『北朝鮮脱出 地獄の政治犯収容所』 運動場の砂地で子供の手の皮を削り取る

この本は、強制収容所から脱出した方の手記です。姜哲煥氏は、在日二世でもあるため、帰国した在日朝鮮人がどういう目にあったかも多く書かれています。

強制収容所内での子供達がどれだけ残酷な目にあっているかを取り上げます。この強制収容所の実態を知らずに、北朝鮮は語れないでしょう。

運動場の砂地で、手の皮は削りとらせる

運動場に行ってみると、教壇の前に六人の生徒が罪人のように頭を下げて立っていた。すでによほどムチで打たれたのか、彼らの顔には青く痣ができてパンパンにふくれあがり、頬から涙が流れていた。生徒たちが全員運動場に集まると、朴教員は恐ろしい剣幕で教壇にかけあがり、あらんかぎりの声を張りあげた。

「こいつらは勝手に作業場を離脱し、学校の裏山に行き、くるみの実をもいで食っていた。他のみんなが一所けんめいに働いているときに、こいつらは自由主義をしていた。今日、私がこいつ らの心根をしっかりと矯正してやる」

 

朴教員は、生徒たちを摘発したのがさも自慢であるかのように、突き出た腹をさらに突き 出しながら怒鳴った。そして、おじけづいてぶるぶると震えている生徒たちに、両手をまっすぐに開いて高くあげろと指示した。高く持ちあげられた六人の手はすべて真黒にそまっていた。

よく見てみると、手だけではなく、口のまわりも墨をなめたように黒くなっていた。まだ熟していないくるみを手で割って食べているうちに、その色素のために黒くなったのだ。

その色素が肌にしみこんでしまえば、いくらぬぐい落そうとしてもちょっとやそっとでは落ちない。

朴教員は教壇からかけおりると、六人全員に完全に腰を曲げ、手のひらを地面につけるように命じ、腰を少ししか曲げていない生徒の尻を蹴とばした

「完全に曲げろ、こいつめ!」
「手のひらを地面につけろ!」
「右足をあげろ!」
「体重を両手のひらにかけなければだめだ。もし手のひらを地面にいいかげんにつけているやつは、ひどい目にあわせてやる。いいか、要領主義(知恵を慟かすこと)起こすんじゃないぞ! それでは右足をおろせ。体重はそのまま手にかけて……」

「それから両手のひらを地面につけたまま、うしろに動け。手のひらについた黒いしみが消えるまで、やるんだ。さあ、始めろ!」

私は全身に戦慄が走った。

運動場を半周する前に、六人の手のひらは、皮がむけて、少しずつ土に血がしみ出始めた。生徒たちは泣きながら哀願した。

「先生、問違っていました。許してください、助けてください」

腰をかがめて全体重を手のひらにのせたまま、運動場をこすりながらぐるぐるまわって、やわらかい手のひらが耐えられるほうがおかしい。しかし朴教員の顔には少しの動揺の色もなかった。

ついに1人の生徒が手がこすれ、それ以上がまんできずに手のひらを地面から離した。すると朴教授はその顔を足で蹴りつけ、手のひらを再び地面にあてさせ、靴で彼の手をめちゃくちゃに踏みつけた。女子生徒の間から泣き声が漏れ、そこに集まってこの光景を見ていた生徒全員は、体を震わせた。おびえてもいたが、同時に、朴教員の野蛮な行為に憎悪が沸きたち、耐えることができなかったのだ。

ついに六人の指先がみなやぶれ、血がしたたり落ちた。彼らはもう死んでもいい、もうがまんできないというように、全員泣きながら地面から手を離した。

しかし朴教員はその程度では満足できないという様子だった。彼は口許に妙な笑いを浮かべながら、「立ちあがれ!」とあとずさり、体罰を中止させた。そして手のひらの検査を始めた。指先からは血が流れ出ていたが、手のひらの真中にはまだ、くるみの黒い色が見えた。

「俺は一度やるといったら最後までやる人間だ。くるみのしみがすべて取れるまでやると、はっきり言った。さあ、また始めるぞ。用意!」

あっけにとられるような指示が出された。
六人の子供たちはオンオンと泣きながら、血が流れる指先を持ちあげて手のひらだけを地面にあてたまま、再び運動場をまわった。
そのようにして一周をまわり終えて初めて朴教員は、

「もうよし!」

と言って野獣のような体罰を終わらせた。

「今日は初めてだからこの程度で許してやるが、またこんなことをしでかしたら、そのときはどうなるかみんな見ただろう? おまえたちもこいつらのようになりたかったら、いくらでも自由主義をしろ!」

朴教員は生徒たちをさんざん脅しつけてから、学生監督を別に呼んだ。そしてこの子供たちは、他の子供より三時間余計に仕事をさせてから家に帰せと指示した。

北朝鮮脱出〈上〉地獄の政治犯収容所 (文春文庫)』 姜哲煥、安赫著 文庫版 P45-48

愕然とする内容です。飢えに耐えられず、クルミをこっそり食べた子供の手を、染みがなくなるまで、運動場の砂地で手の皮を削り取る。ありえない実態です。

この恐るべき実態を、平和を愛するリベラルたちは軽視します。理解に苦しみます。彼らの良心はいったいどうなっているのでしょうか?

強制徴用工の遺骨返還を南北共同で訴える活動を始めましたが、そんな暇があるならこの残虐な収容所の閉鎖を訴える方がよほど”南北融和”に貢献すると思えます。

この非道な行いを、在日朝鮮人の子供が受けてきたわけです。それこそ朝鮮学校に通っていた子供たちがこんな目にあわされました。今もその子孫が収容所で塗炭の苦しみを味わっている可能性もあります。

それにも関わらず、いまだに子供を祖国訪問という名目で北朝鮮へ渡航させ、横で金父子の銅像に献花させ、頭をさげさせる。

これが民族教育だとは笑わせます。

本当に朝鮮民族の民族教育をするのであれば、朝鮮民族を大虐殺した首班を「敬愛する将軍様」と書いた教科書を破棄させるべく、声を上げるべきでしょう。

この学校が「朝鮮」の民族学校を名乗るなど、ありえない暴挙と言えます。最大の被害者は、この学校に通う子供達でしょう。今まで多文化共生や、民族教育の名のもとに、教科書も読みもせずこの学校を擁護した人達は、猛省すべきです。子供達の未来を踏みにじったことを反省してもらいたい。そうしてこそ、平和を愛するリベラルを名乗れます。

韓国も日本植民地時代の批判にあれだけ熱を入れるのであれば、その半分でも北朝鮮の人権蹂躙に向けるべきでしょう。

”民族和解”を掲げて、自分たちを”金日成民族”と自称する金正恩や労働党幹部と仲良くする。意味が分かりません。

朝鮮同胞のためを思うなら、北朝鮮から収容所・密告制・連座制・公開銃殺といった恐怖支配を除去するために活動すべきだろうと思います。

「平和」と「共存共栄」掲げて、朝鮮人を奴隷支配する体制を認めるようなことはやるべきではありません。

※過去記事を編集してUP。
※トップの画像は『Are They Telling The Truth?』より。

コメントを残す