尖閣問題は台湾問題

尖閣諸島の領有権争いは台湾問題と深いつながりがあります。

あまりこういう視点は語られませんが、中国に対して尖閣諸島の領土問題に妥協が不可能な最大な要因でもあります。

あまり大きな声で言おうとはしませんが、中国は「尖閣は台湾の一部であり、台湾は中国である。ゆえに尖閣諸島は中国の領土である」と言っています。

こんなこと言われては、日本は尖閣諸島は中国の領土だと認めるわけにはいきません。認めたが最後、台湾は中国だと認めれるわけですから。

 

「中国にそういう意見があることを認める」というレベルのことさえ言いづらい。

日本としては、壊れたラジオのように「尖閣諸島は日本固有の領土である」と言い続ける以外ありません。

中国と争うくらいなら尖閣なんてあげれば良い、などというトンデモ意見を言う人たちがいますが、それは「台湾が赤い独裁国家に飲み込まれても良い」と言っているのと同義です。

尖閣が中国の領土として認められればあっという間に軍事要塞化されるでしょう。

地図を見て、そんな事態になったらかなりヤバイと気づいてもらわないと困ります。

日本と台湾の間にくさびを打ち込まれることになります。

レーダー基地が作られ、台湾と石垣島諸島が監視されます。

空港ができ、領空侵犯が頻発するでしょう。

港もできるでしょう。沖縄の漁民が、中国の海上警察にいじめられ、中国の違法漁民と沖縄の海上警察が追いかけっこをすることになります。

日中の軍事摩擦は最高潮に達します。

和解のために譲ったはずの尖閣諸島が、日中衝突の火種になるわけです。

そんなバカな真似をしてどうするんでしょうか?

日中友好のために「尖閣諸島を譲ろう」なんて暴論です。

日韓の和解のために安易な謝罪がしたことが、結果的に日韓関係の悪化に利用されるケースと同じになること間違いなし。

日中平和(日中友好ではない)のためにも、尖閣諸島の領有権争いは断固引いてはいけません。

平和を願うなら、お互い遠いところにある無人島で言い争いをしている方がよほどマシです。