アメリカの「理解する」は「不愉快」という意味

韓国の保守系情報サイト「趙甲濟」に、アメリカの「理解する」という発言の真意を説明している記事がありました。(URL:『미국式 화법 ‘이해한다’라는 것의 정확한 의미』⇒「アメリカ式の言い回し「理解する」の正確な意味」)

韓国メディアは米国の「理解する」という発言を一斉に取り上げて、米国も納得している~!という報道を良くしますが、これがいかに危険かを記事を書いたバンダービルド氏が警告しています。

 

米国は、自分たちが満足する場合「非常に歓迎する」と言うが、そうでない場合は「理解する」という言い回しになるとのこと。

確かにそういわれればそうです。

朴槿恵が戦勝節への参加をしたときも「理解する」でした。

文在寅が日本は同盟国ではないと発言したときも「理解する」でした。

中国に対して韓国の安全保障の主権放棄をした「3NO」宣言のときも「理解する」でした。

つまり、米国の「理解する」は、「気に入らない」という意味です。

それが良く出ていたのが米韓首脳会談の様子。トランプ大統領は終始渋い表情。手はもじもじして落ち着かない様子だったと報道されています。(参考URL:【報ステ】米韓首脳会談 北をめぐり微妙な温度差

それにしてもトランプは感情をもろに出しますね。米国大統領としてそれってどうなの?と思ってしまう(笑)

さらにすごいのはこれ。(『とくダネ』2017/11/08 朝の報道より)

日本では終始笑顔だったが、韓国では。

写真撮影の直前。

これから撮影しますよ~。

せ~のっ!!

はい!笑顔!!

そして~。。。

終わった後は、握手をスルー。

メルケルのときなど握手もしなかったですからね。

さすがにこんなけ好き嫌い出すのはどうなのよ?と思ってしまいますね。

まぁ「理解する」とかあいまいな表現で誤解を招くより、「不満だぞ」とハッキリ見せた方が良いかもしれません。

韓国側では「戦争になったら韓国で犠牲者が出る!」というのが錦の御旗なんでしょうけど、米国兵士も一緒になって血を流すと言っているのに反トランプ運動ですからね。

こんなこと続けてたら、米国が「あっそ。じゃあ俺たち撤退するわ」と言い出すのも時間の問題。そうなったときに慌てても土下座外交する方がよっぽど格好が悪いでしょうに。

それにしても、元慰安婦を呼んだり、独島エビ出して米国が求めている「日米韓の協調」に水を差したり本当に文在寅政権の外交は狂ってますね。私なら脱北者の姜哲煥氏あたりを呼んで、ブッシュ大統領と同じように『平壌の水槽―北朝鮮地獄の強制収容所』(The Aquariums of Pyongyang: Ten Years In The North Korean Gulag)を手渡したりすれば文在寅大統領への認識改めたんですが、まぁそんなことはしない。さすが従北左派政権。

こうなれば良かったのにな~。

南北次官級会議から、韓米首脳会談、韓日首脳会談を経て、ブッシュ大統領と姜哲煥(カン・チョルファン)との面会に至るまで一連の出来事で、韓国社会では北朝鮮問題が大きな注目を集め、韓国の人々はこの数年間の北朝鮮への懐柔政策に対する見直しを迫られている。

(中略)

朝鮮日報の報道によると、ブッシュ大統領は姜氏との40分の会談中に、北朝鮮問題に対する見解を求めた。

(中略)

「韓国人はなぜ、金正日(キム・ジョンイル総書記)政権の人権蹂躙のことを憤らないのか」とブッシュ大統領は世論に問うた。これをきっかけに朝鮮日報で「韓国人が北朝鮮の人権問題を憤らないのか」と題した論文を発表し、姜氏はブッシュ大統領とホワイト・ハウスで面会できた。しかし、韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領には、青瓦台(大統領府)で脱北者と面会することで北朝鮮の非人間的生活に理解を深めようという姿勢が感じられず、盧大統領が休暇中に読む読書リストの中にも、脱北者に関するものは見られないと指摘した。

(中略)

韓国社会の反応:ブッシュ大統領と脱北出身者との会談から

これと同じようなやり取りがトランプ大統領訪韓中に出来ていれば米国も韓国を見直したことでしょう。日本も同じく韓国の見方を変えていたでしょう。残念なことです。

しょせんは廬武鉉の後継者ですからね。

「韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領には、青瓦台(大統領府)で脱北者と面会することで北朝鮮の非人間的生活に理解を深めようという姿勢が感じられず、盧大統領が休暇中に読む読書リストの中にも、脱北者に関するものは見られない」という指摘に全てが表れています。文在寅も一緒でしょう。

好意的に同情するとすれば、文在寅支持層に「トランプ反対」「戦争反対」の左派団体がいるせいで、慰安婦や独島使ってなだめないといけないところでしょうか。

韓国の左派団体もやってることが日本の左翼と一緒。

軍部増強続けて、周辺諸国を軍事力でもって威嚇する中国や北朝鮮にはダンマリで、自国の政府には「お前が挑発するから悪いんだ」式にひたすら批判。

どうしようもないな、こいつらは。

保守派がこう言いたくなる気持ちも分かる

「北にいって金正恩のもとで暮らせばいいだろう!」

分かる分かる。

日本にもそう言いたくなる輩はゴロゴロいますから。

北朝鮮に対する認識が甘すぎる。

そういう人たちは廬武鉉元大統領と同じで「北朝鮮の非人間的生活に理解を深めようという姿勢が感じられない」「読む読書リストの中にも、脱北者に関するものは見られない」のでしょう。

言っても分からない人たちは、一度北の収容所にぶち込まれて一ヶ月でマッチ棒になってみたらいい。己の考えの甘さを痛感することでしょう。

関連投稿: