『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 朝鮮総連に対する怨嗟の声

北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』は、強制収容所から生き延びた在日コリアンの一人、姜哲煥氏の手記です。

この世の地獄と言える強制収容所の実態を知らずに、北朝鮮は語れないでしょう。

この本の中から、帰国事業で北送された在日コリアンの朝鮮総連と初代議長の韓徳銖に対する怨嗟の声を紹介します。

 

ここに来て早くも三回目の元旦を迎えた。近所の帰国同胞で、日本にいた頃から知り合いのおばさんたちがあいついでやって来た。祖母と近所のおばさんたちは、はじめ静かに挨拶をかわしていたが、時間が経つにつれ声が大きくなった。

「私たちは完全に騙された、騙されたのよ。こんなばかげたことってある? 汗水流して稼いだ金はみんな朝鮮総聯に寄付して、あげくのはてに、こんな苦労をするなんて……」

祖母と同じ済州島生まれの金順蘭おばさんも、床を叩きながら痛哭した。

「それは何もかずちゃんばかりじゃないよ。私たちみんなが騙されたのよ。こんなにうまうまと手玉にとられるなんて……」
「誰だい、地上の楽園なんて言ったやつは」
「韓徳銖のやつ、殺してやりたいよ。あいつがどれだけ私たちをそそのかしたか。そうじゃない? 京都にいる同胞のところへやってきて、祖国に帰ろうなんて、どれほど熱心にすすめたことか」
「今思うと、韓徳銖くらい悪質なやつはいないよ。あいつが元凶なんだ。あいつはどうやって罪のつぐないをするつもりかしら」
「私はなんとしてでもここを出て、もう一度日本に行きたい。韓徳銖のやつを八つ裂きにせずにはおかないよ」

韓徳銖は一九五五年、金日成が直接指名した朝鮮総聯の議長であった。そうした事実を何も知らない朝鮮総聯京都支部の同胞は、大した闘争経歴もなく、有名でもない韓徳銖が議長をしていることに不満をもっていた。そうしたことが今になって問題になるとは、夢にも考えられないことであった。私の祖父をはじめ多くの帰国同胞は、その問題のせいで反動とみなされ、ここに入れられる運命になったのである。

「そういえば、昨晩は金日成、金正日の肖像画に挨拶した?」
「私に、それはできないわ。はじめは意味もわからずにやったけど」
「だからといって、行かないわけにもいかないんじゃない」
「そうね。へたなことをしてトウモロコシの配給をとめられたら、飢え死にするんだから」
「もう死ぬ日も遠くはないのだし、自尊心を捨ててまで生きてもしかたがないわ」
「何も自分が生きたいわけじゃないわ。私が考え違いをしたため子供たちをここへ連れてきて、こんな苦労をさせているのが、申しわけないからがんばってるのよ。だからここから出る日までは、土を食べてでも生きなくちゃ」
「うちの夫はどこで何をしているのやら……」

祖母の思いは祖父のことにおよび、他の人々も離れ離れになって、生死もわからない家族に思いをはせ、しゅんとした雰囲気になった。

「生きているのか、死んでいるのか、消息だけでも聞けたら、気が晴れるのに……」
「あの韓徳銖とか亡徳銖とかいうやつ、きっと雷に打たれてぶっ倒れるよ……」
「私たちははめられたのさ。よかれと思って共産党に入ったのに、家が滅ぶなんて……」
「怒らなくちゃ、もっと怒るのよ。騙されたまま人生を終えるなんて……」
「実を言うとね、私たちが帰国船に乗る決心をしたことを聞いた民団(在日本大韓民国居留民団)幹部の金という人が、うちの人を訪ねてきたことがあるの。その人が言うのには、北朝鮮に行ってもおそらく食べるものはなく、戦争の準備ばかりするだろうからやめなさいと諌めてくれたのよ。だけど私は、そんなはずはないと押しきって来たの……」

金順蘭おばさんは体を震わせ、身の上を嘆いた。私は話を聞くのも辛くなって表へ出た。

〈鳥になれたらいいな。日本にも行き、また祖母の故郷・済州島にも行けるのに……〉

北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』 P158-160

朝鮮総連に騙され、収容所送りとなった在日一世、二世の怨嗟の声が、脱北者姜哲煥氏によって日本に届けられました。

しかし、この声は無視され、時とともに風化し、忘れ去られようとしています。そもそもこの怨嗟の声を朝鮮学校で語り継いでいないのがおかしい。そんなことで在日同胞のウリハッキョ(我々の学校)を名乗れるのか疑問です。

憎悪の的になっている朝鮮総連議長、韓徳銖(ハン・ドクス)ですが、朝鮮学校の教科書ではこう書かれています。

朝鮮総連への怨嗟の声

『現代朝鮮歴史 高級3』より

このような時である2001年2月、敬愛する将軍様におかれては、韓徳鉄議長が逝去したことと関連して、告別式に共和国弔意代表団をお送りくださるなど、特別の配慮をめぐらされた。総連活動家たちと同胞たちはこれに無限に鼓舞され、新世紀愛族愛国運動において新たな革新を引き起こす決意を固めた。

恐ろしいことに、とんでもなく残念なことだと書いています。敬愛する将軍様が弔意を述べて、総連活動家たちは愛族愛国運動に邁進したと書いています。

強制収容所で、騙されたと、朝鮮総連に騙されたと、そう激怒し、何としてでも生き抜こうと、日本に戻ったら責任を取らせると、そう自分達を奮い立たせていた在日同胞がこの教科書を読んだときどう思うでしょうか?きっとありえないくらい怒り狂うと思います。これが在日同胞のウリハッキョかと、絶望のあまり憤死するでしょう。

これが朝鮮学校の”反”朝鮮民族教育の実態です。

朝鮮学校は、何も知らない子供を使って在日同胞の魂を踏みにじる、残酷な教育をしています。これでどうして朝鮮民族の民族教育だと言えるでしょうか?この人達の声を語り継いでこそ、朝鮮学校の民族学校を名乗ることができ、在日同胞のウリハッキョだと胸を張って先祖に誇れるはずです。

朝鮮学校は、子供達の未来を奪う、残酷な教育を是正し、この人達の想いに答える教育をしてほしい、そう願ってやみません。

日本のリベラルは、帰還事業について当時の政府の責任を問え!という声を上げるのに、朝鮮総連や、朝鮮学校の教育是正には声をあげてくれません。

在日脱北者の間で、政府の責任を問えなどという声などほぼ皆無です。圧倒的に朝鮮総連と北朝鮮への怨嗟の声です。

被害者でもない他人が、被害者を代弁した気になって政府批判をするなど、滑稽でしかありません。

この人達が人権や、多文化共生や、民族教育を語るなど、噴飯ものでしょう。北の大地で平土(=ピョンド。墓もなくただ埋められる)にされた在日同胞もきっと同じ意見のはずです。

※過去記事をUpdate

関連投稿:

コメントを残す