『北朝鮮 泣いている女たち』 日本向けのセーターを作る収容所の帰国同胞

北朝鮮 泣いている女たち―价川女子刑務所の2000日 (ワニ文庫)』から収容所に入れられた帰国同胞がどういう扱いを受けていたのかを紹介します。

この价川刑務所には、帰国同胞がたくさん収容されていました。(※詳しくはこちら:刑務所にあふれかえる在日同胞

その人たちがどのように強制労働をさせられ、よりにもよって日本向けの商品の生産に従事させられていた。それを知らずして日朝国交正常化など夢のまた夢でしょう。

 

日本から舞い込んだセーターの注文

 警察庁から来た警官や刑務所の警官も、外貨稼ぎのために囚人たちを情け容赦なく利用するのは同じだった。輸出品の生産過程で少しでも不良品が出ると、すぐに独房送りである。
 一度、厳順英、白銀姫、李華淑ら七人が、不良品を出した罰として、七日間独房に閉じ込められたことがあった。ようやく解放された彼女たちの脚は、タコの足のようにぐんにゃりして、まともに歩けないほど衰弱していた。彼女たちも、また独房で障害者にされてしまったのだ。
 輸出工場の女囚たちは毎日のように警官に蹴られ、びんたを食わされる。警官の絶え間ない罵声と暴力の中で、数百万個の輸出品が製造され、契約日に合わせて梱包され、南浦港から搬出された。
 一九九〇年一月、輸出二班(編み物工場)が新しくできると、すぐに日本から手編み製品の委託加工の仕事が舞い込んだ。
 編み物はテキスト通りに作ればいいのだが、三日でセーター一着を完成しろという与えられた目標はそう簡単には達成できそうになかった。第一、手編み担当の囚人は服を洗濯していないし、風呂にも入れさせてもらえないので、編み物糸に手垢が真っ黒くついてしまう。刑務所側は、その対策として各分組ごとに洗面器と石鹸を一つずつ置いて、手を洗わせた。また作業時には膝の上に白い布を敷き、その上に編み物をのせる。とくに完成品を初めて日本に送った際に汚れが目立つとクレームがつけられて以来、汚れには非常に気を遣うようになり、作業中は分組ごとに一日何回も手を洗うよう指示された。
 しかし、囚人たちは手を洗う時間一分も無駄にせず、働く手を休めなくとも、三日でセーター一着を作るのがやっとだ。一日三回許されたトイレの時間すら仕事にあてがわれた。こうして夏までに、セーター、ジャケットなど日本向けの加工品数万着を生産し、出荷した。
 北朝鮮の田舎には、まだまだ満足に教育も受けられず、文盲のまま生活を続けている人々が大勢いる。編み物工場の金英淑(三十六歳)もそんなひとりだった。彼女は人民学校(小学校)も出ていなかったので、自分の名前すら書けない。編み物の本をいぐら読んでも理解できないのは当然だった。
 したがって、完成品を決められた日までにきちんと編めない。それどころか編んでは解いて、また繰り返すうちに、糸が駄目になってしまった。
「私はどうして田舎で生まれたのか。私はなぜ勉強させてもらえなかったのか。なぜ私の村には小学校がないのか」と、ひとりつぶやきながら彼女はぼろぼろと涙を流す。それが管理指導員に見つかり、殴る蹴るの暴行を受けた。
「おい、この女、字が読めないだと。わざと作業をサボろうとしているんだな。素直に白状しろ」
「先生様、私は本当に字が読めないのです」
ぼろぼろになりながら、英淑がか細い声で真実を伝えようとしても。管理指導員はまったく耳を貸そうとはしない。
「おい、我が共和国の文盲退治が終わったのは、いつのことだ。字を読めないなんて言いやかって。おまえの思想があやしいのだ。もう一度検討してやる」
 金英淑は次の日、予審房に入れられた。予審房は独房に似ているが、独房より少し広い。刑務所に入れられて、器物を破損したり、資材を無駄にしたとき、あるいは不良品を出したときに取り調べを受けるところだ。
 彼女は1カ月経っても戻ってこなかった。その後、衛生員金信玉が耳打ちしてくれたところによると、彼女は結局殴られて死んでしまったそうだ。彼女の死体は衛生員がかますにくるみ、送り出したという。

(中略)

