ネット世論は北朝鮮コミンテルンの独壇場その5 ~断固として北朝鮮と韓国は同じと主張~

『ネット世論は北朝鮮コミンテルンの独壇場 その5』の続きです。

北朝鮮と韓国は根が一緒』というタイトル。ここのコメントでやり取りしましょうと誘われたので議論していみました。横から野次馬がやってきますが、まぁ同じ一味でしょうね。

ありえない言い訳の数々を繰り広げる人が、ネットで嫌韓情報をまき散らしているわけです。誰が日韓断交や対米関係悪化を目指して情報扇動しているか分かろうというものです。

 

次の内容についてコメントに返信を書きました。

それでは、もう一つ、朝鮮学校で行われるソルマジ公演について。

先日、ウソを書き連ねてくれる某リポーターズの同胞らしき人物が金田に絡んでくれました。わずかなやりとりなのに「ウソを書くな」 と3回も書かなきゃいけないような御仁でしたが、この人が「ソルマジ公演」 についてどう思うか、と何度も聞いてくるので思わずスルーしてしまいました。

良い機会なので、金田がどう思うかについて書かせてもらいましょう。

まず、ソルマジ公演に行く生徒は強制ではなく立候補です。家族の、そしてその家族の意思によって自ら参加を希望するのですね。もちろん、立候補したからといって全員が参加できるのではなく、朝鮮舞踊をどれだけ上手く演舞できるかが重要なので、1校につき数人しか参加できないという事も少なくありません。ソースは朝鮮学校の先生ね。

金田はね、自らの意思でそういった行事に参加する事については各自の自由だと思います。強制的に全員が、というのなら、問題も大きく何らかのアクションが必要でしょうが、自ら立候補してまで参加したい生徒とご家族を止める手立ては日本に、もちろんのこと南朝鮮にもない。

凄いですね。まるっきり朝鮮学校の代弁者です。

ちなみに朝鮮学校の一般公開で、ソルマジ公演について尋ねたところ、これと似たような回答をいただきました。

保護者の同意でもって本人も望んでやっている、という言われましたね。

まぁそれと一緒の回答です。

反論はこちら。

なるほど自分の意志で行く。つまりは「敬愛する金正恩元帥様!」と本気で思っているわけですね。つまり洗脳教育であり、カルト教育です。

そうなると子供の学ぶ権利という人権を蹂躙していることになります。
国連人権宣言に従って子供を保護する必要があります。

大いにソルマジ公演の危険性を拡散して子供の保護を日本政府に求めていくべきではないでしょうか?

自分で望んでこの公演をやるなどありえません。

望んでやっている=洗脳が成功している、となります。

その方がよほど問題です。

コメントありがとうございます。

#6は蒲生健二さんご本人で宜しいでしょうか?

蒲生さんの論点をまとめると、

・「敬愛する金正恩元帥様!」と本気で思っている洗脳教育、カルト教育を朝鮮学校で行っている。
・朝鮮学校は子供の学ぶ権利という人権を蹂躙している。
・朝鮮学校に通っている子供を国連人権宣言に従って保護する必要がある。
・ソルマジ公演の危険性を拡散して子供の保護を日本政府に求めていくべき。

となるでしょうか。
ここに4点目がいきなり挿入された感が拭えずかなり強引な論法に見えますが、なぜ危険と思うのか教えてもらえますか?

なぜ危険と思うか、理由を問われました。

こう返す。

本人です。

4点目はいきなりではないですよ。ずっと主張しています。

いつ崩壊するかも分からない国に長期滞在させるのは子供の命を危険にさらす行為でしょう。

さらには朝鮮学校建設に尽力した在日一世や朝鮮学校の先輩たちを収容所送りにして拷問の末に殺した相手を愛する教育は残酷ですし、そのような相手に子供の命を預けるのは危険極まりない行為です。

逆に聞きたいのですが、金正恩の言うことを何でも聞くことが危険だと思わないのでしょうか?その感覚がないなら一生平行線かと思えます。

正直、これで納得しない人などほとんどいないと思えます。

別の人から横やりが次々入ってきました。しょせんはみんな従北さんでしょう。金田さんが別名で書き込んでいるかもしれません。

話題を別の方向に誘導したいようです。

相手にしてられないので、「議論が発散するので横やりはやめてください」と書き込む。

金田氏にとっては援護射撃なので、「多様な意見を突き合わせていく事はとても大切」、「蒲生さんと語り合おうと用意しましたが、皆さんの意見も同時に伺いたい」、「対立の場ではありませんからそこは自由にいきたいと思いますがいかがですか?」、といかにももっともなことを書いてきました。

「議論が発散するのでやめておきましょう」と断る。

いえ、議論が発散するのでやめておきましょう。
必要であればその他の方々とは別途返信します。

>先ずはどうしてそう考えたか詳しく書いて貰えますか?

