韓国の教科書分析 資本主義は帝国主義で植民地支配だから悪である

検定版 韓国の歴史教科書―高等学校韓国史 (世界の教科書シリーズ 39)』をベースに分析しています。

 本気で書いてますか!?と驚く内容がてんこ盛りです。もはや反日は問題ではありません。

帝国主義による植民地支配を美化するのか!
親日派清算を否定するのか!!
軍事独裁政権を美化するのか!!!

 この3点セットで、容共的な記述に対する反論を封殺しているのが最大の問題でしょう。
無視できない点は、資本主義を帝国主義に結び付けている点でしょう。そうやって社会主義は反帝国主義運動だっとして美化しています。

 まず、産業革命から印象操作がすごいです。
『検定版 韓国の歴史教科書―高等学校韓国史 (世界の教科書シリーズ 39)』P92より。

資本主義は帝国主義で植民地支配1

 大英帝国の世界の工場を取り上げ、良くないことですよー、という印象操作です。「煙をみてどう思ったのだろうか」と問いかけていますね。今の感覚で言えば、環境破壊だー!と非難を浴びるでしょうが、この時代に煙見てどうこう思ってたとは思えません。一体何をいいたいんだ??と首をかしげてしまいます。本文を読めば、ああ、資本主義を否定したいんだな、ということがよく分かります。

 出だしから、煙吐き出している煙突の写真を使って印象操作しています。だいたい、ちょっと郊外に出れば田園風景広がってるでしょうに。みなぎる思想誘導に、驚きを隠せません。

 お次は大英帝国のロンドン万博の写真を取り上げて、植民地支配で虐げられた人達はどう思ったろう、と思想誘導しています。

『検定版 韓国の歴史教科書―高等学校韓国史 (世界の教科書シリーズ 39)』P96より。

資本主義は帝国主義で植民地支配2

「博覧会を見た人々は何を思い浮かべたのだろう。苦痛を受ける植民地の人だろうか、それともバラ色の未来だろうか?」

 これです、これ。思いっきり今の価値観を過去に投影してますね。最新のテクノロジー自慢してるけど、植民地支配下で苦痛を受ける人達を考えてるのか!?と糾弾しております。

 北朝鮮の「我々は米帝に孤立圧殺されている!!」という主張とかぶりますね。この時代の人が何考えてたかなんてわからんでしょうに。道徳観念だって今の時代とは全然違います。今の価値観を持ち込んで過去を断罪し、それを資本主義批判や、帝国主義批判につなげていくわけです。

 探究活動(章最後の確認テストみたいなもの)のフロー図でどういう認識を持たせたいのかがよく分かります。『検定版 韓国の歴史教科書―高等学校韓国史 (世界の教科書シリーズ 39)』P99より。

資本主義は帝国主義で植民地支配3

 答えは書いてないですが、(ア)は「独占」資本主義でしょう。(イ)は「帝国」主義でしょう。
資本主義から産業革命を経て、独占資本主義になって、帝国主義になりましたよ~という総括です。

驚くべき短絡思考です。こんな教科書で大丈夫ですか?と非常に心配です。

 最後のまとめが大変素敵です。
『検定版 韓国の歴史教科書―高等学校韓国史 (世界の教科書シリーズ 39)』P124より。

資本主義は帝国主義で植民地支配4

 ひとめでわかる、Let’s短絡思考フロー図です。注目ポイントは社会主義=反帝国主義運動と定義して美化している点でしょう。民族主義の方がよっぽど反帝国主義運動に寄与していたと思えますが、そうは思っていないようですね。

 資本主義が発達し、植民地が必要になって、その結果帝国主義が出現した、としています。なかなか素敵な教科書になっています。別に資本主義がどうとか関係ないように思えますが、資本主義=悪、と定義するためにも植民地支配と帝国主義の原点とすることで、資本主義をこき下ろしたいという意図が大変見え隠れする教科書です。

資本主義は、帝国主義で、植民地支配だから悪である。

 どうやら、こういう価値観を子供に植え付けたいようですね。これ、北朝鮮の教育と一緒です。朝鮮学校の歴史教科書と同じです。韓国の保守がこれを是正しようとしても、親日派レッテル張りや、植民地美化論を振りかざして反論を封殺してきます。この辺の手法は、日本の左翼と一緒でしょう。日本側の左翼とも呼応して、積極的にレッテル張り&言論弾圧してくるのが日韓の左翼です。

 この教科書の行きつくところは、金独裁体制を維持したままの、危険極まりない統一でしょう。日本の敵は韓国ではなく、韓国の教育界とメディアに浸透した、従北左翼勢力だと言えます。この力を削っていかない限り、真の日韓友好は不可能でしょう。

 

コメントを残す