 輸出工場が稼動した当時、集められたのは刑務所の中でもわりと若くて、刑期の短い比較的健康状態のいい人である。しかし、その後、二年間の厳しい労働と殴打、独房処罰の末に、何十人もが障害者になり、生命まで失う人が統出した。
 それほどまでして私たちが价川刑務所で稼いだ外貨は、外国からテレビや冷蔵庫を輸入するために費やされた。そして、輸入された電化製品は各地域の警官に配られたそうだ。いわゆる〝金日成の贈り物〟だった。血と涙の結晶が、私たちをどん底に落とした張本人たちのプレゼントに使われる―。このやるせなさは筆舌に尽くしがたい。

北朝鮮 泣いている女たち―价川女子刑務所の2000日 (ワニ文庫)』 P165-171

スパイ容疑でこの収容所に入れられた帰国同胞も当然この労働に従事させられていたでしょう。女囚人のうち、三分の一が帰国同胞で占められていた、とこの本の中で書かれています。

このセーターも、帰国同胞の手で作られたものがあるでしょう。当然輸入の仲介をしたのは朝鮮総連系列の会社でしょう。同胞の生き血を絞って作られたセーターを輸入して金儲けをし、その金で将軍様は輸入品を買い、今現在自分たちを家畜化して地獄の底につき落とした相手に〝金日成の贈り物〟としてプレゼントされるわけです。その苦痛は筆舌に尽くしがたいでしょう。

朝鮮総連の幹部は、そうやって帰国同胞の生き血で作った商品の貿易で稼ぎ、さぞや楽しい生活を送ったことでしょう。

もちろん朝鮮総連にも良心を持った人がいます。しかし、その声はことごとく潰されてきました。

 政治犯収容所には、二〇万名もの人びとが押し込められ。即決処刑はもとより、公開処刑の数は、金正恩が出て来てのこの一年間に、二〇一〇年の三倍に跳ね上がっています。連座制が敷かれ、人びとは「完全監視」の巨大な監獄のなかで喘いでいます。脱北後に中国で捕まり強制送還された女性たちは、堕胎・嬰児殺害の拷問を受ける地獄絵の世界が展開されています。
 極寒の収容所で、千丈の地下炭鉱で、そして闇市場の片隅で名もなく殺され死んでいく人びとが、わが子であり、家族であり、同胞であって、どこの誰でもありません。
 だというのに、いまなお一部の総聯幹部たちは、この現実から眼をそむけています、わが子や肉親、親族、そして友人、知人を政治犯収容所で殺された人を持だない、総聯の古い活動家は一人もいないはずです。
 あのトンム(同志)や友人が、全部民族反逆者であり、スパイたちだったと言うのですか! とんでもありません。私たちは、同志愛と友情を紙クズのように捨ててしまった、血も涙もない人間になり下がってしまったのでしょうか? それともマインドコントロールされ、正と悪の判断がつかなくなっているのでしょうか!

『朝鮮総聯の改革と民族統一・志向会 第十報』より一部引用

この叫びはいつものように「怪文書」の烙印を押され、闇に葬られてしました。

こういうやり取りは何十年にもわたって繰り返されてきました。

独裁体制からの解放を勝ち取ろうと戦った人たちの屍と言えます。

その歴史は、ちまたに流通している「在日の歴史」本には一切書かれていません。

もちろん収容所でどれだけ残酷に殺されたかも抹消されています。

下記の3冊に帰国した在日同胞の末路が証言として日本に届けられているのに、在日の歴史に書こうとする人は皆無です。推薦図書として紹介されることもありません。

 

朝鮮学校では、この最悪な虐殺をした人物を愛するよう教育しています。このソルマジ公演など収容所で殺された人たちが見たらどう思うか想像するだけで背筋が凍ります。

 

この教育のせいで、アイデンティティクライシスに苦しんでいる卒業生の言葉を紹介します。

 最近、韓国で親しくなった若い脱北女性に、何もない天井を見ながら、空腹で立ち上がることさえできず、数日間生死を彷徨っていた幼少時代の思い出話を聞かされました。彼女が苦しんでいたその時間に、自分は金日成の歌を歌い、主体思想を信じ、北朝鮮を我が祖国と叫んでいたのです。人間の底なしの自分勝手さと、見えることにしか興味を示さない浅はかさ、罪深さを痛感せざる得ません。

『拉致と真実 第9号』 P15 朝鮮学校修了生 リ・ナナ より

 これが朝鮮学校の最大の問題でしょう。朝鮮学校は「将軍様の学校」ではありません。在日同胞のウリハッキョ(我が学校)です。学校の支援者は、本当に存続を望むのであれば、自分はいったい何をすべきなのかを己の良心に問いかけてほしいと思います。

 

※トップの画像は『Are They Telling The Truth?』より一番近いイメージのものを引用。

コメントを残す