①いつ崩壊するかも分からない国に長期滞在させるのは子供の命を危険にさらす行為でしょう。

②さらには朝鮮学校建設に尽力した在日一世や朝鮮学校の先輩たちを収容所送りにして拷問の末に殺した相手を愛する教育は残酷ですし、そのような相手に子供の命を預けるのは危険極まりない行為です。

この2点に対する質問でしょうか?逆に、これに同意できないというのであれば、どの点が疑問か教えていただけますか?

何が同意できないのかが分からないので、もう一度聞き直す。

おはようございます。

♯16 蒲生さん
ハンネは統一お願いします。

ということで、蒲生さんの論点は、

・「敬愛する金正恩元帥様!」と本気で思っている洗脳教育、カルト教育を朝鮮学校で行っている。
・朝鮮学校は子供の学ぶ権利という人権を蹂躙している。
・朝鮮学校に通っている子供を国連人権宣言に従って保護する必要がある。
・いつ崩壊するかも分からない国に長期滞在させるのは子供の命を危険にさらす。
・朝鮮学校建設に尽力した在日一世や朝鮮学校の先輩たちを収容所送りにして拷問の末に殺した相手を愛する教育は残酷
・残酷行為を行った相手に子供の命を預けるのは危険極まりない行為

という内容を論じることで良いでしょうか。
それではこれらについて金田の見解を書いていきたいと思います。

ここから凄い主張の数々が登場します。

 

・「敬愛する金正恩元帥様!」と本気で思っている洗脳教育、カルト教育を朝鮮学校で行っている。

思想教育というものは、そもそも、その思想を受け入れることができなければ洗脳やカルトと考えるものです。朝鮮系問題を論じる方なら分かると思いますが、私たち朝鮮系にとって日本の天皇制はまさに洗脳教育そのものですし、日本側からすれば南朝鮮の反日教育は洗脳教育でしょう。その国の教育内容を受け入れることができるかどうかは、親が決めるもので、親がそういった教育を受けさせたいから朝鮮学校に通わせているのです。

ただし、補助金問題は全く別であり、反日教育を行う教育機関に日本が支援するというメリットはない。朝鮮学校は法的にその設置が具備されていないこともあるので支援(この場合は補助金)は必要ありません。

だいたい言い訳に天皇制も持ち出してきますよね。ここで天皇陛下と北の暴君を一緒にするとはけしからん!と怒るような愛国馬鹿だと相手は大喜びします。

ちなにみ一水会のような偽装右翼団体は、北朝鮮国民も同じ愛国者じゃないか!と北に甘いです。そういうありえない右翼を増やすのに天皇陛下が利用されていることにため息がでます。

・朝鮮学校は子供の学ぶ権利という人権を蹂躙している。

子供に何を学ばせたいかを決めるのはその子供の親であり、蒲生さんや金田ではありません。私たちがその教育は間違っていると思っても、親がその教育を受けさせたいと考えて、朝鮮学校を選んだのであれば教育を受けさせる権利を蹂躙しているということにはなりません。
ここで一つ、教育を受けさせる権利と学ぶ権利の違いも知って欲しいと思うのですが、小学校入学年齢において、子供が自らどういった思想を学びたいかなどを決定できる子供はほとんどおらず、実際は親が決定します。ですから、親の考える教育を朝鮮学校が提供できているのであれば、それは教育を受けさせる権利を十分に満たし、また、子供の学ぶ権利を蹂躙していることにはなりません。

