従北偽装保守の言論 その3 ~日韓基本条約の評価が北の代弁者~

前日の続きです。

井上太郎最前線日記』の日韓基本条約に対する評価が、うまく日本側の代弁者の仮面をかぶりながら、実質は北朝鮮の代弁者と言える内容になっています。

 

日韓基本条約

日本国と大韓民国の間で一九六五年(昭和四〇年)の国交回復時に結ばれた日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約「日韓基本条約の関係諸協定、日韓請求権並びに経済協力協定」は、日韓基本条約の第二条が非常に重要な内容を持っています。

第二条 ― 両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。

しかしこの条文の前半部分(最初から「請求権に関する問題が」まで)は南朝鮮内では削除されて発表されています。したがって南朝鮮の一般国民は、「日本人は謝罪も賠償もしていない」と主張しているのです。

井上太郎最前線日記』 P133-134

ここまではまぁどうでもいいです。

条文を削ったことを問題視していますが、当時の世論を理解してないですね。

もしこの条文丸々見せてたら、「屈辱外交だ!」と裏で北と共産主義者たちが盛大に扇動していた暴力市民たちによるデモという名の暴動によって破綻させられてたでしょう。

付け入るスキを与えず、機密解除というより賢明になっているはずの子孫へ判断をゆだねた朴正煕の英断だと思いますけどね。

まぁ確かに韓国の従北左翼がぎゃんぎゃん騒いでますが、まともな韓国人の方々には、北朝鮮にスキを与えず、判断を自分たちに託した先祖の英断に感謝してほしいところです。

それがあったからこそ、今の韓国があるわけですから。

さらにこの時、日本側は個人補償を提案しましたが、南朝鮮政府が個人と国家の補償をまとめて全額受け取りたいと申し出たのを受け、その希望通りに全額まとめて支払い済みなのです。

井上太郎最前線日記』 P134

これも危険です。

慰安婦問題を盛大に炎上させている従北在日や、韓国の従北左翼なんかがこの論法をよく使います。

個人補償をすべきだったのに、当時の日韓政府のせいで慰安婦ハルモニのことが忘れられたんだ!許せない!!、という情緒です。

当時どれだけ韓国が貧乏だったか分かってないのでしょう。

ソマリア以下の経済で、全国民が貧困に苦しんでいました。

その状態で個人補償などしたら、各個人がおいしいもの食って、クソして終了ですよ。

朴正煕だからこそ、道路、電気、水道、ガス、学校、数々の企業、そういったものに計画的に投資して、今の韓国の礎を築いたわけです。

個人補償などしたら、根本的な問題は何も解決されずに、貧乏なままで国民の不満がたまり、「貧困⇒不満爆発⇒暴力市民が暴れる⇒大統領失脚⇒でも貧困なまま⇒先頭に戻る」という無限ループになっていたかもしれません。

そういう指摘をすればいいのに、日本は個人補償を提案したのに、韓国政府が全部奪ったかのごとき言い方は、完全な印象操作でしょう。

しかも強欲な南朝鮮は、北朝鮮の分もまとめて要求したので、それも全額支払っています。以上のことは、当然日本の公文書として記録され保管されています。

井上太郎最前線日記』 P134

これが北朝鮮の代弁者たるゆえんでしょうね。

「韓半島の合法政府は唯一韓国のみ」

日韓基本条約で最も重要な内容です。

井上太郎にはちゃんと国際条約を守ってもらいたいものです。

なんで韓半島の北半部を不当支配している武装勢力が、日本の国家補償をする対象になるのか。馬鹿なことを言うのはやめてもらいたいものです。

しかもその金額たるや充分どころのレベルではありません。国民が受け取らずに南朝鮮政府が勝手に内戦で使い切っただけで、多すぎるほどなのです。ちなみに北朝鮮の分も南朝鮮が使い果たしました。

「日韓基本条約の関係諸協定、日韓請求権並びに経済協力協定」の第1条で日本は、無償援助1080億円(3億ドル)、有償720億円(2億ドル)、その他民間借款で3億ドルもの大金を拠出しています。

現在価値にすると約2兆円の援助になり、当時の南朝鮮国家予算の1.5倍にもなる金額なのです。

井上太郎最前線日記』 P134-135

内戦で使い果たした?北朝鮮の分も韓国が使い果たした?

いったい何を言っているのか?

内戦が朝鮮戦争のことならおかしな話ですし、北の分は繰り返しますが、ただの武装勢力に払う金などありません。

さらに言えば、「使い果たした」とはどういうことでしょうか?

朴正煕時代の韓国経済の凄まじい成長速度を知らないのでしょうか?

払った分、韓国が発展し、貿易量が増え、お互いWin-Winになっているのだから別に問題ないでしょう。

もちろん「不足だ!」と非難されるのは心外ですが、韓国に「感謝しろ!」というのも情けない話です。そんな日本人には人間ちっちゃいな~、と言いたくなります。

まぁ仮に日本が何もしなかったとしたら、西ドイツとアメリカに投資の果実を全部持っていかれていたでしょうね。

日韓基本条約がなければ成長速度は鈍化したでしょうが、当時のアジア四小龍の経済発展は不可避の事象です。せっかくの金儲けの話しに乗り遅れるなどありえません。

結局経済界の突き上げで、どうせ韓国となんらかの条約は結ばなければいけなくなっていたでしょう。

当時は日本も戦争復興中であり、貧乏だったにもかかわらずこの巨額な補償を捻出しているのです。しかも戦後補償はそれだけではありませんでした。

日本人もあまり言及しないことですが、日韓基本条約締結の時に、「日本が敗戦する以前に持っていた朝鮮にある資産や債権を全て与える」という国際的にもあり得ない補償をしています。日本以外の国は、その国に全てを買い取らせています。それが国際常識なのです。

