『北朝鮮 絶望収容所』 女性を性奴隷にする

北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫)』安明哲著

北朝鮮を語る上で、絶対に読まなければならない本です。これを慰安婦や徴用工並みに、日韓や米国の一般市民全体で共有されない限り、北朝鮮問題の本当の解決は不可能です。

そもそも北朝鮮労働党が、今まで行ってきた自国民に対する弾圧を謝罪し、二度と繰り返さないと誓い、改めて朝鮮人の代表を選出してくれない限り、国家として承認し、国際社会の一員として隣国付き合いすることなど不可能です。

つまり、「人間を家畜化する強制収容所」、「三代殲滅の連座制」、「親兄弟友人知人とのつながりを破壊する密告制を奨励する秘密警察体制」、これらの暴圧システムを是正してくれないかぎり、非核化したところで国際社会の一員として笑顔で迎え入れることなど無理です。

その極悪非道な人権蹂躙に目をつぶって交流を深めたところで、いつか北の弾圧の実態がネックになり関係は破たんします。

なぜ普通の隣国づきあいが不可能なのかは、次の脱北者の証言を読めば分かるはず。

北朝鮮 絶望収容所 (ワニ文庫)』P290~292より、強制収容所で北朝鮮女性を性奴隷にしている実態を引用します。

“『北朝鮮 絶望収容所』 女性を性奴隷にする” の続きを読む