日本教職員組合の北朝鮮にある黒歴史

日本教職員組合の黒歴史が北朝鮮メディアで報道されていました。

トップ画像にあるように、3大憲章を支持しているようです。

北朝鮮の言う3大憲章とは、「7.4南北共同声明」「全民族大団結10大綱領」「連邦制統一方法」の3つ。

金大中の太陽政策路線が南北統一への近道だと思っている人がいまだにいるようですが、はっきり言って逆効果でした。あの太陽政策のせいで、北の独裁体制の核といえる秘密警察システムが息を吹き返したと言えます。

莫大な支援食糧が特権層に流れ込むせいで、闇市での穀物価格が二年前と比べて下落している。だが、上述のように庶民の手には届かない。ひとびとは相変わらず闇市に依存して暮らす。「配給は要らないから、その代わりに闇市で自由に商売させてくれ」というのが率直な庶民の願いだという。

もう一つの変化は、秘密警察システムの完全復活である。

食糧危機が極度に深刻化した九七~九八年には、国民への脅しが効力を弱め、秘密警察は半ば自信喪失に陥った。

だが、潤沢な人道援助がシステムを生き返らせ、秘密警察はいまや完全に自信を取り戻した。

「この国が変わらないのは主体思想が立派だからでも、金日成や金正日が偉大だからでもない。我々(秘密警察)が健在だからである」と陰で豪語する始末である。

北朝鮮飢餓ルポ (小学館文庫)』 P215 李英和教授のあとがきより

あの潤沢な人道援助が、体制維持のために最も重要な秘密警察システムをよみがえらせたわけです。

このまま秘密警察システムが機能不全を起こしたままで、配給に頼らず自分たちで生きていく術を身に着けた人民たち「闇市場」が広がり、北朝鮮政府の統制が効かなくなっていれば、北の独裁体制は崩壊していたでしょう。

金大中大統領は、破産寸前だった奴隷頭の金正日に金を渡し、そして朝鮮人を奴隷化する鎖とムチを修復させた共犯者です。

これが維新独裁と闘い、韓国を民主化へ導いた人物の許されざる罪でしょう。

まぁあの当時はみんなそう思ってたのだから仕方ないでしょうが、その失敗を反省せず、また同じ過ちを文在寅大統領が繰り返そうとしています。

本当に信じがたい。

それはそれとして、この時に日教組が応援する石碑を送っているようです。

 

 

全同胞を民族大団結の広場へ呼ぶ祖国統一3大憲章記念塔

【平壌6月15日発朝鮮中央通信】

祖国統一3大憲章記念塔は、金日成主席と金正日総書記が提示したチュチェの祖国統一路線の正当性と生活力を力強く誇示し、全同胞を祖国統一のための聖なる闘争へ呼んでいる。---

この記事にあった写真。

やれやれです。

日教組にとっては黒歴史でしょうね。

当然のごとく、韓国の従北団体である「祖国統一汎民族連合南側本部(조국통일범민족연합남측본부)」や、北とえらく仲が良い凶悪な労働組合「全国民主労働組合総連盟(전국민주노동조합총연맹)」の名前もあります。

そういえばいわゆる”共謀罪”を通したことで、ハンギョレ新聞に安倍政権を批判する寄稿が掲載されていました。

安倍首相のお気に入りである稲田朋美防衛省大臣と極右排外主義団体「在特会」との親密な関係が去る5月30日、最高裁において認定された。両者の関係を報じた週刊誌を長官側が名誉棄損で訴えていたのだが、その敗訴が確定したのである。アメリカに置き換えてみると、国防長官とKKKとの親密な関係が認定されたようなものである。すくなくとも長官辞任に値するスキャンダルだが、日本では今のところさして大きな問題ともされないままだ。在日朝鮮人は、このような社会で不安を抱えて生きていかなければならないのだ。

[寄稿]来るところまで来た』 徐京植東京経済大学教授

徐君兄弟を救う会で、韓国=軍事独裁という扇動を激烈に行い、防諜体制を骨抜きにするために大変尽力された徐京植教授の寄稿。

稲田は在特会と親密な関係だ⇒だから安倍も在特会と親密な関係だ。

かなりの暴論。

さらには「国防長官とKKKの親密な関係」が認定されたようなもの、と言っています。

まぁ仮にその通りだとしましょう。

だったら北朝鮮政府と親しい人たちは軒並みアウトですよね?

北朝鮮と親密な朝鮮総連はアウトですし、朝鮮総連と親密な朝鮮学校もアウト。人権団体で活動されている朝鮮学校卒業生もみんなアウトです。

反差別・反ヘイトでせっせと活躍されている人たちを、北朝鮮は大変応援しておられます。

「在特会に応援されている保守=排外主義者で差別主義者」という等式が成り立つなら、北朝鮮に応援されている反差別・反ヘイト団体は「言論弾圧大好きな全体主義者」になってしまいますね。韓国の全国民主労働組合総連盟も同じですね。

 

保守叩きのためには、印象操作や虚偽扇動を平気でやる感性はなんとかならないものか。許しがたいのは二重基準でしょうね。

独裁独裁と連呼するわりには、最凶の独裁国家である北朝鮮とあたり前のように連携する。

恥知らずにもほどがある。