『太陽の下で』北朝鮮の洗脳教育 その2

昨日の続きです。

ロシア人映画監督が、北朝鮮の検閲をうまくかわして作った映画『太陽の下で -真実の北朝鮮- [DVD]』が発売されています。レンタルもやってます。

この映画に映されている北朝鮮の子供に対する教育がだいぶ狂っています。

特定の敵を作って憎悪を扇動するのが洗脳教育の第一歩。

日本人、アメリカ人、その手先になっている南朝鮮は敵だ!!と、この3者を悪魔化していますが、朝鮮人殺戮が大好きな北朝鮮労働党と金一族に比べたら天使でしょう。少なくとも、北の暴君より北朝鮮人民の人権問題に関心ありますからね。

映画『太陽の下で』より、ドン引きの洗脳教育内容はこちら。

 

洗脳教育の手法、憎悪の扇動を幼い子供に徹底してやっています。

真っ白いキャンパスに会ったことも見たこともない相手に対して憎悪するよう教育。

先生:「日本人と地主はどんな連中でしたか?」

子供:「日本人は私たち人民を痛めつけた・・・我が国を占領した悪い連中です」

先生:「はい、そのとおりです」

これが北朝鮮の教育です。

金一族と北朝鮮労働党に比べたら、日本人と地主は天使ですよ。

何言ってるんでしょうか?

マイルドのなっているだけで朝鮮学校もやり口は一緒ですね。

「右翼と政府は善良な市民を痛めつける悪い奴!」

こういう情緒形成教育を朝鮮学校はやっています。

そして、金日成神格化の代わりに、ウリハッキョ神格化を徹底してやっています。

ウリハッキョを守るためなら在日朝鮮人を大量虐殺した相手に感謝し、褒めたたえる教育してても黙認です。神格化されるといかなる非難にも耳を貸そうとしなくなりますからね。困ったもんです。

どう考えても”朝鮮の敵”は、独裁者として君臨し、朝鮮人を民族浄化して金日成民族に作り替えた金一族でしょう。

朝鮮学校は「朝鮮同胞を救うために北の暴君と闘おう!」と言うべきでしょうね。

それでこそ朝鮮の民族教育だと思います。

将来、北朝鮮が解放された後に、朝鮮人から「こいつらは自分たちを弾圧した奴らと結託して俺たちから生き血をすすってやがったのか!!」と恨まれるような教育をしているくせに、それを朝鮮の民族教育だと言うのは純粋に虚偽です。

民族詐欺教育は一刻も早くやめてほしいものです。

関連投稿: