケジュール」なんて一切出さずに、「東倉里エンジン試験場とミサイル発射台を関係国専門家たちの参観の下、優先して永久的に廃棄」しますとポイントのズレた非核化措置を提示して「北は非核化プロセスやってます」アピール。

それに加担する文大統領。

”米国が相応の措置を取れば”、寧辺核施設の永久的な廃棄のような追加措置を続けて行うと、なぜか金正恩ではなく文大統領が代弁。

文書になって、二人がサインしているから問題ないというかもしれませんが、それくらい言わせろよ、金正恩に。

今まで金正恩の肉声で聞くのは「朝鮮半島の非核化」だけで、「北朝鮮の核を放棄する」たぐいのセリフはまず聞けない。

いつも韓国の口を使って代弁させてます。

どないなっとんねん。

言わせろや、金正恩に。

オリンピックから始まった北朝鮮の平和攻勢。

平和や繁栄というフレーズは聞けても、自由・民主・人権というセリフは皆無。

北朝鮮に自由と解放が訪れる気配は一切なし。

対南篭絡外交の最後の仕上げは民族の聖地白頭山。

めでたくみんな骨抜きです。

現与党の「共に民主党」は、「南朝鮮労働党」に名前を変えた方が良さそうですね。