日本の海外資産だった、学校などの教育機関・裁判所・上下水道・公園・病院・警察署・道路・農地・鉄道等、日本が莫大な資産を投じて建設・整備し続けていた日本の財産をまるごと無償で朝鮮に与えているのです。要するに文化的生活のための設備を一国分まるごと与えたようなものです。

井上太郎最前線日記』 P135

ここが理解不能です。

どうもわざと朝鮮戦争前と、朝鮮戦争後を混同させて読者に誤認識を与えようとしているように思えます。

日韓基本条約は朝鮮戦争「後」の条約です。

日本が韓国に残した海外資産など全て灰燼に帰してますよ。

それとも灰になった設備や債券を金額に換算して韓国に買い取らせるつもりでしょうか?

ソマリア以下の経済ですよ。

凄まじい貧困に苦しんでいる相手に、そんな要求したらどうなるか分かりますよね?

世界中から非難ごうごうですし、日本国内からもそんな残酷な要求をする日本の政治家に非難が集中して、それ言った政治家はめでたく落選ですよ。

「日本以外の国は全て買い取らせている。それが国際常識なのです。」

アホか。んなわけない。

人としての常識に反しているものが、国際常識にはなりえないです。

北朝鮮では今でも併合時代に日本が建設した水力発電所が稼働しています。

井上太郎最前線日記』 P135

だから何?

自力で水力発電所をいまだに作れないなんて情けないね、と言いたいのでしょうか?

それとも、併合時代の設備が北には残っているとアピールして、朝鮮戦争で全て破壊されたということに気づかせないよう誘導しているのでしょうか?

全て破壊されたことを知っていて、当時の韓国の経済水準も知っていたら、「併合時代の資産を全て買い取らせる」、という考えにはまずならないですからね。

きっと嫌韓扇動に踊らされている日本の愛国馬鹿に、そういう点を気づかせたくないのでしょう。なかなかうまいですよね。

このように、手厚い補償を行ったにもかかわらず、朝鮮人は日本の敗戦が確定した途端に「同じ日本人だった友を裏切り」、手のひらを返して日本人から略奪と暴行を始めました。日本の被害は大きく、朝鮮人の犯罪者気質は伝統的民族性と言えます。

井上太郎最前線日記』 P135

被害者意識をあおり、カルト化させるのは北の常とう手段です。

韓国と在日に対してやり続けてますからね。

その逆を日本にも適用して愛国カルト化させ、その敵意を韓国へと向けさせたいのでしょう。己の敵同士を争わせる工作は、共産主義国家の常とう手段ですから。

 

上記いろいろツッコミを入れていきました。

井上太郎の一連の文章を読んで、北朝鮮と韓国についてどう感じますか?

北についてあまり何も感じないのに、韓国に対しては怒りを憎悪を覚える内容となっています。

誰にとって都合がよい内容か一目瞭然ですよ。

しょせんは従北偽装右翼が書いた嫌韓扇動本です。

ネット世論なんて、こういう北朝鮮の手先がうようよいます。

嫌韓ネトウヨ=従北工作員、という等式を頭に叩き込んで情報を吟味した方がよいでしょう。

この辺の扇動に乗せられていることを理解していない保守が多すぎる。

韓国を小ばかにする暇があるなら、一国のメディアと教育を乗っ取って分裂させる手腕に恐怖を感じてほしいものです。

北朝鮮は決してナメて良い相手ではありません。

ヘアースタイルがどうとか、女性はわき毛をそってないとか、そんなくだらない情報に騙されてはいけません。

この世の地獄と言える政治犯収容所で飢餓と暴力で死ぬまで働かせ、死んだあとは墓も作らずにただ埋めるだけ。

そんなありえないことを、あたり前ようにやる相手です。

金正日の「猪八戒のようにふるまえ」という教示を忠実に守っていると言えます。それに騙されてはいけません。

北朝鮮の内部資料によると、その後、米国との協議に臨む姜錫柱に、金正日は、中国の伝奇小説『西遊記』に登場する「猪八戒(ちょはっかい)のように振る舞いなさい」と言い渡した。

「猪八戒は、正直なような、ばかなような、かわいそうな、鈍いようなふりをしながらも、食べたい物は全て食べてしまうではないか」と説明した。

「われわれも『猪八戒外交』で、米国のやつらから核を守り、とれるものは全てとらなければならない」

「核兵器」隠して米からドル奪う秘策とは…題してバカ装う「猪八戒外交」

北が日本にやっている情報工作はまさにこれです。さらには韓国にも米国にもやっています。ついでに中国にもやってますよね。

ヘアースタイルがどうとか、総連にはもう力はないとか、朝鮮学校の子供はノンポリ化しているとか、それらは全部金正日が言った猪八戒外交と言えます。

警戒心を抱かせないようにすれば、好き勝手工作できますから。

北朝鮮を小ばかにする言論をメディアに流す人たちは、北の猪八戒外交にまんまと騙されていると言えます。

もしくは北の手先でしょう。

保守言論人で、拉致拉致言っているのに、戦後北朝鮮による対日工作と対南工作の凄まじさを調べていない人は従北か愛国馬鹿のどちらかと思った方が無難です。

関連投稿: