在日朝鮮学生少年芸術団 2016年迎春公演 音楽舞踊話「朝鮮学校の生徒の日記」

<日本語訳>

0:03 <迎春公演2016> 音楽舞踊話 「朝鮮学校の生徒の日記」
0:09 在日朝鮮学生少年芸術団
0:16 祖国よ~、我が祖国よ~
0:25 ああ、祖国よ! 母の懐よ!!
0:29 在日朝鮮学生少年芸術団として祖国に来た
0:33 私の日記はこのように始まります
0:39 右足でこの地を先に踏みましょうか
0:46 左足でこの地を先に踏みましょうか
0:53 祖国よ、声がかれるほどに呼んで呼んだら
1:06 涙が私より先に流れる、この地に (自分の足より涙が先に祖国の地に触れたという意味)
1:27 2015年12月3日
1:30 祖国の懐にいる最初の夜だ
1:34 月が出た、丸い月が出た
1:39 あぁ!祖国の夜はどれほど美しいことか!!
1:52 あの空の丸い月よ
1:57 あなたは明るい
2:01 母の顔のように明るい
2:08 異国の濁った空には月の光もないのに
2:16 我が祖国の空では月も明るい
2:48 雪も雨も風もない幸せな我が祖国
2:55 子供たちは、うらやむものなど何もなく
2:58 幸せに生きている我が祖国
3:02 異国の空には人情もないのに
3:08 母なる我が祖国は愛情があふれている
3:59 ああ!万景台学生少年宮殿!!
4:03 偉大なる元帥様たちの愛情
4:06 父なる元帥様(金正恩)の愛情が一杯にあふれている
4:09 幸せの揺籃!
4:11 そうだ!これが我が祖国なのだ!!
4:18 旗に刻まれているのは
4:22 大元帥様たちの業績で
4:25 紅い紅い五角の星は強固の意志
4:32 共和国の国旗を祖国の旗幟の元で
4:39 代を継いで守る、この紅色の旗、共和国の旗
4:46 我が太陽、元帥様を永遠に慕い
4:53 代を継いで守る、この紅色の旗、共和国の旗
5:03 敬愛する元帥様!
5:05 私は北海道から来ました
5:08 私は東京から来ました
5:11 我々は東北と神戸から来ました
5:14 私たちは大阪、九州から来た
5:17 朝鮮学校の学生です!
5:20 私たちは日本の端から端まで全国各地から
5:25 祖国へ新年あいさつの晴れの舞台にやってきました
5:30 私たちの決意は一つです!!
5:33 私たち異国の花のつぼみたちは
5:35 各民族学園で知徳体を固めて固めて
5:39 総連の代、民族の代を
5:42 力強く継いでいき
5:45 忠誠の熱意
5:47 一心団結の熱意
5:49 愛国愛族の熱意を
5:51 代を継いで継続し
5:54 総連と社会主義祖国の名を胸に刻んで
5:57 強く強く生きていきます!
6:03 あぁ~、父なる~
6:09 金正恩元帥様
6:15 新年もどうかどうか安寧でありますように

以上

 2016年1月1日に、日本の朝鮮学校に子供たちで組織された「在日朝鮮学生少年芸術団」による公演が平壌で行われました。

 この芸術団の祝宴が2016年1月6日に行われたのですが、恐ろしいことに水爆実験と同じ日でした。

 当たり前のように公開銃殺を行い、明日どうなるか分からない国に、12月から1カ月以上子供を滞在させ、暴君を褒め称える公演をさせる。このような暴挙を今も平気でやっています。いつまでもこのような教育をしていては、朝鮮学校はどんどん衰退し、いつか消滅してしまうでしょう。なぜ朝鮮学校の存続を願う人達が、これをやめるように大騒ぎしないのか理解できません。

日本人が理解しやすいように説明しましょう。

  • 安倍総理が、腹心である麻生副総理を機関銃でひき肉にする。
  • それを公開処刑で国会議員の前で無慈悲に行い、恐怖で震えあがらせる。
  • 安倍総理の地元、山口県で「敬愛する安倍晋三元帥様」と褒めたたえる公演を開催。
  • その公演会に、全国の右翼学校が子供を送る。
  • 公演会のあとに子供たちの歓迎会を開催。その横で水爆実験を行い他県を威嚇する。

右翼学校いわく
「これは大和民族の民族教育である。非難されるいわれない!」
と、豪語したとします。どうのような感情を抱くでしょうか?ぜひ同じ感情を朝鮮学校と朝鮮総連に抱いてほしいです。

 当たり前のように自国民を殺す国に、子供を1カ月以上滞在させるなど狂気の沙汰です。子供の安全に無関心な学校に、在日同胞のウリハッキョ(私達の学校)を名乗る資格はないでしょう。

 帰還事業で北朝鮮へ帰った9万3千人の在日同胞のうち、数万人が無実の罪で政治犯収容所に収容され、過酷な強制労働と拷問を受けて殺されました。無念の中で死んでいった在日一世たちが、今の朝鮮学校を見たらどう思うでしょうか?

 朝鮮学校に通う子供たちに、朝鮮人を容赦なく殺戮してきた暴君を「敬愛する元帥様」と褒めたたえさせる、この公演を見たらどう思うでしょうか?なぜ大多数の在日同胞がこの学校に子供を通わせないのか、よく考えて欲しいです。

コメントを残す