朝鮮学校歴史教科書 敬愛する首領様の写真集で親近感を醸成する

 朝鮮学校の教科書から、敬愛する主席様や将軍様の写真を全部抜き出しましょう。
これだけでいかにありえないかが分かります。

 敬愛する主席様と敬愛する将軍様の画像を集めながら思いましたが、絶対にページの一番上に配置されています。
この辺の徹底した独裁者賛美が本当におぞましいです。

 それでは一気に写真を紹介しましょう。引用元は『朝鮮歴史 中級学校2・3』と『現代朝鮮歴史 高級1~3』です。

 

 以上が、朝鮮学校の歴史教科書で使われている写真です。

 すべからく「敬愛する主席様」「敬愛する将軍様」と書かれています。「敬愛する将軍様」と書かれた教科書を使っているからといって、それだけで朝鮮学校を潰すなんて暴論だ!という意見もあります。ですが、こんな愚か極まりない教科書をさっさと全面改訂できないような学校は潰れて当然ではないでしょうか?いつまでもこんな気持ち悪い写真が乱舞する教科書を捨てないことに、朝鮮学校の異常さが表れています。

 ましてや、脱北者の証言を知れば、在日帰還者や、朝鮮同胞がいかにこの暴君たちに残酷に殺されたか愕然とするはずです。それを朝鮮学校では一切教えていません。そして、敬愛する将軍様が乱舞する教科書を使って子供達に歴史を教える。本当にありえません。

 日本の朝鮮学校は狂っています。子供達が将来自分でこの手記を手にとって読んだとき、母校を憎んでしまうような教育をしています。「敬愛する金日成主席様」と説明する写真が掲載された教科書を使い、読み上げ、暗記し、テストで回答させています。子供達の未来を何だと思っているのでしょうか?この学校に通わされる子供達が、あまりにも不憫です。もし知らなかったというのであれば『北朝鮮 絶望収容所』を必読書として、朝鮮学校の学生に読ませるべきでしょう。『凍土の共和国』も必読書とすべきです。きっと学校の図書館にはこの2冊はないでしょう。

 最大の被害者は、この学校に通っている子供達です。決して朝鮮学校を潰したいのではありません。このようなありえない教科書はさっさと破り捨て、真の民族教育に目覚めてもらいたいのです。朝鮮学校が真の民族教育に目覚めてくれれば、韓国の赤化統一という悪夢を阻止するのに、強力な力となるのです。

 在日帰還者9万3千人の悲劇を繰り返してはなりません。もう十二分に犠牲を払いました。これ以上は必要ありません。この学校を必死の想いで作った在日一世たちに報いるためにも、一刻も早く真の民族教育に目覚めて欲しいと願ってやみません。

 

コメントを残す