韓国は反日だと非難するわりには、えらく朝鮮学校には甘いですよね。不思議なもんです。

この論理がなりたつなら、親がろくでなしの場合、子供は犠牲になるしかないですね。

・朝鮮学校に通っている子供を国連人権宣言に従って保護する必要がある。

以上の事から、人権宣言に基づく保護の対象にはなりません。

・いつ崩壊するかも分からない国に長期滞在させるのは子供の命を危険にさらす。

国家の崩壊リスクに関しては、南朝鮮の方が更に深刻です。今までに軍事クーデターが実際に起き、政権が交代し憲法まで書き換えられている国です。しかも、体制崩壊だけでなく経済崩壊も幾度となく引き起こしている国であり、現在もまた崩壊危険レベルにまで達している状況です。
異常なほどの犯罪率の上昇も踏まえ、北朝鮮が国家崩壊リスクが高いというなら、南朝鮮はもっと高い状況にあると考えます。

凄いこと言いだしました。

北朝鮮より韓国の方が国家が崩壊するリスクが高いそうです。

世界中の学者や政治家にアンケートとってみたいですね。まぁ失笑を買うと思いますが。

・朝鮮学校建設に尽力した在日一世や朝鮮学校の先輩たちを収容所送りにして拷問の末に殺した相手を愛する教育は残酷

個人的に、金田は南朝鮮で高等教育を受けており、天皇陛下は我が民族を虐殺した戦犯だという教育を受けています。ですが、金田の現在は天皇陛下を崇敬させて頂いておりますが、自分の置かれた状況を残酷だとは思っておりませんし、南朝鮮にいる親族もまた、金田のことを可哀想な人とは思っていません。
要は、その教育を受けている子供とその親が朝鮮学校を選んだ理由は必ずしも金体制マンセーを学ばせたいというものではなく、ハングル教育を受けさせたいとか主体思想を学ばせたいなどといったものです。同胞殺しを金田は受け入れることは全くできませんが、それならば韓国の方が虐殺している人数は比較にならぬほど多いので、朝鮮学校だけを残酷と見るのはおかしな話となります。
尚、主体思想と金体制マンセーは同じものと考える人もいますが、原則これらは別物です。

北の同胞殺しや、在日朝鮮人殺しの件を、なぜか韓国を持ち出して朝鮮学校だけを残酷どだと見るのはおかしいと言いだしました。

意味が分からない。

これこそ論点ズラしだと思えますが、相手はこちらが論点をズラしをしていると非難してきますね。

・残酷行為を行った相手に子供の命を預けるのは危険極まりない行為

上記から、言うなれば、韓国学校、朝鮮学校ともに危険極まりない教育機関であるから共に廃止すべき、というのであれば辻褄は合うでしょうが、それを朝鮮学校にだけ言うのであればそれは違うと考えます。
また、仮に朝鮮学校が法的に要件を具備する書類を提出さえすれば、残念なことに日本は法治国家ですから、朝鮮学校も支援の対象となってしまいます。そこは早急に法体制を見直す必要がある点でしょう。

以上から、朝鮮学校の生徒の保護を日本政府に求めるだけの要件は具備していないことになりますし、元々、朝鮮学校に通う生徒たちの多くは日本国籍ではないのですから、保護を求める第一義はそれぞれの国になります。

北朝鮮籍自体は比較的簡単に南朝鮮籍に移せるにも関わらず、今を以って北朝鮮籍を堅持し続けているのですから、国交のない北朝鮮人を積極的に保護する義務は日本政府にはありません。
また、学生の中で南朝鮮籍の子供たちもおよそ半数を占めてはいますが、私たちという民族は例えそれが間違いであっても、日本政府からの干渉に関しては断固とした抵抗を行います。それを知っている日本政府が朝鮮学校の生徒の保護に動く道理がありません。

長くなってしまいましたが、ソルマジ公演は見ていて嫌悪を感じるものですから金田にとっても批判の対象ですが、公演に学生を派遣するかどうかは、その親と子が決めており、教育の義務の主体はその親にあることから、日本政府の介入は余程のことがない限りあり得ないと思います。

以上になりますが蒲生さんはこれらについてどうお考えですか?

いやいや、本当に凄い。

この論理展開で自分は北朝鮮シンパじゃないとは言いだしたら、これが洗脳かと思ってしまいますね。なんだかんだと北にとって都合の良い発言と行動をしてしまうわけですから。

長くなりますが、返事はこれ。

>♯16 蒲生さん
>ハンネは統一お願いします。

すみません、思いっきり間違えていますね。失礼しました。

①思想教育というものは、そもそも、その思想を受け入れることができなければ洗脳やカルトと考えるものです。朝鮮系問題を論じる方なら分かると思いますが、私たち朝鮮系にとって日本の天皇制はまさに洗脳教育そのものですし、日本側からすれば南朝鮮の反日教育は洗脳教育でしょう。
その国の教育内容を受け入れることができるかどうかは、親が決めるもので、親がそういった教育を受けさせたいから朝鮮学校に通わせているのです。

ただし、補助金問題は全く別であり、反日教育を行う教育機関に日本が支援するというメリットはない。朝鮮学校は法的にその設置が具備されていないこともあるので支援(この場合は補助金)は必要ありません。

①回答
「敬愛する天皇陛下様!」と子供に絶叫させる学校があれば、日本社会で大問題になり、非難や取り締まりの対象となるでしょう。ゆえに朝鮮学校と同列には語れません。親が決めるもので、他人は口をはさむべきではないとすれば、虐待も合法になります。これは幼児虐待と同等であると考えます。

日本の天皇制や韓国の反日教育では比喩の対象になりません。比喩とは対象Aについて、理解のしやすい対象Bを例として並べ、理解を助けるものです。次元の違うものを並べて、そちらと同じだというのは印象操作であり、捏造の類に属するものです。

同列に並べるとしたらオウム真理教でしょう。信者に犯罪行為をやらせる団体です。実際に対南工作や、日本人拉致への協力、他でもない在日朝鮮人同胞に対する親族を人質にした身代金ビジネス。これらはすべからく犯罪行為です。
そのような犯罪行為を行ってきた団体に子供の教育を任せるのはオウム真理教に入信させるに等しい行為です。オウム真理教に幼い子供を入れる行為は人権侵害にあたると思いますが、金田さんはそう思いませんか?

親が認めれば子供の教育はなんでも認めろ、というのであれば虐待も合法です。

そういった趣旨の回答をし、天皇制や韓国の反日教育とは別次元の問題だと反論。

カルトで一番近いのはオウム真理教です。犯罪行為を信者にやらせた団体です。

日本人拉致、対南工作、他でもない在日朝鮮人を相手にした北の親族を人質にした身代金ビジネス。すべて犯罪行為でしょう。それらをやってきたのが北朝鮮であり、朝鮮総連です。そして朝鮮学校は朝鮮総連のための学校です。

この説明で納得しない時点で、ガッチガチの親北派と自ら証明しているようなものでしょう。

②子供に何を学ばせたいかを決めるのはその子供の親であり、蒲生さんや金田ではありません。私たちがその教育は間違っていると思っても、親がその教育を受けさせたいと考えて、朝鮮学校を選んだのであれば教育を受けさせる権利を蹂躙しているということにはなりません。
ここで一つ、教育を受けさせる権利と学ぶ権利の違いも知って欲しいと思うのですが、小学校入学年齢において、子供が自らどういった思想を学びたいかなどを決定できる子供はほとんどおらず、実際は親が決定します。ですから、親の考える教育を朝鮮学校が提供できているのであれば、それは教育を受けさせる権利を十分に満たし、また、子供の学ぶ権利を蹂躙していることにはなりません。

②回答
上記①での回答と同じです。犯罪行為を信者に強要するオウム真理教に幼い子供を預けるのは幼児虐待です。それと同じです。

①の回答と同じ。親が認めればイスラム過激派教育も認められることになってしまいます。

③国家の崩壊リスクに関しては、南朝鮮の方が更に深刻です。今までに軍事クーデターが実際に起き、政権が交代し憲法まで書き換えられている国です。しかも、体制崩壊だけでなく経済崩壊も幾度となく引き起こしている国であり、現在もまた崩壊危険レベルにまで達している状況です。
異常なほどの犯罪率の上昇も踏まえ、北朝鮮が国家崩壊リスクが高いというなら、南朝鮮はもっと高い状況にあると考えます。

③回答
軍事クーデターは50年前のことですよね?そんな大昔のことを持ち出されて韓国の崩壊リスクが高いと言われても困ります。まぁ韓国の方が崩壊リスクが高いというならそれでもいいでしょう。

それと北朝鮮に子供を長期滞在させることの是非は別だと思います。北朝鮮では監視され、自由に移動することもできない、抑圧された状態下に置かれるわけです。親戚に会うのも北朝鮮政府に申請する必要があります。
仮に韓国で親戚と面会するのに韓国政府の許可が必要だとしたら、韓国を独裁国家だと非難しますよね?この時点で韓国と北朝鮮を同列には語れません。ましてや50年前のことを持ち出して同列扱いされても困ります。

韓国の方が北朝鮮より崩壊リスクが高いそうです。

笑うしかない。

100人に聞いたら100人とも失笑するようなことを言っています。

従北さんって大好きですよね、韓国の軍事クーデターが。

めんどくさいので50年前のことを持ち出されても困ります、と回答。

さらに長期滞在リスクを論じる上で、北朝鮮のありえない監視社会と親戚と会うのに北朝鮮政府の許可が必要という点を指摘して同列には語れないでしょう?と指摘。

韓国がやったら盛大に非難するのに北朝鮮がやっていることに激甘なのが本当に理解できない。

④個人的に、金田は南朝鮮で高等教育を受けており、天皇陛下は我が民族を虐殺した戦犯だという教育を受けています。ですが、金田の現在は天皇陛下を崇敬させて頂いておりますが、自分の置かれた状況を残酷だとは思っておりませんし、南朝鮮にいる親族もまた、金田のことを可哀想な人とは思っていません。
要は、その教育を受けている子供とその親が朝鮮学校を選んだ理由は必ずしも金体制マンセーを学ばせたいというものではなく、ハングル教育を受けさせたいとか主体思想を学ばせたいなどといったものです。同胞殺しを金田は受け入れることは全くできませんが、それならば韓国の方が虐殺している人数は比較にならぬほど多いので、朝鮮学校だけを残酷と見るのはおかしな話となります。
尚、主体思想と金体制マンセーは同じものと考える人もいますが、原則これらは別物です。

④回答
論理矛盾があります。朝鮮学校で金日成が在日朝鮮人を虐殺した戦犯だと教えており、それでも金日成を敬愛する将軍様と慕うのであれば金田さんのおっしゃるご自分の状況と一致します。しかし、そうではないですよね?例えるなら韓国での高等教育で天皇陛下は我が民族の太陽と教えていており、真実を知らずに天皇陛下を慕っているような状態です。
もしそのような教育をしていたら、韓国人は憐れな民族だと思いませんか?

韓国は自国で虐殺があったことを教えていますよ。しかし朝鮮学校はまったく教えていません。ゆえに「朝鮮学校だけを残酷と見るのはおかしな話し」ではないです。

さらに言えば、韓国の虐殺は過去ですが、北は現在進行形で朝鮮人を虐殺しています。

仮に朴槿恵大統領がNO.2を公開銃殺で、それも機関銃でひき肉にするような残酷な処刑を国会議員の前で行って恐怖で震えあがらせ、日本のEEZに落ちるようにミサイル発射実験を行い、核で威嚇するような暴挙に及べば、韓国への渡航を禁止させるでしょう。あまつさせ核実験成功の祝賀に駆けつけ、「敬愛する朴槿恵大統領様!」と子供に絶叫させる公演をやっていたとしたら、韓国学校はあっという間に取り締まられるますし、盛大に非難されます。

なぜ韓国がやればありえない暴挙になるはずのことを、北朝鮮がやる場合は問題なしと判断されるのでしょうか?

正直こういう指摘で納得できないなら、もう何を言っても無駄だと思える。

それにしても面白い。言い訳がスルスル出てくる。何度読んでも笑ってしまう。

 

⑤上記から、言うなれば、韓国学校、朝鮮学校ともに危険極まりない教育機関であるから共に廃止すべき、というのであれば辻褄は合うでしょうが、それを朝鮮学校にだけ言うのであればそれは違うと考えます。
また、仮に朝鮮学校が法的に要件を具備する書類を提出さえすれば、残念なことに日本は法治国家ですから、朝鮮学校も支援の対象となってしまいます。そこは早急に法体制を見直す必要がある点でしょう。

以上から、朝鮮学校の生徒の保護を日本政府に求めるだけの要件は具備していないことになりますし、元々、朝鮮学校に通う生徒たちの多くは日本国籍ではないのですから、保護を求める第一義はそれぞれの国になります。

