ネット世論は北朝鮮コミンテルンの独壇場その6 ~とにかく南と北は同根~

ネット世論は北朝鮮コミンテルンの独壇場 その5』の続きです。

北朝鮮と韓国は根が一緒』というブログ上でのコメントのやりとりをまとめておきます。

まぁなぜこういうことをやっているかと言うと、ネット上で嫌韓言説をまき散らしている人が、どう考えても親北人士と思えないということを知ってもらう証拠にするためです。

ネットのヘイトスピーチが日本の右傾化の問題と勘違いしている人が多いようですから。

どう考えても嘘八百並べたり、韓国の常軌を逸した従北左翼の意見が韓国全体の意見かのように扇動する方がヘイトスピーチの発生に寄与します。

騙される方も悪いでしょうが、扇動して騙す方がはるかに悪いです。

それでは続きです。

 

蒲生健二さんの論点

①「敬愛する金正恩元帥様!」と本気で思っている洗脳教育、カルト教育を朝鮮学校で行っている。
②朝鮮学校は子供の学ぶ権利という人権を蹂躙している。
③朝鮮学校に通っている子供を国連人権宣言に従って保護する必要がある。
④いつ崩壊するかも分からない国に長期滞在させるのは子供の命を危険にさらす。
⑤朝鮮学校建設に尽力した在日一世や朝鮮学校の先輩たちを収容所送りにして拷問の末に殺した相手を愛する教育は残酷
⑥残酷行為を行った相手に子供の命を預けるのは危険極まりない行為

全般的に当初の論点から外れる傾向が強いですね。その点を強く意識して反駁をお願いします。

① 物事の概念を一方向からしか見ていない方に良く見られる思考法ですね。これは戦争における正義というものを考えると分かるでしょう。戦争をする両陣営は互いに自らの正義を以って戦争行為を行います。間違っても自陣営は間違っていると思って戦争はしないでしょう。他国の思想もそうです。私たちから見た北朝鮮と南朝鮮から見た北朝鮮、そして日本から見た北朝鮮は恐らく見方も違いますしその感じ方における温度も異なります。場合によっては、大きく異なる結果になる事もあります。蒲生さんはそれを理解できていないのでしょう。

また、特定の対象を熱狂的に崇拝する事をカルトと言いますが、これは規模により捉え方が変化するのをご存知ないのでしょうか?特定の規模の大きさまではカルトと言いますが、一定の規模を超えるとそれは思想になります。ある集団の中で特異的な思想で行動すると問題行動となりますが、その思想を持つ者が大多数の中では問題行動とはなりません。

ですからそれこそオウムという少数派と一国である北朝鮮を同列に語ることこそ理論のすり替えや捏造というものになります。

そこから、あなたの論点①は破綻する事になります。

② 「犯罪行為を信者に強要するオウム真理教に幼い子供を預けるのは幼児虐待」とあなたは書きましたが、それと論点②は全く別物です。学ぶ権利を奪っているという回答にはなっていません。

③ あなたの書かれた事は論点③の内容ではなく④。という事は③に関しては同意ということで宜しいですね。以降、この項目は議論から外したいと思います。

④ あなたは「軍事クーデターは50年前のことですよね?」と書きましたが、あなたは韓国という国の歴史や文化などを全く理解していないことがこの一文から理解できます。五共体制に移行した1980年。これは完全に軍事クーデターによって引き起こされたものですがご存知ないようで。
また、北朝鮮を監視社会とあなたは書きましたが、これは論点④とは全くかけ離れていますが回答しましょう。南朝鮮型監視社会は凄まじいものがあります。国は国民をお互いに監視させ、密告することで報奨金が得られるようにしており、昨年度は日本円にして9億円もの報奨金が支払われています。監視社会としての完成度は南朝鮮が上回っているでしょう、と言っても文化を理解されていないから分かってもらえないと思いますが。論点ずらしは止めましょう。

⑤ ここで韓国人、ですか?朝鮮学校に通われている学生について論じていたと思っていましたが。私の例えを理解できませんか。どういった教育を受けようと、大多数がその教えを間違いだと知っていれば修復は”ある程度”可能だと言いたいのです。そもそも朝鮮学校に通わせるのは金体制マンセーを学ばせることを主眼としている人はほぼいないのですけどね。
そして「韓国は自国で虐殺があったことを教えていますよ」!!!本気で言っていますか?
教学社の歴史教科書から当該箇所を抜粋しましょう。「保導連盟は左翼に加担した人々を保護し指導するために組織した団体だ。しかし北韓軍が南侵するやこれらの人々が北韓に協力するかも知れないという疑いのためにこれらの人々を処刑した。」どこに100万人を超える虐殺が書かれていますか? これ自体も新しく記載されたものであり、10年前だと保導連盟事件という言葉すら多くの国民は知らなかったのです。
ちなみに、南朝鮮軍では4日に1人の割合で軍人が殺されます。殺されるというより自ら死を選ぶように差し向けます。あなたの書く殺害方法は苦しまずにしねますが、自ら死を選ばせるのはもっと残虐だと思いますけどね。
また、朴槿惠は支配者ではありませんから敬愛などされるような対象ではありません。ただ、そういった層は似たような事をしますね。日本でよく知られているのは慰安婦様ですね。「敬愛する慰安婦ハルモニ〜!」って水曜集会でもやっていますし、授業を休ませてでも集会参加を促したりもしますがどこからも非難されていませんね。
ちなみに、南朝鮮では慰安婦ハルモニを対日賠償戦略における指導者的役割を担っており、その点では朴槿惠以上の力を持っている存在だということは今更言うまでもありません。形は変わっても、そういった力を持つものに対する「マンセー!」体質は南も北も変わりません。

⑥ 根本から法解釈が間違っていますよ、蒲生さん。
「日本に住む以上は日本国籍の有無に関係なく、日本の法に従う必要があります。〜〜日本に生まれ、日本で生きていくであろう子供を保護するのは日本政府の責務です。」ですが、日本に住まなくても滞在するだけでも日本の法に従うのは当たり前ですが、日本国が保護する義務は自国民だけです。ですから生活保護を在日外国人に支給するのは違憲という判決が出ているのです。
また、日本からの支援金対象かどうかは別として、金田は「教育機関」として論じています。蒲生さんは朝鮮学校は教育機関ではないとおっしゃるのですか?その上、これまた初めて知りましたが、朝鮮学校は治外法権、ですか!日本は法治国家ですから、総連本部も含めて朝鮮学校は全て日本の法の下に置かれています。
ですからあなたが書かれた内容は金田に対する反駁にはなりませんし、あなたの論点⑥でいう「危険極まりない行為」という主張を正当化する事もできません。

ソルマジ公演をどうの言うのは、日本では言論の自由が保障されていますから、蒲生さんも自由に論じてください。ただ、思い込みや現地調査をせずして話しを盛る人たちの話だけを論拠に、歴史や文化を理解せずして話しを展開すると笑い話にしかなりません。

一つ、蒲生さんに教えてあげましょう。脱北者が南朝鮮に入国して一定期間、”教育” を受けることをご存知でしょうか。もし、あなたが今後もこういった活動を続けるのならどういった教育を彼らに施すかそれこそ現地で、人脈を最大限駆使して調べてみると良いですよ。なぜ、世代も住所地も違う脱北者が金太郎飴のような話しをするのかその理由をあなたも掴めるかもしれません。金田はまだ死にたくないので詳細は書きませんけど。

うーん、凄い。

一言で言えば、北朝鮮に都合の悪いことは矮小化し、韓国の悪いことは拡大解釈すべし!というところですかね。

あと脱北者はハナ院で教育を受けているから北に不利な証言ばかりすると言いたいようです。

回答はこれ。

>全般的に当初の論点から外れる傾向が強いですね。その点を強く意識して反駁をお願いします。

逆に論点から外そうとするのは金田さんではないでしょうか?私は金田さんの主張に回答しているだけですよ。

>① 物事の概念を一方向からしか見ていない方に良く見られる思考法ですね。

もちろんその通りだと思います。つまり金田さんは北朝鮮側から見た思考法をされているように思います。
国連人権委員会や各種人権団体が威信をかけて集めた脱北者の証言を「話を盛る民族」だから百聞は一見に如かず、実際に見なければ信用できないという主張をされては北朝鮮側の代弁者と言われても仕方ないのでは?

