平壌公演ふたたび

以前、『もはや遠い時代の出来事になった平壌公演』という投稿をしましたが、再び同じことが起きています。

もはや遠い時代の出来事になった平壌公演

有名女優となったユン・ウネがいたベイビーボックス(Baby V.O.X)や、神話(シンファ)が公演を行いましたが、今度はレッドベルベットや少女時代のソヒョンなどの結構な有名どころが訪問しています。

あの懐かしい光景がまた繰り返されている模様。

 

以前の平壌公演は、2002年6月29日の第2延坪海戦で船沈められて海士6人殺された翌年に開催され、さすが金大中政権といったところ。文在寅大統領も同じ道を歩むようです。

まぁ彼らからしたら、朴槿恵のせいでさんざんミサイル発射や核威嚇が起きたんだ、という感覚なのでしょう。

若いK-POPアイドル送って、同胞殺しやサイバー銀行強盗を堂々とやるでっかい犯罪組織みたいな国と友好を演出する。

意味が分からない。

国家承認されて、核武装や長距離ミサイル配備したら犯罪行為をやりたい放題やっても黙認されるのだとしたら、世のテロリストは北朝鮮を成功事例として見習うでしょう。

本来人権を大事にするはずのリベラルがこの調子では未来は暗い。

こういう文在寅のやり方を揶揄する漫画があります。

意味は、韓国で有名な猟奇的な性犯罪者をムンジェインとそっくりの人物が被害者のもとへ笑顔で連れてきて、「娘よ、以前おまえを性的暴行したチョドゥスンおじさんが遊びに来られたよ」と言うというもの。

これは、天安艦事件や延坪島砲撃事件などに関与していたと言われる金ヨンチョルを韓国に招待したことを皮肉ったものです。

今回の平壌公演は、自分の両親を殺した相手にその子供が友好のためのお歌を披露する、という感じでしょうか。

この集合写真見ると終わってるな~とゲンナリさせられますね。

叔父を機関銃でミンチにして肉片を焼却処分した狂人と笑顔で集合写真撮れる神経が信じがたい。

在日同胞を万単位で収容所で大量虐殺したのに、在日の子孫を動員して友好と忠誠の公演をさせる、朝鮮学校のソルマジ公演と同じです。

一応好意的に見れば、韓国の文化攻勢と考えることはできます。自由や豊かな経済を北朝鮮内部に伝えて内部変革(内部崩壊)を促す。

この手の公演が、北朝鮮の各地方都市でバンバンできるようになれば希望はありますが、せいぜい金正恩ファンクラブの聖地と言える平壌で制裁逃れの道具として利用されるのがオチでしょう。

2000年代でやったことと、同じことの繰り返しになる可能性大です。

関与を増やして内部変革を促すというなら、平壌だけでなく他の地方から人が出てこれるように交渉すべきでしょうね。

いっつも平壌平壌また平壌ですわ。うんざりですよ。

38度線もある程度開放するような交渉もやってほしいですね。

脱北ルートが中朝国境越えて、中国縦断し、東南アジアから飛行機で韓国へ移動ですよ。陸続きですぐ隣の国に脱出するのに、こんな遠回りをしなくてはいけない。そんなバカな話がありますか?

韓国側の提案はいつも「韓国から」北朝鮮へ人が移動する提案ばかり。

北朝鮮の閉鎖性を崩して、内部変革を促すためにも北朝鮮側から人を出すよう要求すべきでしょう。

それをやらないのだとしたら、左派側の「俺たちは従北じゃない。関与を増やして北側を普通の国へと変化するよう促してるんだ」という言い訳は嘘です。

お奇麗な善意の看板でごまかしながら、「自分たちに銃弾が撃ち込まれない限り、隣の奴隷支配を黙認します」と言っているのと同義です。

今回の平壌公演ですが、この手の交流を無駄とはいいませんが、統一にも北朝鮮の自由化にも貢献はしないでしょう。

日本の親北系在日コリアンが統一トレインとか言って行進しているのと同じで無意味。

意味があるとしたら、北朝鮮の体制が変わって改革・開放、自由化・民主化への道を歩みだした後でしょう。

摩擦を軽減し、相互理解を促進し、蔑視や差別を防止するためにこの点の交流が重要になってきます。

しかし、今は無意味です。

北朝鮮の自由化を促すどころか、日韓の残念な善意の人々が騙されて、奴隷頭に奴隷を恐怖支配するための鞭を喜々として渡すという最悪の事態になるだけです。

金大中の太陽政策が、北の朝鮮人奴隷支配を延命させました。同じ過ちは繰り返してほしくないものです。