中国と韓国にとって、歴史は宗教

韓国専門家の古田博司先生の著書『「統一朝鮮」は日本の災難』に、なぜ中国や韓国(もちろん北朝鮮も)が異様に歴史にこだわるのか、興味深い仮説を書かれていました。

日本も歴史にこだわる(特に右側の人たち)面はありますが、国家を挙げて他国を自国の歴史観で「折伏」しようとはしません。

なぜなのかと長年考えていて、おそらくこういうことだろうということでした。

 

神無き国の「歴史」信仰

それではどうして、韓国や中国は、「歴史!歴史!」と言って、歴史認識問題で日本にケンカを売り続けるのであろうか。それも白分たちに都合よく作った、「書かれた歴史」であり、民族に染み付いた、歴史的個性というか、つまり体得された歴史態の方ではない。華夷秩序や李朝宮廷のイガンヂルとか、社会習俗のヌンチとかは、「韓国史」に全然書かれていない。書かれているのは、韓国が善で、日本が悪だという、善悪史観、それに自分たちが素晴らしいという自尊史観だけである。

なぜ彼らがこうも歴史にこだわるのか。日本人ならば近代の実証研究の基盤があるから、出来事の連鎖に矛盾のない歴史を書けばよいのだと、みなが知っている。ところがこれが、中国人や韓国人にはどうにも分からないのである。

なぜなのかと、私も長年考え続けたのだが、どうもこうとしか言えない。まず結論から言ってしまおう。「彼らは世界ではまれな無神論地帯の住人であり、自分たちの祖先崇拝しか知らない。代わって日本人は有神論地帯にいるのだが、隣国が無神論地帯のため、宗教論争や宗教戦争を経験したことがない。ゆえに宗教的にはまったく無自覚で寺社のお詣りをしているのに、神様を信じていないと言ったりする」。

中国や韓国では、どこの国にもいる動物神や自然神やご利益神以外の抽象的な神らしきものも実は神ではない。道教の玉皇大帝には旧暦の1月9日という誕生日がある。人間なのだ。彼らにとっての本物の神は、自分たちの宗族(男系血族)の祖先神であり、他家の祖先は全部ゴースト(有鬼、亡霊)にすぎない。ゆえに日本の神社に袒られた神々も全部ゴーストとしか思えない。靖國神社もしかりである。

中韓は自国の「書かれた歴史」を偶像のように無欠と信じて、日本に歴史認識の変更を迫ってくる。とすれば、世界の諸民族・諸国民にとって偶像は神をかたどった神の代わりであるから、中韓は「書かれた歴史」を神の代用として疑似宗教戦争を仕掛けてくるのだ、と言えるのではないだろうか。なぜならば、中韓は神がいない、無神論地帯だから、神では相手の信仰を攻撃できない。宗教戦争は信仰の争いであるから、自分の信仰に他者を屈服させればよい。この目的のために、神に代わる自分たちの歴史信仰を押し付けようとする。

以上の罠に日本は、はまってしまったのだと思う。日本は神々がいる有神論地帯であるにかかわらず、異民族との宗教戦争を経験したことがない。対立や抗争があれば、自らの信仰に自覚的にならざるを得ないが、この自覚が民族として脱落している。前に述べた、奴隷制や宦官や宮刑のような「人間の家畜視」ができないという、民族にとっての脱落部分と同様の「脱落のプロトコル」(脱落命題)である。

これについて、呉智英氏がよく分からないという(『週刊ポスト』2018年8月3日号)ので説明しておく・民族とは何かといえば、「因果ストーリを共有する人々」のことである。

因果ストーリとは、「歴史、文法、慣習、常識」などのことを言う。こうなればこういう行動をとるとか、こう喋ればうまく通じるとか、「こうするとこうなる」式の因果のストーリである。これを豊かにするのが文化だ。刺し身はこう切ると日本料理が美しくなるとか、そういう体得の集積である。

以上のような根拠のある実体として「民族」があるが、この「民族」は十全なものではなく、アプリオリに欠落を伴っている。「人間の家畜視」ができず、「奴隷」がどうしても分からない「日本民族」には、これが命題だ。なぜならば、これが分からないと、ソ連人にシベリアに奴隷として捕囚されても、シベリア抑留」だと思ってしまう。韓国人に「慰安婦は性奴隷だ」と言われても、違うと言い返せない。ぬれぎぬを着せられ、「日本民族」を弱めてしまう。

だから、命題として学習しなければならないのだ。といっても、実践する必要はないし、そんなことは現代ではできない。知覚経験はないのだから思考経験として学習すればよいのである。そして二度と外国に「ハメられる」ことのないように注意する。ゆえに「脱落のプロトコル」と呼ぶことにした。

日本人にとって「歴史」は実証的に記述すればよい、人文社会科学である。信仰などではない。ところが中韓にとっては「歴史」が神に代わる信仰であることに気づかなかった。

そして彼らの戦争に巻き込まれ、最後まで信仰に対して科学で対処しようとしたのである。それが、日韓歴史共同研究であり、日中歴史共同研究であった。

「統一朝鮮」は日本の災難』P160-164

 

う~ん、確かにそうかも、と思わされる論考です。

歴史学ではなく、”歴史信仰”であり、信仰ゆえに異教徒を折伏して教化しようとする。

そう考えれば、年を追うごとに歴史認識で反省がないと事あるごとに迫ってくるのも分かりますね。

何せ狂信者ですから。事実なんて関係ありません。

アメリカで一大勢力を誇る、聖書を一言一句”真実”だと信じる福音派と似たようなものでしょう。

本気で神が7日間かけて地球を作ったんだと思ってますから。

中国も韓国も北朝鮮も、歴史においてはキリスト教福音派と一緒です。

古典である聖書に依拠する福音派より、現代の事情に合わせて内容を書き換える分、中韓朝の方がタチが悪いかもしれませんね。

個人的には、エアコンも冷蔵庫も掃除機も洗濯機もない原始時代に起きたことで、現代の人たちが口角泡を飛ばす勢いで言い争いをしているのは奇妙奇天烈極まりないと思っていますが、歴史大好きな東アジアの人々はそうは思わないのでしょう。

昔の人なんて、現代のモラル水準で判断したらみんな犯罪者でしょうに。みんなロクデナシですよ。なぜかそう達観することもなく、現代のモラル水準で過去の行為を断罪し、現在に生きるその子孫に罪を償わせようとする。

それでみんな幸せになるならともかく、そうはならない。

韓国国内の保守vs進歩の左右歴史認識闘争も宗教戦争だと思えば、あの妥協する気が一切ない論争も納得できるというものです。

本当に困った人たちですね。

 

古田先生の著書は『「統一朝鮮」は日本の災難」というタイトルになっています。

個人的にはそうなるパターンは「北主導の統一」だと思っています。

韓国主導で自由化統一がなされれば、統一=日本の災難とはならないと思います。

むしろメリットの方が大きい。

まぁ統一されると現在の韓国のめんどくささがちょっと増すかもしれませんが、北朝鮮の暴圧体制の脅威は消える分、日本にとってはメリットは絶大です。

北朝鮮地域が今の韓国レベルで自由に往来でき、言論も自由になれば劇的な改善ですから。

大災難と小災難のうち、大災難がなくなって、小災難が小+α災難にプチパワーアップする感じでしょうか。

それにしても隣国の歴史圧迫姿勢の理由は、「神なき国の歴史信仰」という疑似宗教戦争という古田先生の仮説。

結構当たってると思えます。