『北朝鮮 絶望収容所』 日本に帰せ!さもなくば殺せ!!

北朝鮮を語る上で、絶対に読まなければならない本です。これを日本全体で共有しない限り、日朝国交正常化はありえません。

そもそも本当に朝鮮との友好を望むなら、北の政治犯収容所廃絶に全力で取り組まなければ嘘でしょう。

これだけの非道をやってきた金親子の銅像に頭を下げるのも論外です。

 『北朝鮮 絶望収容所』にある、在日帰国事業で帰った9万3千人が受けた、祖国からの仕打ちを紹介します。

これが日本のメディアでまったく注目されていないことに戦慄を覚えます。

“『北朝鮮 絶望収容所』 日本に帰せ!さもなくば殺せ!!” の続きを読む

『北朝鮮 泣いている女たち』 第13回世界青年学生祝典の裏で起きていたこと

 北朝鮮の収容所を知らずして、日朝友好はありえません。この収容所の横で朝鮮学校の子供がソルマジ公演という強制労働を強いられていることも大問題です。もはや高校無償化というレベルではなく、子供の人権をいかにして北朝鮮から守るか、という問題でしょう。そのためにも強制収容所の実態を広く知らせることが、その第一歩です。

 1989年7月に第13回世界青年学生祝典という行事が催されました。その行事のために収容所の人々がどれだけ残酷な目にあっていたか、その部分を『北朝鮮 泣いている女たち―价川女子刑務所の2000日 (ワニ文庫)』から引用します。 “『北朝鮮 泣いている女たち』 第13回世界青年学生祝典の裏で起きていたこと” の続きを読む

『北朝鮮人喰い収容所』  人体実験が行われる収容所

 

北朝鮮人喰い収容所―飢餓と絶望の国』 黄万有著

 北朝鮮が隠し、日本のメディアも無視し、忘れ去ろうとしている脱北者の証言です。北朝鮮がこれを反省し、慰霊碑をたて、国家的行事として無残に殺された魂を供養してくれなければ、北朝鮮との国交正常化は不可能ではないでしょうか?核問題も良いですが、同じくらい人権問題を外交交渉での争点にすべきだと思います。

『北朝鮮人喰い収容所』 P43~45より引用します。 “『北朝鮮人喰い収容所』  人体実験が行われる収容所” の続きを読む

『北朝鮮 絶望収容所』 女性を性奴隷にする

北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫)』 安明哲著

北朝鮮を語る上で、絶対に読まなければならない本です。これを日本全体で共有しない限り、日朝国交正常化はありえません。

そもそも北朝鮮労働党が、今まで行ってきた自国民に対する弾圧を謝罪し、二度と繰り返さないと誓い、改めて朝鮮人の代表を選出してくれない限り、国家として承認しようがありません。

つまり、「人間を家畜化する強制収容所」、「三代殲滅の連座制」、「親兄弟友人知人とのつながりを破壊する密告制を奨励する秘密警察体制」、これらの独裁体制システムを是正してくれないかぎり日朝国交正常化など不可能でしょう。

なぜありえないか、次の脱北者の証言をぜひ読んでください。

『北朝鮮 絶望収容所』 文庫版 P290~292

女性を性奴隷にする強制収容所 “『北朝鮮 絶望収容所』 女性を性奴隷にする” の続きを読む