日韓経済デカップリングが進む

いよいよ対韓経済制裁発動です。

実際は今までの優遇措置をやめて、その他大勢の国と一緒にするということ。

言い訳は完璧ですね。WTOも「優遇」をやめて「公平」にすることに文句は言えないでしょう。

ただ、個人的にはちょっと性急じゃないかとは思います。

徴用工弁護団が、実際に差し押さえ資産を現金化した後に発動しても良かった気はします。

まぁもはや「残念だけどしょうがいね~」くらいしか感想も抱けませんが。。。

あと元在韓国特命全権大使の武藤氏が言うように、日本政府の対応も雑だと思います。

文在寅政権の政策行動は、明らかに日本国民を失望させるもので、これまで韓国に好意的な発言をしていた日本人の対応も変わってきている。私も、これまで日韓関係の発展に努力してきた一人として、文政権によって日韓関係が台無しにされかねない状況となっていることに強く失望している。したがって、総理が文在寅氏との会談を避けたのは当然のことと思う。

しかし、文氏が帰国した2日後にこのような措置を発表するのであれば、文在寅氏に会って、同氏に問題があることを直接伝えた方が韓国国民の感情を刺激しなかったのではないかと思う。会談の機会を与えず、帰国後すぐにこの措置を導入すれば、韓国の国民は「日本に後ろから殴られた」として反発しかねない。それよりも会って直接伝え「正面から殴った」方が韓国人一般に与える日本からのダメージは少なかったのではないかと思う。

日本が輸出規制に転じた理由、理解してない文在寅

会いもせず、いきなり制裁発動(後ろから殴る)よりはちゃんと会って「正面から殴った」方がいいというご指摘。

まったくもって同感です。

ちゃんと会って「面と向かって文句を言う」のも悪くないと思います。

まぁ会っても平行線に終わるだけだと言われたら「う~ん」となりますが、、、。

この辺は、日本も韓国政府と似てきてますね。

要は労力を割くのが面倒なのでやり方が雑になっているということ。

文政権の対日外交のやる気のなさはひどいもんですが、そのやる気のなさが日本にも伝染しているようです。

韓国側も日本との関係を改善するより、対日依存を下げる方向で対応することでしょう。

日本も同じです。

行きつくところは日韓デカップリング(分離)です。

米中でも経済・技術のデカップリング進行中ですが、なぜか同じ陣営の日韓でも同じことが起きています。

もはや乾いた笑いしかでませんね。

特に「時代は変わったな~」としみじみ思ったのはこのアンケート結果でしょう。

対韓輸出規制について妥当だと思う人が6割、反対は2割5分。

韓国に対する厳しい見方が、ここまで国民的総意となっているわけです。

韓国も似たようなもんでしょう。

文政権が終わるまでこの日韓関係悪化の傾向が続くことは確実。

が、文政権が終わったところで次期政権で改善するかも不明。

むしろ続くと思った方が無難でしょうね。

政治・経済・安保の面ではどんどん疎遠になり、国民同士での相手文化の消費(K-POP、漫画など)をするだけの関係になるのかもしれません。

まぁ罵り合うよりも疎遠な関係の方が、マイナスがゼロになる分マシ、という意見もでしょう。

日本としては「反米・従北化」しなければそれで充分っす、、、という達観した姿勢でいるしかないかもしれません。