進撃の文在寅:対日関係をマネージする気もなければ興味もなし、日韓関係を破壊するまで止まらない

昨日の文在寅大統領の新年の記者会見ですが、先日投稿した通りでした。(参考記事:『文在寅大統領の1月10日新年の記者会見を予想』)

期待を良い意味で裏切ってくれることを期待していましたが、はかない期待でしたね。

日本への言及が1回だけありましたが、それも間違って日本人記者を指名したからでした。

指名したのは、後ろの青い服を着た外国人女性記者だそうです。

 

凄いなこの人。

これ言う必要あります?

「暗にお前の質問に答えたくなんだよ」「日本の件は関わりたくないんだよ」と言っているようなものです。

「余計な一言」とはまさにこのことでしょう。

で、一連の質疑応答はこちら。

 

 

以上、文在寅大統領でした。

日本側の反応ですが、まぁみんなキレるキレる。

反発一色です。

擁護するメディアがありそうなものですが、ほぼ皆無。

アエラやリテラあたりがなんか言うかと思いきや、スルーという「報道しない自由」の権利を行使しておられます。(まぁそのうちなんか言うでしょうけど)

せいぜい個人がSNSで、「政治問題化する極右のアベが悪いんだ」的な論理で批判するくらいでしょうか。

上述の画像は、昨日2019.01.10のBSフジLIVE プライムニュースのものですが、コメントしていた武藤元大使もご立腹でした。

怒って声を荒げるわけではありませんが、あの温厚を絵に描いたような人が、かなり突き放した言い方でコメント。

「日本の知韓派が文政権を見限った」ことがよく分かります。

ただし、「韓国の国民同士は仲が良い。政治が問題。それも文政権が問題だ」と強調されてましたね。

まったくもって同感ですね。

それにしても対日外交をちゃんと管理する気ゼロなのは驚きます。

つまりはこういうことです。

  • 司法の判断に介入できない=このまま司法の判決通り執行されても放置!
  • 政治の材料にし、未来志向的関係を壊すべきではない=韓国にとって都合の良い未来志向的関係に日本は黙って従うべし!
  • 被害者の苦痛を和らげるため日韓は知恵を出し合うべき=被害者が謝罪と賠償をしろと言っているんだからその通りにしてよ。韓国政府にやれることないっす!
  • 不満があっても「仕方ない」という認識を持つべき=司法の判決通りに資産差し押さえ、現金化、被害者へ清算されても「仕方ない」とあきらめよ!

他国に国際条約という国家主権を超越する、もしくは国家主権以上に尊重すべきものに対して、自国の三権の一角である司法に従えと言っているようなものです。

日本の最高裁が「竹島は日本の領土である。竹島周辺の領海で漁業をする韓国漁船や、島に常駐している韓国人は不法侵入なので拘束すべし」と判決が下り、日本政府が次々と竹島の韓国人を拘束・送還し、韓国側が猛抗議したとして、日本政府が「韓国は日本の司法の判断を尊重すべき」と反論したらブチ切れるはずです。例えるならそれと同じことをやっているわけです。

こうなれば韓国は当然実力行使を検討するでしょう。

日本も同じです。

新日鉄の資産が没収され、そして韓国側が協議に応じず、第三者委員会も国際司法裁判所にも問題解決を託そうとしなければ、日本政府がなんらかの経済制裁や嫌がらせをやるしかなくなるでしょう。

放置したら、国内から安倍政権が突き上げをくらいます。

韓国メディアは「改憲のために利用している」「支持率アップのため」という理由で論点ズラしをしていますが、純粋に「民意がそれを許さない」だけです。

そういう点は韓国と一緒です。

そして、だからこそどうしようもないわけです。

ある意味、文大統領の言う通り、「仕方がない」という認識を持つしかないでしょう。

何も意図的に文政権が日韓関係を破壊したがっているとは思いませんが、関係が悪化しても何としてでも食い止めるという気概も能力もないのは間違いありません。

別に責める気はありません。

日本をもっと重視してほしいとは思いますが、日本だって外交文書からどんどん韓国への言及は消えているわけです。同じことが日韓双方で起きているだけで、その他大勢の国々の中の一国という扱いへと優先順位が下がっているだけです。

何せ、記者会見で間違いで日本人記者が指名されなければ、日本への言及は皆無だったわけです。

ま、フィリピンやベトナムと一緒ですね。

文政権の外交優先順位は、ぶっちぎりNO.1で北朝鮮で、その次に米国と中国です。その二国も、北朝鮮への影響力がもっとも大きいという理由で優先順位が高いだけ。

日本なんてアウト・オブ・眼中。

日本との関係を良好に維持したいが、そのためにこちらが譲歩したり配慮したりする気はなし。

日本側も似たような状況です。

もはやお手上げです。

日韓関係はこのまま安定的(?)に悪化の一途を辿ることでしょう。

進撃の文在寅大統領は、日韓関係を完膚なきまで破壊するまで、止まらなそうです。