南北首脳会談中のKBSニュース 9/18 21:00~9/20 06:00

南北首脳会談中のKBSニュースをUPしておきます。日本語同時通訳付き。

日本ではNHK BS1で、早朝4時に前日の21時の放送、8時に朝6時の放送、14時半に12時の放送が日本語同時通訳で放送されています。

■9月18日21時放送のKBS NEWS(NHK BS1 日本時間19日4時放送)

 

■9月19日6時放送のKBS NEWS(NHK BS1 日本時間19日8時放送)

(感想)寧辺核施設の閉鎖は文在寅大統領の案だそうです。ゆえに共同宣言文で文大統領が「寧辺核施設の永久的な廃棄のような追加措置を引き続き講じていく用意があることを表明した」と代弁したのかもしれませんね。これを米国が拒否したら北朝鮮から話が違うじゃないかと責められそう。

 

■9月19日12時放送のKBS NEWS(NHK BS1 日本時間19日14時半放送)

(感想)ウェットな民族愛あふれる宣言文を、ラブラブな文&金の両氏が読み上げています。金正恩のソウル訪問がサプライズでしたね。

 

■9月19日21時放送のKBS NEWS(NHK BS1 日本時間20日4時放送)

(感想)ソウル訪問をサプライズとして報道してます。軍事的緊張緩和を高く評価しているのが分かります。非核化より重要だということが「戦争のない朝鮮半島が始まりました」「事実上の南北不可侵条約」という一言にそのことが表れてますね。

 

■9月20日6時放送のKBS NEWS(NHK BS1 日本時間20日8時放送)

(感想)南北首脳会談のアメリカの反応が紹介されています。あと歓迎イベントを紹介しつつ、アナウンサーが「まったく新しい経験」「民族の胸が熱くなる場面があった」と、マスゲームや平壌市民の前での文大統領演説を紹介しています。

「平壌市民=特権階級」の前でそやつらの歓心を買う演説してどうするんでしょうね。

中国メディアの反応を紹介していますが、共同宣言の内容が報道されると目に見えて中国メディアの報道が激減したそうです。これは気になる反応ですね。「俺を仲間外れにして進める気か!」と不安になったのか。興味深いですね。

 

■9月20日12時放送のKBS NEWS(NHK BS1 日本時間20日14時半放送)

(感想)白頭山訪問の報道。民族愛全開の映像がバンバン流れて胃もたれを起こしそうですが、白頭山自体はとっても美しいです。いつか行ってみたいですね。

北朝鮮の報道を紹介しています。共同宣言文については、双方違いはないと評価しつつ、ソウル訪問について文大統領がソウル訪問について「年内を意味する」という点は報道していないとのことです。

 

■9月20日21時放送のKBS NEWS(NHK BS1 日本時間21日4時放送)

(感想)帰国後のプレスセンターでの文大統領の訪朝報告を報道してます。金正恩の立場に立って「非核化の意思を繰り返し明らかに」し、「経済建設に集中したい」と代弁し、「北朝鮮は在韓米軍の撤退を求めていない(だから安心せよ)」と国内向けにアピールしてますね。

報道では「北朝鮮がこれだけ前向きな姿勢を示したのだから米国も相応の対応をすべきというメッセージを投げかけた」と総括してます。

おいおい、大丈夫か?と不安になる。

 

■9月21日6時放送のKBS NEWS(NHK BS1 日本時間21日8時放送)

(感想)年内の終戦宣言を目標としていると文大統領の意思を報道。発言も一つ一つが北朝鮮側に立った代弁者のポジションですね。

気になるのは「終戦宣言は在韓米軍撤退につながらない」という発言です。

じゃあ合同軍事演習はどうなるの?と問いたくなる。

軍事的緊張緩和を思いっきり進めている以上、韓米合同軍事演習は非常にやりづらいでしょう。

演習をしない軍隊なんて、訓練しないアスリートみたいなものです。

特に別の言語を使う、別の国の軍人が連携しないといけないわけです。

オーケストラが一緒に練習しなければ、ハーモニーは奏でられません。

「韓米合同軍事演習の永久停止=実質的な在韓米軍無力化」ということが分かってないのでしょうか?

このあたりがいいようにやられてるな~と思わされます。

さらには文大統領が「私は、アメリカかが北朝鮮の立場に立って考え、北朝鮮との対話を早期に再開するよう希望します」と発言してます。

南北が一緒になって米国に譲歩を迫る構図がかなり固まってきましたね。

今後が本当に心配。

松茸ごときで韓国並びに北の同胞の自由と人権を売るようなことがないよう祈るばかりです。