同じことを繰り返す対北朝鮮外交

今回の南北対話結果を受けて、親北的な平和愛好家メディアが大騒ぎしそうです。

ハンギョレ新聞や、朝鮮総連機関紙の朝鮮新報あたりはテンションMAXで躁状態になりそうですね。

今後の展開ですが、北朝鮮が核廃棄をちらつかせて制裁の解除を”遠回しに”要求し”なし崩し的に”実現しようとすることでしょう。対話を継続するために、制裁を解除してくれと言い出しそうです。

あと、交渉の条件として、在韓米軍撤退は非常に大きいでしょう。

中国やロシアもその点に関しては大賛成です。THAAD撤去なんて最高ですよね。中国が経済制裁を”こっそり”緩和する理由としては十分過ぎるほどです。

私が中国なら「在韓米軍撤退」の交渉を頑張って継続してもらうために、制裁の抜け穴を作るくらい喜んでやります。

北朝鮮は自国に対する「軍事的脅威の解消」を要求して韓米合同演習の中止や、在韓米軍の撤退を要求するでしょう。

さらに踏み込んで在日米軍撤退まで要求するかもしれません。これも中国やロシアが大喜びします。

北朝鮮からしたら、それが実現されなければ、「軍事的脅威の解消とは言えない」と言えばいいだけ。

結局、韓米日の3カ国はそれを飲めませんから、北朝鮮は核開発を継続します。

どうせ決裂する交渉を継続することで北朝鮮は時間稼ぎをすることができます。

いや、もしかしたら実現するかもしれません。

恐ろしいことに、今の文政権が米国を説得して「在韓米軍の撤退と韓米同盟の解消」を交渉のテーブルに乗せる可能性もあります。

韓国国内の支持率が急落しそうですが、落ちきって政権が維持できなくなる前に、一気に事を進める可能性もあります。

北朝鮮が利口なら本当に核を廃棄して、韓米同盟の破棄という果実を得ることもありえます。

何せ核廃棄したところで、作れる人材がいなくなるわけではない。やろうと思えばいつでも核兵器の再開発ができます。

 

まぁ長々と書きましたが、もう結論は決まってるんですよ。

北朝鮮の体制変革なくして、北朝鮮問題の解決なしです。

対北朝鮮交渉の本丸は核ではありません。

いかに北朝鮮の閉鎖性と暴圧体制を崩せるかどうかです。

そこが維持される限り、核がなくなったところで意味がありません。

文政権がリベラルらしく北の閉鎖性や人権問題などを改善するための交渉をしてくれれば良いのですが、それも期待できそうにありません。

むしろ、韓国の安全のために北に住む同胞が今後も金一族の奴隷として支配されることを容認します、という約束をしそうです。

まぁあまり悲観的に見るのも良くないかもしれません。

南北対話が開始されたことでいろんな可能性があります。

うまくいく可能性もあります。

期待はしたいです。

期待はしたいですが、、、

おそらく、金大中・廬武鉉時代の失敗を繰り返すことになりそうだな~と、思っています。

その間、北の暴君に朝鮮人が奴隷支配される体制が続きそうです。

はぁ~、、、溜息しかでないですね。。。