レーダー照射問題:駆逐艦から警備艇にレーダーを移し替えるかも

数日前に面白い記事が出てきました。駆逐艦ではなく、警備艇のレーダーを誤認したのではないか?というものです。(参考記事:『哨戒機接近時に韓国警備艇のレーダーも稼働 日本が誤認か』)

色々考えるな~(笑)

この記事読んで思いましたね。「あ、いよいよとなったら駆逐艦のレーダー取り外して警備艇に移し替えるな、こいつら」と。

 

やはり電波情報は相互交換しないとダメですね。

こちらのだけ渡したら、「警備艇のものと一致しました。そちらの勘違いです」と言ってくることは確実です。

向こうの電波データと交換してこそ、確信をもって事実を確認できます。

それにしても色々言い訳を考えてくるもんです。

仮に警備データのレーダーだとしても、アウトでしょう。

捜索用レーダーと違って、一定時間継続して狙いを定めて電波を当て続けるのが”ロックオンレーダー”なわけです。

駆逐艦でなくとも、警備艇から攻撃一歩手前状態の威嚇行為を受けたら、それはそれで大問題です。

記事では、こう書かれています。

海洋警察の警備艇に搭載されているレーダーは探索・火器管制の兼用で使用されている。駆逐艦の探索レーダーは周波数帯域がGバンドのため、火器管制レーダーと誤認する可能性がほぼないが、警備艇のレーダーは火器管制レーダーと同じIバンドを使うため、誤認する可能性があるという。

哨戒機接近時に韓国警備艇のレーダーも稼働 日本が誤認か

警備艇は探索と火器管制兼用で、Iバンドだから誤認したんじゃないか?という疑惑を提起しています。

もし本当だったらとっくの昔にその話が出てるでしょう。

なぜこんなことを言い出したかというと、韓国国内向けの世論操作です。

韓国海軍の無実を信じる人たちはこの情報に飛びつくでしょう。

そして記事を拡散し、それを知識がない素人が見て騙されることになります。

もはや日本の世論なんか気にしてないし、気にする余裕もないんでしょう。

韓国国民を騙せればそれで良いと思っているようです。

本質的には警備艇だろうが駆逐艦だろうが、攻撃一歩手前のレーダーの当て方をしたら十分問題です。

駆逐艦だろうが警備艇だろうが関係ありません。

しかし、もしそうなったら韓国世論は「駆逐艦じゃない警備艇のものだったぞ!赤っ恥だな日本は!ざまぁwww」となります。

文政権の支持率は落ちません。

うまいこと考えるもんですね。

それにしても、本来韓国野党がこの件を追求するべきですが、与党と一緒になって日本批判に加わる始末。

議会でうまく追及し「北朝鮮から要請を受けて駆逐艦を出動させたのか?いつから北の指令で国軍が動くようになったのか?」「救助の名目で北朝鮮漁船に燃料供給し、政府主導で実質的な制裁違反を犯したのか?」というふうに議会で紛糾させれば、大統領弾劾も夢じゃないはずです。

野党が要請して、駆逐艦や警備艇の艦長に議会証言させれば、青瓦台が隠蔽しているのかどうかも分かるはずです。

が、そんな気配は微塵もない。

そういうことをやると「日本の手先か!?」「親日派の民族反逆者だ!」と批判されるから怖くてできないのでしょうね。

韓国の「親日派呼ばわり恐怖症」は国家規模の病のようです。

困ったもんです。