在日朝鮮学生少年芸術団 2013年迎春公演 音楽と舞踊「元帥様、高く推戴した我が祖国が一番です」

 

 この2013年の迎春公演ですが、なんと核実験をした2013/2/12に行われていました。

 調べてびっくりです。なぜ日本の北朝鮮専門家がこのことを騒がないのか理解できないです。北朝鮮の核実験に大騒ぎするが、子供の安全にかかわるこの無視できない件はスルー。日本のメディアって相当やばいのか!?と心配になってきます。

 核実験を褒め称えるためにやっているのが問題ではありません。いざという時の人質にするために子供を確保した上で核実験をやっているのが最大の問題です。子供を平気で盾に使う。本当にありえない連中です。

<日本語訳>

0:04 <音楽と舞踊> 元帥様、高く推戴した我が祖国が一番です
0:10 在日朝鮮学生少年芸術団
0:18 日本全土を驚かせながら
0:22 我が祖国の衛星が宇宙に飛び上るとき
0:28 私たちは元帥様がいらっしゃる祖国の空を
0:33 見上げて、見上げていました
0:38 我が国を宇宙強国に輝かせ
0:43 世界がうらやましく思う
0:47 誇りを持たせてくれた
0:50 金正恩元帥様が恋しく、本当に恋しく
0:56 私たちは祖国に、祖国に、走ってきました!
1:04 世界を見渡しても、どんなに振り向て見渡しても
1:12 元帥様を高く推戴した我が祖国が一番です
1:24 我が国の衛星が飛んだ空に
1:32 我が誇り、我が喜びがあふれています
1:40 世界を見渡してみても、どんなに振り向いて見渡しても
1:48 元帥様を高く推戴した我が祖国が一番です
2:00 いつも白頭の威力が鳴り響く国
2:08 代を継いでこの幸せがあふれる国
2:16 世界を見渡しても、どんなに振り向いて見渡しても
2:24 元帥様を高く推戴した我が祖国が一番です
3:26 元帥様の周りに千万の隊伍
3:33 元帥様は我が祖国です
3:39 元帥様がいらっしゃるから、我らもいます
3:46 雨も風も恐れずに、広げていきます
3:53 元帥様がいらっしゃるから、我らもいます
4:00 総連の代、忠誠の代を受け継いでいきます
4:10 そうです!
4:12 元帥様は我が強盛総連の力であり
4:16 強大な我が祖国の偉大なる柱です
4:21 一生涯、異国の我らを温かく抱きしめてくださった
4:28 大元帥様たち(金日成、金正日)の愛情まで
4:31 全て合わせて抱きしめてくださる
4:34 金正恩元帥様がいらっしゃるから
4:36 我々の心は強固です
4:39 我々の未来は、光り輝いています!
4:46 敬愛する金正恩元帥様
4:50 元帥様がいらっしゃるから我が学校があり
4:54 祖国があるのです
4:57 我々は、元帥様一人だけについて行きます
5:01 大祖国の代、民族の代を
5:05 強固に受け継いでいきます!!
5:12 金正恩元帥様
5:19 どうかどうか安寧でありますように

以上

 当たり前のように公開銃殺を行い、明日どうなるか分からない国に、子供を長期滞在させ、暴君を褒め称える公演をさせる。このような暴挙を今も平気でやっています。いつまでもこのような教育をしていては、朝鮮学校はどんどん衰退し、いつか消滅してしまうでしょう。なぜ朝鮮学校の存続を願う人達が、これをやめるように大騒ぎしないのか理解できません。

日本人が理解しやすいように説明しましょう。

  • 安倍総理が、腹心である麻生副総理を機関銃でひき肉にする。
  • それを公開処刑で国会議員の前で無慈悲に行い、恐怖で震えあがらせる。
  • 安倍総理の地元、山口県で「敬愛する安倍晋三元帥様」と褒めたたえる公演を開催。
  • その公演会に、全国の右翼学校が子供を送る。
  • 公演会のあとに子供たちの歓迎会を開催。その横で水爆実験を行い他県を威嚇する。

右翼学校いわく
「これは大和民族の民族教育である。非難されるいわれない」
と、豪語したとします。どうのような感情を抱くでしょうか?ぜひ同じ感情を朝鮮学校と朝鮮総連に抱いてほしいです。

 当たり前のように自国民を殺す国に、子供を1カ月以上滞在させるなど狂気の沙汰です。子供の安全に無関心な学校に、在日同胞のウリハッキョ(私達の学校)を名乗る資格はないでしょう。

 帰還事業で北朝鮮へ帰った9万3千人の在日同胞のうち、数万人が無実の罪で政治犯収容所に収容され、過酷な強制労働と拷問を受けて殺されました。無念の中で死んでいった在日一世たちが、今の朝鮮学校を見たらどう思うでしょうか?朝鮮学校に通う子供たちに、朝鮮人を容赦なく殺戮してきた暴君を「敬愛する元帥様」と褒めたたえさせる、この公演を見たらどう思うでしょうか?なぜ大多数の在日同胞がこの学校に子供を通わせないのか、よく考えて欲しいです。

コメントを残す