金正恩元帥に総聯中央常任委から手紙 ~教育援助金に感謝~

朝鮮総連が金正恩に感謝の手紙を渡したそうです。

北朝鮮は自分たちを、「金日成民族」、「金正日朝鮮」と規定しています。

金日成民族の国から教育援助金もらったのであれば、当然、「金日成民族」教育をするよう要求するのは当然。

朝鮮学校の民族教育が、「朝鮮民族」の民族教育ではない良い証拠です。

朝鮮学校支援者はいつまで民族詐欺を続けるつもりでしょうか?

手紙の内容はこちら。

 

金正恩元帥に総聯中央常任委から手紙

【平壌4月19日発朝鮮中央通信】

最高指導者金正恩元帥に、金日成大元帥による在日同胞子女への初の教育援助費と奨学金の送金60周年に際して在日本朝鮮人総聯合会中央常任委員会が19日、手紙を送った。

手紙は、金日成大元帥が1957年4月、祖国の人民が困苦欠乏に耐えて戦後復興建設を促していた困難な時期に、異国で苦しんでいる同胞らに子どもを勉強させるお金を送らなければならないとし、巨額の教育援助費と奨学金を送ったことについて指摘した。

また、主席が送った教育援助費と奨学金は、困難な異国で民族教育を開花、発展させていく生命水であり、総聯(朝鮮総聯)と在日朝鮮人運動を力強く後押しした原動力であったと強調した。

そして、初の教育援助費と奨学金をもらったその日から60年にわたるこんにちまで白頭山の不世出の偉人たちが在日同胞子女のために送った教育援助費と奨学金は日本円で480億599万390円に及ぶと明らかにした。

さらに、すべての総聯(朝鮮総聯)の幹部と在日同胞は60年の歳月、いつも在日同胞子女を忘れず変わることなく送った教育援助費と奨学金に宿っている金日成主席、金正日総書記と金正恩委員長の崇高な志を胸に深く刻んで民族教育を在日朝鮮人運動の新しい要請に即していっそう強化発展させていくと強調した。

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf#this

タイトル「김정은원수님께 총련중앙상임위원회에서 편지를 드리였다 (2017.04.19)」

都合の悪いことは忘却させ、都合の良い情報だけ与える。

洗脳の手法は、それを「強い感情」とセットにすること。

差別と弾圧を受けた在日一世で憎悪と哀しみの感情をかきたて、朝鮮戦争の戦後復興で辛い時期に自分たちを忘れずに民族教育のために多額の送金をしてくれた金日成主席様。

ありがとうございます!!

これが朝鮮学校の洗脳教育黄金コース。

帰国事業で北送され、その後収容所で殺された在日一世や二世のことは教えない。

自由のまったくない、金一族にひたすら従う国へ集団北送。

その件は、主席様から教育援助金もらったからきれいさっぱり忘却させる。

いいかえれば、500億円弱で10万人の人間を金一族の奴隷として売ったわけですね。

一人あたり50万円です。

安いですね、在日朝鮮人って。

これで在日はダメだな~と失笑しているようでは、日本人も同類。

北送された中には数千人以上の日本人も含まれています。

50万円で奴隷にされてます。

その件には黙る日本人。

政治犯収容所にぶち込まれてこういう殺され方したんですが?

韓国や在日に「反日だ~!」と非難している暇があるなら、日本の従北っぷりを反省した方がいい。

あまつさえ桜井誠のような従北偽装保守が「自分の意思で行ったんだから黙っとけ」と言い出す始末。

人間言っちゃいけないことってありますよね。

そういうのと平気でつるむ保守。

ほんとダメダメっすわ。

そんなことで拉致被害者が返ってくるわけがない。

保守もいい加減、「左翼の虚言」で片付けるのではなく、真摯に受け入れるべき苦言は素直に受け入れて、組織の健全化を図ったほうがいいでしょうね。

それができないようじゃあ自民以外の保守政党はみんな消滅するでしょう。