それにしても脱北者の証言が信用できないと豪語できる神経がすごい。

脱北者の証言は韓国国情院の陰謀だと本当に思ってそうですね。

>また、特定の対象を熱狂的に崇拝する事をカルトと言いますが、これは規模により捉え方が変化するのをご存知ないのでしょうか?特定の規模の大きさまではカルトと言いますが、一定の規模を超えるとそれは思想になります。ある集団の中で特異的な思想で行動すると問題行動となりますが、その思想を持つ者が大多数の中では問題行動とはなりません。
>ですからそれこそオウムという少数派と一国である北朝鮮を同列に語ることこそ理論のすり替えや捏造というものになります。

規模でカルトが思想に変わるというのは間違いです。
別けるとすれば無害なカルトと、破壊的カルトでしょう。

「破壊的カルトとは」
http://www.suisse.jp/cult.html

犯罪行為をする集団は破壊的カルトに分類されます。規模は関係ありません。
日本人拉致、韓国に対する数々のテロ、帰国事業で在日朝鮮人の財産を収奪し、人質ビジネスで身代金を払わせる。これらはすべて犯罪行為です。
このような犯罪行為に朝鮮総連は加担してきました。その明白な証拠があるのに、一切反省せず、隠蔽しているのが朝鮮総連です。そして、そのようなことを一切教えず、朝鮮総連が在日のの権利を守ってきた団体だと教えているのが朝鮮学校です。

つまり、朝鮮総連と朝鮮学校は破壊的カルトに属します。保護者の8割以上が朝鮮総連関連団体に所属する朝鮮学校に通う子供を保護することは「破壊的カルト団体」から子供を守ることになります。
子供を保護することは国連の人権宣言に同意する日本政府の義務と言えます。

カルトは規模が大きくなると思想になるそうです。

私の考えは違いますので、「破壊的カルト」とただの「カルト」の違いを伝えておきました。犯罪行為を信者に行わせるのは「破壊的カルト」であり取り締まりの対象になると返しておきました。

>④ あなたは「軍事クーデターは50年前のことですよね?」と書きましたが、あなたは韓国という国の歴史や文化などを全く理解していないことがこの一文から理解できます。五共体制に移行した1980年。これは完全に軍事クーデターによって引き起こされたものですがご存知ないようで。

そうですか。では36年も前の話しですね。そのような昔のことを持ち出して韓国の方が北よりも崩壊の危機が高いと断言されても困ります。

めんどくさくなったので、36年も前のことを言われても困りますと回答。

>また、北朝鮮を監視社会とあなたは書きましたが、これは論点④とは全くかけ離れていますが回答しましょう。南朝鮮型監視社会は凄まじいものがあります。国は国民をお互いに監視させ、密告することで報奨金が得られるようにしており、昨年度は日本円にして9億円もの報奨金が支払われています。監視社会としての完成度は南朝鮮が上回っているでしょう、と言っても文化を理解されていないから分かってもらえないと思いますが。論点ずらしは止めましょう。

ありえない主張です。北朝鮮の監視社会の方が圧倒的ですよ。国外に出ることもできず、国内の移動の自由ありません。さらには好きなDVDも見れません。韓国のDVDを見ていることを密告されたら公開銃殺です。
それも実際に見ていないから信じられない、とでもいうつもりでしょうか?

