『北朝鮮 いまだ存在する強制収容所』 尾っぽのないけだものたち

日本語に翻訳されていない脱北者の証言が、この本で紹介されていたので引用します。
北朝鮮の人権問題は、調べれば調べるほど、さらなる上が出てきます。本当に震えがくる事例のオンパレードです。

(※昔の投稿を更新)


 

「尾っぽのないけたものたち」

先に完全統制区域のことを、一九九九年にソウルに亡命した金龍氏が「閉ざされた区域」と呼んでいたことを紹介し、姜哲煥氏、安赫氏、安明哲氏が暴露した山の中の北朝鮮の強制収容所を表すのに最適な表現であると述べた。

しかしその後、キム・ジョンヨン著『平壌の女』(上下、一九九五年十二月刊、高麗書籍)を読んで、金龍氏のいう「閉ざされた区域」の意味を私が十分理解していなかったことに気がついた。金龍氏が上記三人の手記を読んで、現実とは天地の差があると批評したという意味がつかめないまま、本稿を書いたのであるが、キム・ジョンヨンさんの『平壌の女』を読んで、天地の差がある(すなわち「耀徳収容所は天国だ」)という意味が初めて理解できたのである。

『平壌の女』上巻二三七頁に記された ”地下三百メートルの「尾っぽのないけだものたち」” に、大略次のような衝撃的なことが記されていたのである。

一九八四年頃、彼女(著者キム・ジョンヨンさん)が、友人の金策工業大学の地質学部の教授から聞いた話である。

その教授はあるとき、地質調査のた慈江道のパルウォン金鉱に出かけた。地下百メートルに降りたところで、労働者たちが作業をしていた。軍人たちが銃を持って警備していたので質問したところ、そこが政治犯収容所であることがわかった。労働者たちの足は鎖でつながれており、顔は無表情であった。夕方になって教授は調査を終え、地上に上がった。労働者の作業も終わったので、地上に上がってくるものと思ったが、誰も上がってこなかった。彼は案内人の軍人に尋ねたところ、彼らは地下の宿舎に帰ったのだという。

翌日の夕方、教授は金脈を探すのだといって軍人の案内人を伴い、地下の宿舎に誘導させた。

地下三百メートルのところに驚くべき宿舎があった。ひと一人が入れるくらいの狭い檻がいくつも並んでいた。ちょうどその中に入れられている一人一人に、にぎりめし一つの夕食が配られているところであった。囚人たちはまさに檻の中のけだもの扱いであった。教授は心底ふるえあがった。囚人たちは陽の光を見ることなく、地下に閉じ込められていたのである。足枷をはめられて―――。

閉ざされた区域いというのは、地下収容所のことを指すのであった。このような地下生活を強いられている囚人だちから見れば、耀徳収容所が天国に見えるのは道理である。

私は姜哲煥、安赫、安明哲氏の伝える収容所の非道さに打ちのめされ、北朝鮮の強制収容所は百パーセント明白になったと思い、また、説明してきた。姜哲煥氏らの伝える革命化区域の非道さだけで、北朝鮮の強制収容所を理解するに十分だと考えてきた。しかし完全統制区域の収容所は、革命化区域のそれとは質的にちがうことが、キム・ジョンヨンさんの証言で、いまや明白になった。「一度入ったら二度と出てこられない」という意味がはっきりした。

金龍氏が体験した完全統制区域の第十四号管理所は炭鉱であったが、宿舎は地上にあった(『月刊朝鮮』二〇〇〇年五月号、手記参照)。したがってキム・ジョンヨンさんが地質学者から聞いたパルウォン金鉱の収容所こそ、完全統制区域の最も恐ろしい形態といってよいであろう。私は、私の北朝鮮強制収容所の理解はまだまだ不十分であったことを思い知らされた。キム・ジョンヨンさんや金龍氏の証言を手がかりに、完全統制収容所の研究に力を注がなければならないと思った。

北朝鮮 いまだ存在する強制収容所―廃絶のために何をなすべきか』 P61-63

 

私もこの、小川晴久さんと同じ思いです。北朝鮮の暴君たちは、常に自分が想像していた残虐さの、さらに上を行きます。日の光を浴びることなく、飢えと暴力で従わせ、人間を家畜化しています。外に出るのは死体になってからです。

北朝鮮全巨里(チョンゴリ)教化所―人道犯罪の現場』P140-141 から一番イメージに近い絵を引用します。

尾っぽのないけだものたち

この絵は、処罰房の絵ですが、このような檻が地下に並べられ、日の光を浴びることなく死ぬまで鉱山で強制労働させられています。なぜここまで残酷なことができるのか、、、。それも徹底した洗脳教育の賜物でしょう。なぜこんなことができるようになるか、その辺のプロセスは『北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫)』を読むと分かります。

徹底して祖国の敵だと、階級の敵だと、革命の敵だと教えこまれ、残虐な行為に、躊躇なく加担させるようにします。それに躊躇するものは思想が悪いと糾弾され、下手をすると本人が強制収容所の囚人となってしまいます。それが恐ろしくて残酷な行為をしてしまうようになり、またそれを自己弁護する過程で、これが国家への忠誠心なのだと、敬愛する将軍様への忠誠心なのだと、自己正当化を行い、自分で自分を洗脳します。そうしないと良心が耐えられないのでしょう。

これが日本で、まったくと言っていいほどメディアに取り上げられないことに戦慄を覚えます。日本の朝鮮学校では、これらの悪逆非道を行ってきた首謀者を、「敬愛する将軍様」と書いた教科書で子供に教育を行っています。あまりにも残酷な教育だと言わざるえません。最大の被害者は、この学校に通っている子供達でしょう。

最悪なのは迎春公演です。政治犯収容所で、同胞が殺されている横で、この公演をやらせるなど言語道断です。

無償化も結構ですが、仮に高校無償化が得られたとしても、この最悪な教育内容が是正されない限り、朝鮮学校に未来はないでしょう。

せっかくラグビー強豪校にまで育った朝鮮学校を存続させたいのであれば、朝鮮学校支援者がやるべきことは無理矢理にでも北朝鮮と朝鮮総連と手を切らせる。それ以外ないはずです。

関連投稿:

コメントを残す