北朝鮮籍自体は比較的簡単に南朝鮮籍に移せるにも関わらず、今を以って北朝鮮籍を堅持し続けているのですから、国交のない北朝鮮人を積極的に保護する義務は日本政府にはありません。
また、学生の中で南朝鮮籍の子供たちもおよそ半数を占めてはいますが、私たちという民族は例えそれが間違いであっても、日本政府からの干渉に関しては断固とした抵抗を行います。それを知っている日本政府が朝鮮学校の生徒の保護に動く道理がありません。

⑤回答
日本の文科省の監査を受けている韓国学校と、干渉を徹底して排除し、治外法権で好きにやりたいという朝鮮学校を同列にはできません。
おっしゃる通り朝鮮学校も法的要件を満たせばもちろん支援の対象になるでしょう。つまり法的要件を満たしている韓国学校と、法的要件を満たしていない朝鮮学校が同じ扱いになるわけがありません。だからこそ、朝鮮学校だけが非難されています。辻褄はあっています。

あと韓国籍が半分というのはプロパガンダの一種ですね。保護者の所属団体の8割以上朝鮮総連系団体です。韓国籍の比率で朝鮮学校の是非は語れないでしょう。

日本に住む以上は日本国籍の有無に関係なく、日本の法に従う必要があります。当然ですよね?朝鮮籍の人は日本の法に従う必要がないとでもいうつもりでしょうか?
国交があろうがなかろうが、日本に生まれ、日本で生きていくであろう子供を保護するのは日本政府の責務です。ゆえに日本政府は朝鮮学校の生徒の保護に動かなければなりません。

朝鮮学校を擁護するときに、必ず韓国を持ち出すのが従北さんの特徴です。

「韓国学校も同類だから朝鮮学校にだけ言うのは辻褄が合わない」そうです。

言い訳番長ここに極まれりです。

あとよく出る言い訳が韓国籍が半数という主張。

親の所属団体の8割以上が朝鮮総連系団体の時点で、韓国籍が多いから親北ではないとは言えないでしょう。

そのうち創価大学や幸福の科学あたりを持ち出してきそうですね。

それにしても国交がない北朝鮮人を守る必要はないという主張には驚きます。

国交がない=国として認めてないわけです。つまり北朝鮮国籍の人間というのは日本に存在しません。だいたい特定永住者という法的身分があるのですから、日本政府が保護する法的義務があるに決まっています。

いかにも北朝鮮式教育を受けてきた人が言いそうなことですね。

⑥長くなってしまいましたが、ソルマジ公演は見ていて嫌悪を感じるものですから金田にとっても批判の対象ですが、公演に学生を派遣するかどうかは、その親と子が決めており、教育の義務の主体はその親にあることから、日本政府の介入は余程のことがない限りあり得ないと思います。

⑥の回答
親が子供の教育を決める主体という点については①の回答の通りです。オウム真理教に判断能力が備わっていない子供を入信させるのは幼児虐待です。

日本政府の介入ですが、日本人が、朝鮮学校が1987年から毎年こういうありえない公演をやらせているということ知らず、朝鮮学校が高校無償化という差別を受けていると思っているから日本政府が動かないだけだと思います。
しょせん政治家も人気商売です。票にならなければ動きません。
ゆえにソルマジ公演を大いに拡散して子供の人権を守れと世論を喚起し、地上波テレビでもソルマジ公演が放映され、コメンテーターが「公開銃殺や餓死者が出ている横でこのような公演をやらせているとは!ありえない!!」とショックを受ける様子がお茶の間で流れれば日本政府も動くでしょう。

 

長くなりましたが以上が論旨になります。
金田さんはどう思われますか?

ソルマジ公演の言い訳、親と子が決めているから周りが言うことじゃないそうです。

本当に問題ないと思うなら入学案内や、一般公開のときに流してみればいい。まぁこれは金田さんに言うことではないですが。

一般公開に来た日本人や、善意で朝鮮学校に協力している人たちが一番ショックを受けることでしょうね。

90年代、大量の餓死者が出ている横でこの公演をやらしていた、という指摘に何も思わないようでは話になりません。

それにしても面白い。

軍事独裁を盛りに盛って韓国悪魔化をせっせと頑張るわりには、金正恩の機関銃でひき肉処刑して、公開銃殺で恐怖で震えあがらせる方法には「一瞬で死ねる方が楽」と言いだします。絵に描いたような従北さんです。

長くなるので別投稿にします。

続きはその5へ。

コメントを残す