もう一度言いますが、北朝鮮政府の許可がなければ在日朝鮮人の親戚に会えないのが北朝鮮です。北朝鮮は報奨金の替わりに親族丸ごと収容所送り、という恐怖で密告を奨励しています。韓国の方が監視社会として完成しているなどありえない主張でしょう。

またまた凄いこと言いだしました。

韓国の方が北朝鮮より監視社会としての完成度が高いそうです。

本当に笑える。

>そして「韓国は自国で虐殺があったことを教えていますよ」!!!本気で言っていますか?
>教学社の歴史教科書から当該箇所を抜粋しましょう。「保導連盟は左翼に加担した人々を保護し指導するために組織した団体だ。しかし北韓軍が南侵するやこれらの人々が北韓に協力するかも知れないという疑いのためにこれらの人々を処刑した。」どこに100万人を超える虐殺が書かれていますか? これ自体も新しく記載されたものであり、10年前だと保導連盟事件という言葉すら多くの国民は知らなかったのです。

教学社ですか。そんな数%程度の学校しか採用していない教科書を持ち出して、韓国全体がそのような教育をやっていると言われても困ります。

ご自分のブログで採用率0だった、と書いているのにそれが韓国全体のことのように言われても困るんですけどね。やれやれです。(※http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/45426057.html

>ちなみに、南朝鮮軍では4日に1人の割合で軍人が殺されます。殺されるというより自ら死を選ぶように差し向けます。あなたの書く殺害方法は苦しまずにしねますが、自ら死を選ばせるのはもっと残虐だと思いますけどね。

恐ろしいこといいますね。機関銃でミンチにされる姿を生きている人間に見せて恐怖で震えあがらせる方が自殺なんぞよりよっぽど残虐ですし、問題があると思いますよ。

韓国軍は、兵士を「自ら死ぬように差し向けている」そうです。またまた凄いこと言いだしました。

厳しい訓練やいじめが原因で自殺者が出ることを「韓国軍が狙って自殺させている」ように言いだします。そんなこと言ったら過労死は会社が社員を自殺に追い込む殺害方法となるでしょうね。

「狙って自殺させようとしている」などありえない主張です。

もっと凄いのは、北の処刑方法を独裁者の気分で機関銃でミンチにされるのは苦しまずに死ねる方法だと豪語している点でしょうね。

本当に驚きます。

>形は変わっても、そういった力を持つものに対する「マンセー!」体質は南も北も変わりません。

いや全然レベルが違うでしょう。
北朝鮮は国家権力でもって強制的にマンセー!と叫ばせます。
こちらの動画を見てみてください。
これだけの子供を集めて一個人を称えさせるなど世界中見渡しても北朝鮮だけですよ。
https://youtu.be/lag-J6XdXCI

韓国などたかが一市民団体です。それこそ言論の自由の範囲での活動でしかありません。その点からも韓国と北朝鮮が同列などありえません。

力のあるものにおもねる体質なんて人類共通と思えますけどね。

自分の命のみならず、親兄弟も命を奪われるという恐怖で、マンセー!を強要しているかどうかの違いはとてつもなくでかいと思いますが、金田さんは違うようです。

>⑥また、日本からの支援金対象かどうかは別として、金田は「教育機関」として論じています。蒲生さんは朝鮮学校は教育機関ではないとおっしゃるのですか?その上、これまた初めて知りましたが、朝鮮学校は治外法権、ですか!日本は法治国家ですから、総連本部も含めて朝鮮学校は全て日本の法の下に置かれています。
ですからあなたが書かれた内容は金田に対する反駁にはなりませんし、あなたの論点⑥でいう「危険極まりない行為」という主張を正当化する事もできません。

文科省のチェックを受けていない以上、法的には子供の義務教育を行う資格は朝鮮学校にはないのでは?そもそも2010年3月に市民団体が朝鮮学校の教科書を邦訳するまで、文科省は教科書の内容を知らなかった時点で治外法権でやっていたことを証明しています。
それがバレたから無償化対象外となりましたし、朝大の認可取り消しなどの話しも出てきているわけです。

朝鮮学校が治外法権でやりたいといのは、朝鮮学校の元校長や教員だった人がそう言っているんですけどね。

文科省からの教育内容への監査を拒否しながら、でも無償化にせい!と主張しているのが朝鮮学校でしょう。日本の法に従いたくない!と主張しているのに教育機関として相応しいとは言えないはずです。

>ソルマジ公演をどうの言うのは、日本では言論の自由が保障されていますから、蒲生さんも自由に論じてください。ただ、思い込みや現地調査をせずして話しを盛る人たちの話だけを論拠に、歴史や文化を理解せずして話しを展開すると笑い話にしかなりません。

