恩師「韓鶴洙先生」のことを忘却させ、阪神教育闘争は代を継いで神格化

元大阪府教育会会長、元大阪朝鮮高校校長
韓鶴洙(ハン・ハクス)先生は拷問で殺された

〝スパイ〟を断固として認めないため殺して拇印を捺させた
脱北者 李守一

韓鶴洙先生一家と家族ぐるみのつきあい

韓鶴洙先生の日本(大阪・東京)での活躍は改めて語るまでもない。一九七〇年代までを大阪で過ごした総連活動家や在日同胞のなかで、先生を知らない人はほとんどいない。

一九七一年と記憶されるが、韓鶴洙先生は片道キップの教育者代表団の一員として北へ「帰国」することになる。

人望厚い先生とのお別れに総連活動家や同胞、教え子たちはもちろん、日本の政界と教育関係者たちが別れを惜しんでいたころ、出発の何日か前、私は両親とともに八戸ノ里(編集部注=大阪府東大阪市)の先生の自宅へ招かれた。

韓鶴洙先生の次男、韓星宇は私と二歳違いで、両親たちの付き合で知り合い、夏休みや冬休みの大半をわが家で実の兄弟のように過ごした。最初のころは星宇を一人っ子と思っていたが、じつは六〇年代初めに、まだ幼い長男と長女を「帰国」させていたことがわかった。韓鶴洙先生が「帰国」された翌年、一九七二年に韓星宇とオモニは後を追うように「帰国」していった。

しかしなぜか音信がなかった。韓鶴洙先生は忙しいにしろ、星宇は私にハガキ一枚でもよこすはずなのに……。

(中略)

一九七五年、私たち家族も「帰国」することになった。

(中略)

風の噂に聞こえてきたのは、一九七五年の暮れのことであったと思う。
韓鶴洙先生がスパイ容疑で取り調べを受けているとの事であった。これを聞いた父は「そんなバカな、容疑もくそもあるもんか! 本当の悪者を疑え!」。

父は耐え切れず新義州に行くといってきかない。周りに住む「帰国者」たちが止めてもきかない父に、誰かが「スパイ容疑(政治犯)は本人だけではなく、その家族まで山奥の収容所に送られる。いまあなたが行ったところでなんの弁護もできないし、逆にあなたと家族にまで被害がおよぶ。それでも後悔しないのなら行きなさい」と言うのであった。

北朝鮮ではなんの抵抗もできないことを教えてくれた。さすがの父もわが身は惜しくないが、自分の家族にまで被害を受けるとの一言で力なく座りこんでしまった。あのときの父の悔しがる姿が今も眼の前にうかぶ。

日本にいるときは総連と在日の権利のため、警察であれ役所であれ、大声を張りあげ在日の正当な主張を堂々と展開してきた父であるのに、自分の祖国と思いこんでいた北朝鮮で、友人の弁護も発言もできないばかりか、政治犯には法的手続きもできず、弁護も裁判もない矛盾に耐え切れなかったのだ。

『光射せ!第7号』 P130-132

「日本にいるときは在日の正当な主張を展開していた」
「自分の祖国では友人の弁護も発言もできない」

これが北朝鮮の実態です。

そしてこの実態を徹底して矮小化・隠ぺい・責任転嫁するのが朝鮮学校の教育方針です。

帰国事業についても、「帰国事業はなぜ起きたか?」⇒「日本で差別があったから」という思考回路。だいたい朝鮮学校の子供に寄生して差別ビジネスでお金儲けしている人たちはこういう妄言を吐きますね。

ありえないスーパー短絡思考です。

そもそも北朝鮮が日本の100倍、北送された在日朝鮮人を差別して、収容所で拷問の末に虐殺したのが最大の問題だ、という発想にならない時点で思考回路に著しい欠陥があると言えます。北朝鮮がちゃんと帰国在日を幸せにしていれば、帰国事業だって美談になっているはずです。

その辺を指摘しているのが在日三世でもある浅川晃広名古屋大学講師が書いた『「在日」論の嘘―贖罪の呪縛を解く』でしょう。

姜尚中、朴一、辛淑玉、井筒和幸、このあたりの人を批判していますが、一貫して指摘しているのが「北送された在日同胞への冷酷さ」ですね。

よく「日本人は在日の歴史」を知らない!と主張する方々がいますが、あなたがたの方が在日の歴史を知らないのでは?と言いたくなります。

もれなく金太一少年のことは知っていても、恩師韓鶴洙先生のことは知らないわけですからね。本当に残念な人たちです。

ちなみに残念な人たちというのは、人質もいないのに在日同胞のウリハッキョを北の暴君から取り返そうというしない人たちと、その周りに寄生する左翼日本人のことです。しょせんは朝鮮学校の子供に寄生して左翼ビジネスでお金儲けしたいだけの外道でしょう。

親族が向こうにいて今も人質ビジネスの被害を受けている在日の人たちは、恩師韓鶴洙先生のような人たちのことは身に染みて知っています。そういう人たちからしたら日本の左翼など本当に腹立たしい限りでしょう。もちろんだからと言って保守が素晴らしいとは言いません。

だいたい右翼と裏で繋がっているのが朝鮮総連です。しょせんどっちもヤクザ者ですから。

右翼なんざ金さえもらえばなんでもやります。学校襲撃するなど余裕でやるでしょうね。

朝鮮総連も組織全体というより、外道なのは朝鮮総連の幹部連中です。

朝鮮総連の良心を持った人達は、今の幹部連中についてこう言っています。

(次ページに続く)

「恩師「韓鶴洙先生」のことを忘却させ、阪神教育闘争は代を継いで神格化」への4件のフィードバック

コメントを残す