朝鮮学校卒業生や、元朝鮮学校の校長、教員、総連に追いかけまわされた人、そういった人たちの証言をもとにこれからも論じていきます。
何人もの朝大生や朝鮮学校の卒業生たちを北送し、自殺者が出るほどの思想教育をやっていた歴史や文化を理解せずにソルマジ公演や朝鮮学校を擁護するようでは笑い話にもならず、ただただ残酷だと思います。

思い込みもくそも、一般人が見てドン引きする公演をやっていることを恥ずかしいと思わないのか?というそもそも論です。

さらには在日の歴史と文化を語られては笑うしかない。

朝鮮総連がどれだけ在日朝鮮人を踏みにじってきたか知らないのでしょうか?

>一つ、蒲生さんに教えてあげましょう。脱北者が南朝鮮に入国して一定期間、”教育” を受けることをご存知でしょうか。もし、あなたが今後もこういった活動を続けるのならどういった教育を彼らに施すかそれこそ現地で、人脈を最大限駆使して調べてみると良いですよ。なぜ、世代も住所地も違う脱北者が金太郎飴のような話しをするのかその理由をあなたも掴めるかもしれません。金田はまだ死にたくないので詳細は書きませんけど。

面白いこといいますね。真実だからみんな同じことを証言するとは思わないのでしょうか?日ごろの生活については脱北者の意見は千差万別ですが、恐怖政治や収容所の証言は同じです。
ちなみに日本の脱北者は韓国の教育を受けていませんが、証言内容は変わらないですよ。
韓国のハナ院で受ける教育は、北朝鮮で植え付けられた洗脳を解き、韓国で無理なく定着するための教育ですね。まるで北朝鮮の洗脳教育と同じことをしているように言うのは、捏造であり、印象操作でしょう。

またまた凄いこと言いだしました。ハナ院の教育は、脱北者の再洗脳する機関だと言いたいようです。

金太郎飴のような意見と言いますが、強制収容所の意見は一致してます。

意見が一致している、だから真実とは思わないようです。凄い思考回路です。

まぁそもそも根本的に考えが違うので議論はかみ合わないでしょう。

北朝鮮より韓国ははるかにマシ。北朝鮮の残虐さは圧倒的。
理由は次の通り。
・強制収容所で人間を家畜化している。
・公開銃殺で人間をひき肉にし、周りを恐怖に陥れる。
・国外に出ることもできず、国内を自由に移動することもできない。
・幼いころから嘘の歴史を教え、独裁者を称える教育を徹底してやっている。
韓国は全てやっていないので、北朝鮮より圧倒的にマシ。
この点が合意できなければ永遠に平行線でしょう。

日本は言論の自由がある国なのでお互い討論しながら情報発信していけばよいと思います。こちらのやりとりはありがたくアジアン・リポーターズのサイトにUPしておきます。

一般人が見て、どちらに理があるかは見る人が判断することでしょう。

もう疲れてきた。

そもそも「北と南は一緒」という前提が一致していないので何を話しても無駄だと思えます、と回答。

それにしても凄い。

北の残虐レベルと韓国の残虐レベルが一緒などありえない。

だいたい根が一緒というが、そんなものは教育次第でしょう。

70年もガッチガチのチュチェ思想という独裁者崇拝教育をやってきた国民と、韓国国民の根が一緒になるわけがない。

元帥様に逆らう者には死を!という北朝鮮と、政府と戦おう!と市民デモが頻発する韓国が一緒なわけがない。

本当に理解に苦しむ主張のオンパレードでしたね。

このやり取りはありがたく使わせてもらいましょう。

正直めんどくさいのですが、放置しておくと騙される馬鹿な日本人が出てくるので、両論を示しておくことは必要です。

このサイトを見ているであろう、民団、韓国領事、脱北者支援団体の関係者などなど、そういう人たちが、嫌韓言論をまき散らしている人がどう見ても親北人士という点に気づくことが大事ですね。

まだこれで終わりではないです。

その7に続きます。(※ネット世論は北朝鮮コミンテルンの独壇場その7 ~なんとしてでも南と北は同根~

コメントを残す